パワーストーンの仕入れ方と選び方の基準

人気のあるパワーストーンの仕入れ方と選び方

人気のあるパワーストーンの仕入れ方と選び方は、とても重要です。

 

人気があるということは、魅力的なパワーストーンが多いということですし、それだけで売れやすいからです。

 

自分でパワーストーンショップを開くということは、当然のように、たくさんの種類の天然石を選ぶことになります。

 

現場経験を積めば積むほど、天然石の「質の良し悪し」や、「価格の相場」なども分かってくることでしょう。

 

しかし、最初はみんな初心者ですから、実際に良いパワーストーンを選ぼうにも、何を基準にしたら良いのやら見当もつかないと思います。

 

そこで、人気のあるパワーストーンの仕入れ方と選び方について、管理人の体験をもとに書いてみます。

パワーストーンの仕入れ方と選び方の基準記事一覧

アイオライト(菫青石)の仕入れ方、選び方

アイオライトは、和名を「菫青石(きんせいせき)」と言います。強い光をアイオライトに当てると、光の当たる角度によって色が3色に変化する多色性を持つ珍しい石です。8世紀後半から11世紀前半にかけてヨーロッパ各地に侵冦した北ゲルマン族は、この特性を生かし、航海の際、アイオライトを太陽へかざし、最も美しく鮮...

≫続きを読む

 

アイスクリスタルの仕入れ方、選び方

アイスクリスタルは、春になると咲き始める美しい桜のような淡い桃色や赤い色をした透明感のある特殊な水晶です。ここ数年間で発見された比較的新しい鉱石の1つで、世界最高峰のヒマラヤ山脈の標高が高い場所にある「古代氷河」の中から発見された珍しい天然石です。通常の水晶のようにツルツルしておらず、細やかな凹凸が...

≫続きを読む

 

アクアマリン(藍玉)の仕入れ方、選び方

アクアマリンの仕入れ方、選び方について触れて行きます。アクアマリンは、和名を藍玉(らんぎょく)または緑柱石(りょくちゅうせき)と言います。その名前の通り、アクアマリンは、身に着けると海に身をゆだねてるような癒しエネルギーで満たされる、美しいパワーストーンです。特に、スカイブルーの澄んだアクアマリンの...

≫続きを読む

 

アゲート(瑪瑙)の仕入れ方、選び方

アゲートは、和名を瑪瑙(めのう)と言います。アゲートは、水晶と同じように微細な結晶の石英が集まってできたパワーストーンです。結晶が固まって無地になったものはカルセドニーと呼ばれますが、縞模様になっているものをアゲートと呼びます。ちなみに、カルセドニーとアゲートの成分は同じものになります。アゲートを身...

≫続きを読む

 

アジュライト(藍銅鉱)の仕入れ方、選び方

アジュライトの和名は、「藍銅鉱(らんどうこう)」と言い、銅の鉱床と共に採掘される天然石の1つです。アジュライトの採掘国はアメリカやメキシコですが、ギリシャやマヤなど古代文明の遺跡と共に発掘されることも少なくありません。当時は、ラピスラズリやマカライトといった鉱石と共に岩壁を描く際の「岩絵の具」として...

≫続きを読む

 

アゼツライトの仕入れ方、選び方

アゼツライトは、近年、アメリカのHeaven&Earth社の著名なパワーストーン研究家ロバート・シモンズ氏の手によって世に広まりました。ヒーラーやニューエイジャーたちからは「高次元水晶」とも呼ばれています。アゼツライトは鉱物的には水晶なのですが、アメリカのバーモント州、ノースカロライナ州、インドのサ...

≫続きを読む

 

アパタイトの仕入れ方、選び方

アパタイトの和名は「燐石灰(りんかいせき)」と言います。アパタイトと聞き、おそらく大勢の方は歯磨き粉を連想したのではないでしょうか。人間の歯や骨を形成している主成分の名称は「ハイドロキシアパタイト」と言い、人工の骨や歯歯科治療などでも用いられています。また、ハイドロキシアパタイトは物質の構造を強化す...

≫続きを読む

 

アベンチュリンの仕入れ方、選び方

アベンチュリンは、和名を砂金水晶、またはインド翡翠とも呼ばれ、まるで森林を思わせるような深緑色のパワーストーンです。(翡翠とはまったく違う鉱物です。念のため^^)アベンチュリンを身に着けると、身体にたまった毒素がデトックスされるような清々しさを感じるという方は、とても多いです。まるで森林浴のようなパ...

≫続きを読む

 

アマゾナイト(天河石)の仕入れ方、選び方

アマゾナイトの仕入れ方、選び方についてお話します。アマゾナイトは、別名「希望の石(ホープストーン)」 とも呼ばれ、明るく前向きな、希望のエネルギーに満ちたパワーストーンです。希望の石「アマゾナイト」は、その色あいも、希望に満ちた青空のように美しい「青緑色」をしています。アマゾナイトは、持ち主の身体と...

