顧客の天然石ニーズをリサーチする

スポンサードリンク

お客様のニーズをリサーチして仕入れる

お客様のニーズをリサーチして仕入れる

 

実は、これは世の中のお店全般に言えることです。

 

要するに、自分が欲しいものではなく、お客様が欲しいものを仕入れるのが、売るための仕入れの基本中の基本なのです。

 

例えば、あなたは、超・ハイクオリティな石が好きだから、そんな天然石ばかり集めてしまったとしましょう。

 

しかし、実際に買うお客様はそれを求めていなくて、そこそこの天然石が欲しいと思っていた。

 

この場合は、あなたが提供するものと、お客様のニーズが合っていないわけです。

 

こうやって言うと、「う〜ん」と考え込んじゃう人がいそうですよね?

 

ただし、最初はあまり難しく考えないでください。

 

まずは、あなたがパワーストーンを仕入れる時、どんなお客さんに買ってもらいたいかを想像することが、良い仕入れの第一歩です。

 

そして、どんな顧客層なら、あなたがイメージするパワーストーンを購入してくれるのかを、より具体的に考えるのです。

 

もちろん、最初は何の経験値もないわけですから、いくら考えても良いイメージが湧かないこともあるでしょう。

 

面倒だと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、このようなプロセスを初期の段階で取り入れておけば、後々になって、仕入れのための勘(かん)が働きやすくなるのです。

 

売れる仕入れは、買って下さるお客様のニーズをリサーチすること。

 

これがすべての始まりだと、覚えておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

売れる仕入れ
売れるための仕入れとは?現役のパワーストーンショップオーナーである管理人が今まで経験してきた売るための仕入れの考え方を書いています。