あなたの事業証明が必要

スポンサードリンク

ビジネス・商売をやっている証明が必要

ミネラルショーや国際宝飾展が行われる会場は、東京の場合だと、東京ビックサイトやサンシャインというような場所が多いです。

 

あと、関西や名古屋などでも多数開催されているので、自分が行きやすい場所をネットなどで調べて、まずは足を運んで見ましょう。

 

ただ、先ほど書きましたが、自分がビジネス・商売をやっているという証明が必要です。

 

なので、イベント会場へ足を運ぶ前に、事業者登録を済ませておきましょうね。

 

まあ、ただ、そんなに厳しい審査などはないので、肩の力を抜いて大丈夫です。

 

カンタンなホームページなどを用意したり、お店の所在地を自宅にしたり、それらしい感じで書いておけば、登録から漏れる心配はないでしょう。

 

申請受理がされたら、あなたが登録したメールアドレスにお知らせが届いたり、事業所の所在地には、主催者側からの招待状が届きます。

 

イベント会場へは、届いた「招待状」と、あなたの「名刺」が必要となりますので、忘れないように持参しましょう

当日のイベント会場に到着したら

ミネラルショー、国際宝飾展、どこのイベント会場の場合も、だいたい入口付近に受付ブースが用意されています。

 

そこで、事前に登録しておいた住所を書き込むよう求められたり、名刺(2枚必要の場合が多い)の提出を求められたりします。

 

受付が終わったら、首から下げるタグや胸に貼るシールなどがもらえますから、それを身に着けて、会場内に入場しましょう。

 

ちなみに、タグやシールを身に着けないと、入口のところで警備員さんに呼び止められることがあるので、忘れないようにしてください。

 

会場に入ってすぐのところに、「会場案内」が平積みされていることも多いので、それを見ながら目ぼしい卸問屋さんを探しに行きましょう。

取引する卸業者はなるべく近所を探す

ミネラルショーや国際宝飾展は、全国各地、もしくは海外からもやってくる天然石パワーストーンの卸売業者の一大イベントです。

 

言うまでもなく、自分がこれから取引する会社や問屋へ足を運ぶことが出来ないということでは、今後のお付き合いにもかなりな悪影響をおよぼします。

 

万が一、はじめての業者から取り寄せた商品に何らかのトラブルがあったとしましょう。

 

その場合にも、メールや電話でのやり取りでは解決できないようなことも、直接出向いていくことが出来れば、解決する確率は高いと言えます。

 

特に、最初の頃は、まだその業者と信頼関係がありませんから、慎重にとらえた方が良いでしょう。

 

結論的には、自分の居住区域からなるべく近い場所の業者を探すことをおススメします。

 

イベント会場にある各卸業者のブースには、それぞれ名刺が自由に持って行けるよう置かれています。

 

もちろん、気になる卸業者があれば、直接話すことです。

 

そして、後日行くことが可能であれば、来社する意志があることを伝えておきましょう。

 

その場で顔見知りになれたことがキッカケで、後々良いビジネスパートナーになれることも決して珍しいことではありません。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

最安値で良い天然石仕入
現役のパワーストーンショップオーナーである管理人が今まで経験してきたノウハウをもとに、国内で一番安く、良い天然石が仕入れられる時をお教えします。
個別に業者へ来社する
現役のパワーストーンショップオーナーである管理人が今まで経験してきた、効率的なパワーストーン天然石の仕入れ方法をお教えします。
インターネットの活用
現役のパワーストーンショップオーナーである管理人が今まで経験してきた、インターネットを活用した仕入れ方法をお教えします。
仕入れ先 分散化
パワーストーンの仕入れ先は一つだけではなく複数持つことが大切です。現役のパワーストーンショップオーナーである管理人の体験から分散化のメリットを書いています。