≫続きを読む

 

アメジスト(紫水晶)の仕入れ方、選び方

アメジストの仕入れ方、選び方について触れて行きます。アメジストは、和名が「紫水晶」と言われるように水晶に紫色がかかったもので、成分は水晶と同じものです。非常にヒーリング効果が高いパワーストーンで、血液の流れを良くし、デトックス効果を高めると言われています。実は、ダイエット効果が高いとも言われ、男女を...

≫続きを読む

 

アメジストエレスチャルの仕入れ方、選び方

アメジスト・エレスチャルの仕入れ方、選び方について書いて行きます。まず、エレスチャルとは水晶の1つで、日本では「骸骨水晶(がいこつすいしょう)」と呼ばれています。中でもアメジストエレスチャルは、マイクロクラインと呼ばれる微斜長石に属しています。しかし、市場に出回っているアメジストエレスチャルは、ブル...

≫続きを読む

 

アメトリン(紫黄水晶)の仕入れ方、選び方

アメトリンは、和名を紫黄水晶(むらさききずいしょう)と言います。アメトリンは、その名が示す通り、アメシストとシトリンが混ざり合った鉱石です。天然のアメトリンは極めて珍しく、南アメリカ中央部にあるボリビアのアナイ鉱山で唯一採掘されています。限られた地域でのみ産出する鉱石のため、入手しづらいという場合も...

≫続きを読む

 

アラゴナイト(霰石)の仕入れ方、選び方

アラゴナイトは、和名を「霰石(あられいし)」と言います。アラゴナイトは、白くて透明なカルサイトと同様の成分で構成されている鉱石の1つです。しかし、結晶に形成される際、カルサイトとは全く別の結合が起こるため、成分は同じでも全く別の鉱石として分類されています。アラゴナイトが初めて発見されたのは、紀元前4...

≫続きを読む

 

アンバー(琥珀)の仕入れ方、選び方

日本で最もメジャーな天然石というと、翡翠(ひすい)・鼈甲(べっこう)・珊瑚(さんご)、そして、この琥珀(こはく)が挙げられるでしょう。琥珀(こはく)は、3000万年以上前の松柏科植物の樹液が、ゆっくりと時間を掛けて結晶化し、化石となったものを指します。実を言うと、琥珀はダイヤモンドやアラゴナイトなど...

≫続きを読む

 

アンモライト(菊石)の仕入れ方、選び方

アンモライトは、和名を「菊石」と言います。アンモライトは、北アメリカ最大の山脈であるロッキー付近でネイティブインディアンの人々が発見したと伝えられています。発見された当初はアンモライトをバッファローの皮で包んで持ち合付いていたことから「バッファローストーン」と呼ばれていました。アンモライトは、アンモ...

≫続きを読む

 

インカローズ(ロードクロサイト)の仕入れ方、選び方

インカローズ(ロードクロサイト)の選び方について触れて行きます。インカローズという名前の方がポピュラーですが、正式名称は、ロードクロサイトです。インカローズは、ヒーリングストーンの女王とも呼ばれ、恋愛に対して抜群のパワーを発揮することから、女性の方を中心に非常に高い人気を誇っています。別名「パッショ...

≫続きを読む

 

エメラルドの仕入れ方、選び方

エメラルドは、「緑柱石」や「翠玉」、「緑玉」という複数の和名を持っている天然石です。世界4大宝石といえば、ダイヤモンド、サファイア、ルビー、そして、このエメラルドですよね。その歴史は古く、紀元前1650年にエジプトで発見され、かのクレオパトラもその美しい輝きと色彩に心奪われたと言われています。エメラ...

≫続きを読む

 

オニキス(黒瑪瑙)の仕入れ方、選び方

オニキスは、和名を黒瑪瑙(くろめのう)と言います。オニキスは、瑪瑙(めのう)を起源としており、瑪瑙にある縞模様の白い部分が「人の爪」に似ていることか、ら「Onyx」となったと言われています。縞模様の瑪瑙すべてを、「Bandedagete」と称します。その後、赤い縞模様の瑪瑙のことを「Sardonyx...

≫続きを読む

 

オブシディアン(黒曜石)の仕入れ方、選び方

和名「黒曜石(こくようせき)」と呼ばれるオブシディアンは、活火山の噴火によって誕生した天然のガラスです。オブシディアンは、噴火によってドロドロとした強い酸性の溶岩が地上へ流れだし、急速に冷えた際に誕生する鉱石です。他の天然石に比べて大きな原石が発掘出来ることから、比較的安価に選んだり、仕入れることが...

≫続きを読む

 

オレンジブラウン・ルチルの仕入れ方、選び方

オレンジブラウン・ルチルクォーツの仕入れ方、選び方について触れてみます。金色のゴールド・ルチルクォーツは、最強の力を持つと言われるパワーストーンの一つですが、そんなルチルの中でも特に、このオレンジブラウンルチルクォーツは、産出量が少なく、希少性の高いパワーストーンです。オレンジブラウン・ルチルクォー...

≫続きを読む

 

カイヤナイト(藍晶石)の仕入れ方、選び方

カイヤナイトの選び方についてお話します。カイヤナイトは、和名を藍晶石(らんしょうせき)と言います。カイヤナイト、カヤナイト、カイアナイトあたりが良く使われる呼び方ですが、どの呼び方でも同じ「カイヤナイト」のことを指します。カイヤナイトは、冷静な決断力、判断力、洞察力、直観力を養い、持ち主が自分の道を...

≫続きを読む

 

カコクセナイトの仕入れ方、選び方

カコクセナイトというと、何だか聞きなれない名前ですね。実は、カコクセナイトは、古くから儀式の際に用いられており、古代チェコスロバキアでは、モルダバイトと合わせて使われていたという、非常に歴史のある天然石の1つです。カコクセナイトは、別名「聖なる治療薬」と言われ、数多くの病気や怪我の治療に利用されてい...

≫続きを読む

 

カルサイト(方解石)の仕入れ方、選び方

カルサイトは、和名を方解石(ほうかいせき)と言います。カルサイトは、ラテン語の「calcit(石灰)」という意味から付けられており、炭酸カルシウムが主な成分とする石の1つです。比較的大きな原石が採掘されることもあり、昔から様々な建築物や彫刻などの材料に用いられてきた歴史があります。アラゴナイト同様、...

≫続きを読む

 

カルセドニー(玉髄)の仕入れ方、選び方

カルセドニーは、和名:玉髄(ぎょくずい)と言われる天然石の1つです。玉髄とは、ロウソクのような光沢があり、主に印材や装飾などに用いられます。カルセドニーは、二酸化珪素を含む溶液が沈殿して形成された極小さな石英の結晶体です。日本で玉髄と呼ばれているのは、カルセドニーの空洞部分が骨髄のように見えるところ...

≫続きを読む

 

カンポ・デル・シエロの仕入れ方、選び方

カンポ・デル・シエロは、アルゼンチン原産の鉱石で、和名が「隕石」か「鉄隕石」、また「隕鉄」とも言います。突如、空から鉄の塊が落ちてきたと現地に住んでいる人々に云い伝えられており、1576年に云い伝えの真相を探るため、スペインの軍司令官が調査員を現地へ派遣し調査したところ、云い伝え通り鉄の塊が発見され...

≫続きを読む

 

カーネリアン(紅玉髄)の仕入れ方、選び方

和名で紅玉髄呼ばれるカーネリアンは、ラテン語で肉を意味する「carnis」と、新鮮を意味する「carneolus」から命名されたと言われています。古代エジプトでは「幸運を呼ぶ石」として肌身離さず身に着けていたそうです。また、紀元前2500年頃の「メソポタミア王の墓」や「ツタンカーメン王の墓」からカー...

≫続きを読む

 

ガーネット(柘榴石)の仕入れ方、選び方

ガーネットの仕入れ方、選び方についてお話します。ガーネットは、和名を柘榴石(ざくろいし)、別名をアルマンディンと言います。実は、ガーネットにはブルー以外のすべてのカラーがあり、赤・オレンジ・緑・黄色など、そのバリエーションは豊富です。ただ、一般的にパワーストーンとして使われるのはワインレッドというイ...

≫続きを読む

 

ギベオン隕石の仕入れ方、選び方

ギベオン隕石の仕入れ方、選び方について書いて行きます。ギベオン隕石は、その名の通り遠い宇宙から飛来したと言われる「隕石」です。和名は、ホバ隕石(ほばいんせき)、鉄隕石などと呼ばれます。一言で隕石と言っても、その種類はいろいろあります。石質、石鉄質、ガラス質、そしてこの鉄隕石であるギベオン隕石です。ち...

≫続きを読む

 

クリソコラ(珪孔雀石)の仕入れ方、選び方

クリソコラは、和名を珪孔雀石(けいくじゃくせき)と言います。クリソコラは、ギリシャ語の金という意味を持つ「chrysos」と、繋ぐという意味を持つ「kolla」を組み合わせた名称で、金を増やす力が宿っていると言われています。クリソコラは、主にアメリカやメキシコで採掘されています。特に、無水珪酸から形...

≫続きを読む

 

クリソプレーズ(緑玉髄)の仕入れ方、選び方

クリソプレーズは、和名で緑玉髄(りょくぎょくずい)と言います。また、別名「オーストラリア翡翠」とも呼ばれている天然石です。クリソプレーズは、アイスランドやメキシコ、アメリカなどで採掘されているのですが、その中でも爽やかな「アップルグリーン」のものは、とても人気が高いです。クリソプレーズは、カルセドニ...

≫続きを読む

 

グリーンファントムの仕入れ方、選び方

グリーンファントムは、パワーストーン名を「グリーンファントムクォーツ」と言い、和名では「山入り水晶」、もしくは「緑幽霊幻影水晶」と言います。世界各国で掘り出されている大変メジャーな鉱石でもあります。グリーンファントムは、自ら成長を進めたり、止めたりすることが出来る珍しい鉱石です。そのため、どんな出来...

≫続きを読む

 

クンツァイトの仕入れ方、選び方

>クンツァイトの仕入れ方、選び方について書いて行きます。クンツァイトは、1902年にアメリカで発見された、透明感のある「ライラックピンク」のパワーストーンです。スポデューメン(リシア輝石)という鉱物の中でも、ピンク系のパワーストーンをクンツァイトと呼びます。ちなみに、「クンツァイト」という名前は、か...

≫続きを読む

 

ゴールドルチルクォーツの仕入れ方、選び方

ゴールドルチルクォーツの選び方について触れてみます。ゴールド・ルチル・クォーツは、最強の力を持つと言われるパワーストーンの一つです。クオーツの中に、「黄金の線」が入っていることから、「金銭」を呼び込む不思議な石として、古くから珍重されて来ました。「金運・ビジネス運」をアップさせると、不動の人気を誇る...

≫続きを読む

 

サファイア(蒼玉)の仕入れ方、選び方

とても有名な宝石の1つサファイアは、和名を「青玉(せいぎょく)」、または「鋼石(こうぎょく)」と言います。サファイアは昔から存在している鉱石で、当時は特定の石の名前ではなく、青い鉱石の総称となっていました。古代イスラエル史である「旧約聖書」の時代にも、サファイアの名前が登場するのですが、この時代のサ...

≫続きを読む

 

サンストーン(日長石)の仕入れ方、選び方

サンストーンは和名を「日長石」と言います。太陽のようなサンストーンは、生き生きとしたエネルギーやパワーを感じさせてくれる明るいパワーストーンです。ギリシャでは古代から、太陽を宗教信仰の対象として神格化した「太陽神の象徴」として大切にされてきました。主に南インドで採掘されている鉱石の1つなのですが、近...

≫続きを読む

 

サードオニキス(赤縞瑪瑙)の仕入れ方、選び方

サードオニキスは、和名を「赤縞瑪瑙」と言います。アゲートグループの中で、縞模様が層になっており、赤色や褐色のものをサードオニキスと呼びます。古代イスラエル史やモーセの律法、旧約聖書をはじめとする数多くの歴史書物に「サードオニキス」という名が記載されるほど、大変有名なパワーストーンです。サードオニキス...

≫続きを読む

 

シトリン(黄水晶)の仕入れ方、選び方

シトリンの仕入れ方、選び方について書いて行きます。シトリンは、和名を「黄水晶」と言います。水晶の色が紫色ならアメジスト(紫水晶)、ピンクならローズクォーツ(紅水晶)、茶色ならスモーキークォーツ(茶水晶)となります。シトリンと言う名前は、柑橘系の果実「シトロン」から由来します。太陽のエネルギーをいっぱ...

≫続きを読む

 

ジェムシリカ(珪孔雀石)の仕入れ方、選び方

ジェムシリカは、和名で「珪孔雀石(けいくじゃくせき」と言います。ジェムシリカは、アメリカやペルーなど、極限られた地域でしか採掘することが出来ない非常に貴重な天然石の一つに数えられます。稀少性の高いジェムシリカの仕入れ方や選び方についてご紹介したいと思います。

≫続きを読む

 

ジャスパー(碧玉)の仕入れ方、選び方

ジャスパーは、和名を碧玉(へきぎょく)と言います。主な採掘国は、インドやフランス、アメリカ、エジプトなどが挙げられます。ジャスパーの特徴は、他のどの鉱石よりも最も多く地球上で採掘される天然石の1つということです。様々な国や地域で採掘されており、日本でも青森県や佐渡島などからジャスパーが発見されていま...

≫続きを読む

 

水晶(クォーツ)の選び方

水晶の選び方について触れて行きます。水晶は、正式には「白水晶(しろすいしょう)」と呼ばれ、すべてのものに対して調和、浄化、増幅させる力があるとされています。最も純粋なパワーストーン、天然石の中で万能の存在とも言われています。太古の昔から、世界中で「祈祷」「儀式」などの神聖な場において用いられたところ...

≫続きを読む

 

ストロベリークォーツ(苺水晶)の仕入れ方、選び方

ストロベリークォーツの和名は「苺水晶」と言います。1960年にメキシコで発見された天然石です。ストロベリークォーツという呼び名は、初めて発見された時にイチゴのように濃密な紅色やピンク色をしていて、何とも可愛らしい水晶だったことから命名されました。その可愛らしい見た目から、宝飾品をメインとして取り引き...

≫続きを読む

 

スフェーン(くさび石)の仕入れ方、選び方

スフェーンは、和名を楔石(くさびいし)と言います。スフェーンは、世界で最も人気の高い天然石の1つで、主な採掘国はオーストラリアやカナダ、ロシアなどです。スフェーンは見る角度によって色彩が変化する天然石です。宝石として用いられる上質のスフェーンは特に人気が高く、とても美しい輝きを放つため、喉から手が出...

≫続きを読む

 

スモーキークォーツ(煙水晶)の仕入れ方、選び方

スモーキークォーツは、和名を「煙水晶」と言います。スモーキークォーツは水晶グループの中でも、大地のパワーを持ち主と繋げ、心と体に安定をもたらし、恐怖や不安を取り除くと言われています。しかし、水晶の中で最も地味で目立たない鉱石のため、スモーキークォーツの持つ優れたエネルギーやパワーに気付かないというこ...

≫続きを読む

 

スーパーセブンの仕入れ方、選び方

スーパーセブンの仕入れ方、選び方について触れてみましょう。スーパーセブンは、水晶の中に「ルチル」を含んだ7種類の鉱物がインクルード(内包)されていることから名づけられた新種のパワーストーンです。7種類の内訳は、水晶、アメジスト、カコクセナイト、ゲーサイト、スモーキークォーツ、レビドクロサイト、ルチル...

≫続きを読む

 

スギライト(杉石)の仕入れ方、選び方

スギライトの仕入れ方、選び方についてお話します。スギライトは、和名を杉石(すぎいし)と言います。(そのまんま?^^)その名が示す通り、日本人の方が第一発見者のパワーストーンです。杉石という名前は、この石を新しい鉱物として申請した岩石学者「村上允英氏」の師である「杉健一氏」に因んで名づけられました。ス...

≫続きを読む

 

セラフィナイト(斜緑泥石)の仕入れ方、選び方

セラフィナイトは、和名を「緑泥石」または「斜緑泥石」と言います。主に、イタリアやドイツ、ロシア、メキシコなどで採掘されている天然石で、中でも、ロシアのパイカル湖付近で産出されるセラフィナイトは、品質の良いものが多いです。セラフィナイトは、とてもデリケートで優美なエネルギーを宿す天然石の1つで、持ち主...

≫続きを読む

 

ソーダライト(方曹達石)の仕入れ方、選び方

ソーダライトは、和名を「方曹達石」と言い、主にアメリカやカナダ、ブラジルなどの国々で採掘されています。ソーダライトは、昔粉々に砕いた際に石の青色が消えてしまうことで「顔料」としての魔除け効果が得られないと、ラピスラズリやアジュライトなどが脚光を浴びる中、歴史の陰へと消えていたと伝えられます。そんな歴...

≫続きを読む

 

タイガーアイ(虎目石)の仕入れ方、選び方

タイガーアイの仕入れ方、選び方について書いて行きます。タイガーアイは、和名を虎目石(とらめいし)と言います。特有な縞模様が虎の眼のように見えることで、「虎の眼のようにすべてを見通す石」と考えられて来たようです。「金運・財運・仕事運を高めてくれる」と、男女を問わず非常に人気の高いパワーストーンです。ち...

≫続きを読む

 

タンザナイト(黝簾石)の仕入れ方、選び方

タンザナイトの和名は、「黝簾石(ゆうれんせき)」と言います。タンザナイトは、数あるパワーストーンの中でも際立って美しい天然石の1つです。世界各国に存在する有名なコレクターたちを唸らせるほど、たいへん美しい鮮やかな青色をしています。その呼び名が示す通り、タンザナイトの主な採掘国は、タンザニアです。タン...

≫続きを読む

 

ターコイズ(トルコ石)の仕入れ方、選び方

ターコイズの仕入れ方、選び方について書いて行きます。ターコイズは、和名をトルコ石と言います。海外旅行へ行った時などは免税店などでも良く見かけますし、トルコ石と言えばお馴染みの名前ですよね。ターコイズは、アメリカ、イラン、シナイ半島などが産地となります。イラン(当時はペルシア)では、約6000年ほど前...

≫続きを読む

 

ダンビュライト(ダンブリ石)の仕入れ方、選び方

ダンビュライトは、「ダンビュライト」もしくは「ダンブライト」と呼ばれ、和名を「ダンブリ石」と言います。よく、ダイヤモンドの代用品として用いられる天然石として知られています。主な採掘国は、メキシコやミャンマー、アメリカなどが挙げられます。タンビュライトという名前は、アメリカの北東部に位置するコネチカッ...

≫続きを読む

 

チャロアイト(チャロ石)の仕入れ方、選び方

チャロアイトの仕入れ方、選び方についてお話します。チャロアイトは、和名をチャロ石(ちゃろせき)と言います。チャロアイトは、スギライトやラリマーと並ぶ、世界三大ヒーリングストーンに数えられる「癒しのちから」「浄化のちから」が非常に強い天然石です。チャロアイトの癒しエネルギーは、漠然とした不安感や恐怖心...

≫続きを読む

 

ティファニーストーンの仕入れ方、選び方

ティファニーと言うと、「Tiffany&Co.」が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。実は、ティファニーストーンのティファニーとは、若い女性を中心に人気を集める、世界でも有名なあの「Tiffany&Co.」の社名から名付けられていたのです。ティファニーストーンは、アメリカ大陸の西部に位置する、ユ...

≫続きを読む

 

天眼石(チベット瑪瑙)の仕入れ方、選び方

天眼石の和名は「チベット瑪瑙」と言い、主な産出国はチベットやアフリカ、ブラジル、インドなどです。天眼石は、ノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマ14世のテンジン・ギャンツォ氏も邪気を払拭するための法具として、肌身離さず持ち歩いていると言われています。チベットで天眼石は、地中に埋まっているものを掘り出し...

≫続きを読む

 

トルマリン(電気石)の仕入れ方、選び方

トルマリンは和名を電気石と言い、とても色彩豊かな天然石の1つです。トルマリンが採掘される主な国は、南米のブラジルをはじめ、アフリカ大陸のケニアやタンザニア、マダガスカルにジンバブエ、さらにモザンビークなど数多くの地域があります。その中でも、トルマリン最大の産出国と言われるのが南米ブラジルのミナス・ジ...

≫続きを読む

 

ハイパーシーン(紫蘇輝石)の仕入れ方、選び方

ハイパーシーンは、和名を「紫蘇輝石」と言います。漆のように黒々としており光り輝く光沢が印象的な天然石です。ハイパーシーンの主な採掘国は、アメリカやインド、中国ですが、日本でも少なからず産出されています。ハイパーシーンの呼び名は、ギリシア語の「Huper」という意味を持つ超越と「Sthenos」という...

≫続きを読む

 

ハーキマーダイヤモンドの仕入れ方、選び方

ハーキマーダイヤモンドは、和名で「ハーキマー水晶」と言います。ハーキマーとは、アメリカはニューヨーク州の中央部に位置する「ハーキマー地区」で採掘された石英結晶のことを指します。名前の由来は、そのまま採掘される地域の「ハーキマー」からきています。ハーキマーダイヤモンドは「ドリームクリスタル」という異名...

≫続きを読む

 

パイライト(黄鉄鉱)の仕入れ方、選び方

パイライトは、和名を「黄鉄鉱」と言います。金のような風貌をしていますが、硫黄と陽性元素との化合物である硫化鉱物の1種です。そういったことから、パイライトのことを一部では「フールズゴールド」と呼んでいます。日本語にすると「愚者の黄金」や「猫の金」「馬鹿者の金」と言う意味で、要するに「金のようであって金...

≫続きを読む

 

ピンクオパール(蛋白石)の仕入れ方、選び方

ピンクオパールの仕入れ方、選び方についてお話します。ピンクオパールは、和名を蛋白石(たんぱくせき)と言います。別名「キューピッドストーン」とも呼ばれ、愛する人、ソウルメイトとのご縁を繋ぐと言われています。上質のピンクオパールは、桜貝のように瑞々しく、優しいピンク色が特徴のパワーストーンです。「女性」...

≫続きを読む

 

ピンクトルマリンの仕入れ方、選び方

ピンクトルマリンの和名は、トルマリン同様「電気石」です。トルマリンの呼び名は、スリランカに住むシンハラ族の「Turmali(宝石の砂や小石)」という言葉から付けられました。ピンクのトルマリンも、鉱石の端と端に電極を持っており、温められることによって静電気を発生させます。また、柔らかい布などで結晶表面...

≫続きを読む

 

ブラックスピネル(黒尖晶石)の仕入れ方、選び方

ブラックスピネルは、和名を「黒尖晶石」と言います。世界各国の著名人が好んで身に着けている、スタイリッシュでモダンな天然石の1つです。スピネルは、一昔前まではサファイアやルビーといったコランダムグループと判別が付きにくく、サファイアやルビーなどと称して市場に送り出していたと伝えられています。ブラックス...

≫続きを読む

 

ブラック・ルチルクォーツ(黒針水晶)の仕入れ方、選び方

ブラックルチルクォーツの和名は、「黒針水晶」と言います。ブラックルチルクォーツは、ルチルクォーツの中でもたいへん稀少性の高い天然石の1つです。主な採掘国は、南米ブラジルやロシアなどです。市場に出回ることがほとんどない貴重なブラックルチルクォーツですが、人気があるパワーストーンの1つでもあります。そん...

≫続きを読む

 

ブルートパーズの仕入れ方、選び方

ブルートパーズの仕入れ方、選び方についてお話します。ブルートパーズは、澄んだブルーの色合いが非常に美しく、また、とても高価なパワーストーンです。トパーズは、和名を黄玉(おうぎょく)と言い、宝石としても凄く有名ですよね?ちなみに、一般的に知られていませんが、トパーズは日本国内でも産出するたった一つの宝...

≫続きを読む

 

ブルー・ルチルクォーツの仕入れ方、選び方

ブルー・ルチルクォーツの「ブルー・ルチル」とは、俗名になります。ブルールチルの水晶の内部には、ルチルのような針状の鉱物が含まれていますが、これは「アクチノライト」や「インディグライト・トルマリン」などです。そのため、ブルールチルクォーツの正式名は「アクチノライト・イン・クォーツ」や「インディゴライト...

≫続きを読む

 

ブルーレースアゲート(空色縞瑪瑙)の仕入れ方、選び方

ブルーレースアゲートは和名を「瑪瑙(めのう)」としており、瑪瑙に属する水晶の仲間として取り扱われています。本来の瑪瑙と区別するために、「空色縞瑪瑙(そらいろしまめのう)」や「青縞瑪瑙(あおしまめのう)」と表記されることもあります。主にインドやブラジル、南アフリカにマダガスカル島などで採掘されます。実...

≫続きを読む

 

プレナイト(葡萄石)の仕入れ方、選び方

プレナイトは、採掘される際、まるでブドウの房のような形状をしていることから、日本では「葡萄石」と呼ばれています。癒しと安らぎを与えてくれる優しい色彩を持つプレナイトは、まるで摘み立てのマスカットのような瑞々しさを持っている天然石です。プレナイトは、主にオーストラリアやインド、イギリスなどで採掘されて...

≫続きを読む

 

ヘマタイト(赤鉄鉱)の仕入れ方、選び方

ヘマタイトは、とても古い歴史を持つ天然石の1つです。古代エジプトやギリシア、ローマなど、高度な文明で繁栄していた国々で、ヘマタイトは宝飾として大変人気があったそうです。ヘマタイトは、古代オリエントのアッシリア帝国では、紀元前900年あたりから宝石として用いられており、エジプトでは持ち主の身を守るお守...

≫続きを読む

 

ペリドット(かんらん石)の仕入れ方、選び方

ペリドットの仕入れ方、選び方についてお話します。ペリドットは、和名を橄欖石(かんらんせき)と言います。ペリドットは、遠い宇宙から飛んできた隕石と同じような成分が含まれているパワーストーンです。実際、有名な「パラサイト隕石」からも発見されたことがあると言われていますからね。明るいエネルギーに満ちたペリ...

≫続きを読む

 

ホークスアイ(ブルータイガーアイ)の仕入れ方、選び方

ホークスアイは、古代からたいへん珍しい天然石として大切に扱われて来ました。ホークスアイは、タイガーアイと同じ成分で構成されているため、宿っているエネルギーやパワーは近いものがあると言われます。タイガーアイは、行動力や判断力など持ち主の精神面に働きかけ強化してくれるとされています。ホークスアイは、その...

≫続きを読む

 

マラカイト(孔雀石)の仕入れ方、選び方

マラカイトは、和名を「孔雀石(くじゃくせき)」言います。孔雀のような美しい緑色が印象的な天然石です。マラカイトの原石は、とても個性的な、まるでキノコやブロッコリーのような形をしているため、見る人を驚かせてくれます。マラカイトは、主にアフリカ大陸にあるコンゴ共和国やナミビア、ロシアなどで採掘されていま...

≫続きを読む

 

ムーンストーン(月長石)の仕入れ方、選び方

ムーンストーンの仕入れ方、選び方について書いて行きます。ムーンストーンは、和名を月長石(げっちょうせき)と言います。ムーンストーンの呼び名は、石の表面に「月の光」を思わせるシラーという光の筋が浮かび上がることから由来します。よく「人の感情は月の動きに左右される」と言われるように、ムーンストーンは人間...

≫続きを読む

 

モルダバイト(モルダウ石)の仕入れ方、選び方

モルダバイトの仕入れ方、選び方について書いて行きます。モルダバイトは、遠い宇宙から飛来したと言われるガラス質の「隕石」です。和名をモルダ石(もるだせき)と言い、名前の由来はチェコのモルダウ川流域で、最初に採掘されたからです。ちなみに、一言で隕石と言っても、その種類はいろいろあります。石質、石鉄質、鉄...

≫続きを読む

 

ユナカイトの仕入れ方、選び方

不思議な色彩を持つユナカイトは、主にロシアやアイルランド、アメリカなど様々な国や地域で採掘されています。ユナカイトと言う呼び名は、アメリカ南東部にあるノースカロライナ州の「ユナカ山地」で採掘されていたことから命名されました。当時から採掘量が多いため、比較的お手頃価格で選び仕入れることが可能です。日本...

≫続きを読む

 

ラピスラズリ(青金石)の仕入れ方、選び方

ラピスラズリの仕入れ方、選び方についてご説明します。ラピスラズリは、和名を青金石(せいきんせき)、または瑠璃(るり)と言います。世界で最も歴史が古いパワーストーンの一つで、「幸運を招く石」とも呼ばれます。ちまたでは、「憧れのラピスラズリ」とも言われるほど、非常に人気が高いパワーストーンです。ラピスラ...

≫続きを読む

 

ラブラドライト(曹灰長石)の仕入れ方、選び方

ラブラドライトの仕入れ方、選び方について書いて行きます。ラブラドライトは、和名を曹灰長石(そうかいちょうせき)と言います。信念を貫き、最後までやり抜く「実行力」や「根性」を育てる力があると言われるパワーストーンです。また、持ち主にもともと備わる「隠れた才能」を引出し、磨きぬくための後押しをしてくれる...

≫続きを読む

 

ラリマー(ブルーペクトライト)の仕入れ方、選び方

ラリマー(ブルーペクトライト)の仕入れ方、選び方についてご説明します。ラリマーは、スギライトやチャロアイトと並び、世界3大ヒーリングストーンの一つとして有名なパワーストーンです。正式名称が、ブルーペクトライトということは意外と知られていないようですね。ラリマーは、カリブ海に浮かぶ島「ドミニカ共和国」...

≫続きを読む

 

ルビー(紅玉)の仕入れ方、選び方

ルビーの仕入れ方、選び方について触れて行きます。ルビーと言えば、世の女性たちを魅了し続ける「あこがれの宝石」の一つですよね。ちなみに、ダイヤモンドが「宝石の王様」と呼ばれるのに対して、ルビーは「宝石の女王」と呼ばれています。価格の方も「女王」で、目が飛び出てしまうほど高価な天然石なので、ほんの小さな...

≫続きを読む

 

レッドファントムクォーツ(幻影水晶)の仕入れ方、選び方

レッドファントムクォーツの仕入れ方、選び方について書いて行きます。レッドファントムは、和名を幽霊幻影水晶(ゆうれいげんえいすいしょう)と言います。クォーツの中にある山のような模様は、気が遠くなるほどの永い年月をかけて創造された「石の年輪」のようなものです。その歳月が生み出すものなのか、ファントムクォ...

≫続きを読む

 

レモンクォーツ(檸檬水晶)の仕入れ方、選び方

レモンクォーツは、和名で檸檬(れもん)水晶、または硫黄水晶と呼ばれています。フレッシュなビタミンカラーの天然石といえば、真っ先に頭に思い浮かぶのはシトリンではないでしょうか。レモンクォーツもシトリンも同じ「水晶」の天然石で、似通った色彩を持っています。しかし、発色の要因が違うため、別の天然石として取...

≫続きを読む

 

ローズクォーツ(紅水晶)の仕入れ方、選び方

ローズクォーツの仕入れ方、選び方について書いて行きます。ローズクォーツは、女性に絶大なる人気を誇るパワーストーンの一つです。人気の秘密は、やはり「恋愛運」に対して圧倒的なパワーを誇ると言われるからでしょう。「恋愛成就の石と言えば何はともあれ絶対にローズクォーツ」そう言われるほど広く知れ渡っていますよ...

≫続きを読む

 

ロードナイト(薔薇輝石)の仕入れ方、選び方

ロードナイトの仕入れ方、選び方について書いて行きます。ロードナイトは、和名を薔薇輝石(ばらきせき)と言います。その名の通り、美しい薔薇(ばら)を思わせる落ち着いた「赤」が特徴です。実は、インカローズと並ぶ「愛のパワー」を秘めていると言われており、女性にとても人気の高いパワーストーンです。ロードナイト...

≫続きを読む