タロット正義の意味!正位置と逆位置の解釈とアドバイスは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

タロットカードの11番「正義」のカードの意味を知っていますか?

 

言葉自体は珍しくないけれど、タロットの意味、と言われた瞬間にわけがわからなくなる!という人もいますよね。

また、「そのせいでどういうアドバイスなのかがどうしてもわからない」と感じている人もいることでしょう。

 

今回は、そんな正義のカードの意味や正位置と逆位置の意味についてお話していきます。

人間関係・恋愛関係・仕事関係でそれぞれ正義が出た際のアドバイスもお伝えしますので、ぜひお楽しみに!

開運アドバイザーまりんが100サイト以上の電話占いの中から厳選!

タロットの正義の基本的な意味は?

正義は、タロットカード大アルカナの11番のカードです。

まずは、基本的な意味から確認していきましょう。

 

正義ってどんな意味を持つカードなの?

英語では「Justice」、フランス語では「La Justice」と呼ばれています。

「裁判の女神」という別名も持っており、この異名からもわかる通り公平さや公正さを意味するカードです。

 

他に「バランス」という別名を持っていることからも、公正な判断やうまくバランスを取るといった意味合いになることがわかります。

そのため、多くのバージョンでは「公平・公正」を意味するような、剣と天秤を持った女性が描かれることが多いです。

 

少し系統の違う別名として「寄贈者」というものもあるんですよ。

 

正義のカードの豆知識!8番?11番?!

そんな正義のカードは、「何番のカードなのか?」ということで少し事情のあるカードです。

長い歴史を持つタロットにはいろいろなバージョンがあるのですが、その中で「力」と「正義」の順番が違うものがあるんですよ。

 

ざっくり説明すると「マルセイユ版」と呼ばれるタイプのものは、正義が8番目、力が11番目です。

「ウェイト版」と呼ばれるものを参考に作られたタロットは、正義が11番、力が8番です。

 

どちらも古い歴史を持つバージョンで、どちらを参考にしても間違いではありません、どちらも正解です。

しかしなぜ、こんな後世に混乱を招くようなことが起きたのでしょうか。

 

関わっているのは、「占星術との関連」だと言われています。

タロットカードはそれぞれ、12星座(黄道12宮とも言いますよね)や、それにかかわる天体との関連を持っています。

 

ただしその関連も「絶対にこの組み合わせ!」という決まりがあるわけではありません。

時代やバージョンにより、さまざまな組み合わせでの関連が上げられています。

 

そういった流れの中で、タロットの絵柄と星座のモチーフを関連させよう!という動きがあり、その際に「力」はしし座、「正義」はてんびん座と関連づけられました。

しかし、「正義」の順番が先だと、てんびん座のあとにしし座がくることになってしまい、今度は12星座の順番として不自然が生じてしまいます。

 

これを解消するために、力と正義の順番が入れ替えられた、という説が一般的に知られています。

 

さて、正義はカード番号について諸説あるカードであることがわかりました。

しかし、タロットには正位置と逆位置があり、詳しい意味合いはカードの向きによって変わってきます。

 

正義のカードの正位置と逆位置は、それぞれどのように読み解くのがよいのでしょうか。

続いて確認していきましょう。

 

関連記事

 

タロットの正義!正位置と逆位置の意味は?

単体での意味合いが、はっきりしている印象が強いのが正義というカードの特徴です。

ただ、それにばかりとらわれるのではなく、実際のリーディングでは結果全体をしっかり把握するようにしてくださいね。

 

正位置の正義の意味!公平・公正でないと困るものと言えば……

①【公平、公正、中庸、バランスをとる、無理をしない、善意、誠意、両立、正義感が強い、当然の報いを受ける】

②【裁判(裁判所や裁判官など)、警察、告発、法律に関したこと、調停】

 

カードの名前そのものズバリの「正義」や「正義感」といったキーワードから、公平であること、公正であること、といった意味が並んでいますね。

また、正義を貫き公平でないと困るものとして「警察」や「法律」、「裁判」などがあり、それらもこのカードのキーワードとなります。

 

決まり事に従って正しく判断を下すことや、無理せず自分の力でできる範囲でがんばること、2つのもののバランスをとることなどもキーワードです。

 

あくまで公平さなどを意味することが多いカードですから、2つのもののうちどちらか片方の利益や有利などを望んでいる場合には、ちょっと厳しい意味を持つと言えます。

 

逆位置の正義の意味!厳しいキーワードが並んでいるからこそ気を付けたい?!

①【裁判で敗れる、財政赤字、誤った告発、判断ミス、欲求不満】

②【バランスが崩れる、バランスをとれない、何かに頼りきりになる、無法状態、混乱、不公平な状態】

 

逆位置は、基本的に正位置と真逆の意味を持つことが多いです。

正義の場合はまさに正反対!といったキーワードが並んでいることがわかりますね。

 

2つのもの、例えば仕事と家庭や趣味、兼業といったことがうまくいかないなどの解釈ができます。

また、公平さが崩れて無法状態になっていたり、公正な判断を下してくれるものがなくて不満や混乱が生じているといった事態も読み取れます。

 

一見して、良い状態とは言えない状況を示すことが多いんですね。

だからこそ、どうしたらそれを解決できるのか、といった内容が他のカードにあるかどうか、きちんと見るようにしましょう。

 

正位置では「公平・公正」、逆位置では「不公平」という意味があることがわかりました。

しかし、ただキーワードを並べられただけでは、実際のリーディングとしてどういった判断をしていけば良いかが少々つかみにくいと感じることもあるでしょう。

 

そこで続いては、「質問で正義が出た場合の読み解き方」をお伝えします。

まずは人間関係の質問で、正義が出た場合から見ていきましょう。

 

関連記事

 

タロットの正義!相手の気持ちの解釈とアドバイスは?

正義は星占いとの関連で、おうし座との関連を持つカードです。

関係者の中におうし座の人物がいるかどうかも、重要な読み取り要素になります。

 

正位置:

「バランスをとる」「中庸」「善意」などの意味に注目しましょう。

 

質問者の人物関係はバランスがとれていて、特に問題のなさそうな現状が読み取れます。

また、複数の派閥や勢力などがあったとしても、質問者は中立の立場であり、どこにも属していないといったことも読み取れます。

 

そういった現状をただ指摘しているのか、それが今後生じる問題を解決する鍵になるのかは、他のカードに注目しましょう。

いずれにしても、悪い状況を指すものではなさそうな点を、きちんと伝えてください。

 

アドバイス:

『公平な立場の人物は重宝されますよね』

 

たくさんの人がいる環境ではどうしても、派閥や勢力といったものができやすいです。

しかしあなたは、どの立場から見ても公平で公正な視点を持っているようですね。

 

どこかに肩入れすることなく、その態度や視点を大事にしてください。

トラブルを回避したり、解決したりする重要な要素になるかもしれません。

 

逆位置:

「バランスがとれていない」「欲求不満」「混乱」などの意味に注目しましょう。

公平・公正な視点や立場の人物がおらず、人間関係がゴタついている状況が読み取れます。

 

また、常に不公平な結論が出されていることに、不満を持っている人が多いといった読み取りもできます。

その不満が爆発寸前なのか、あるいは「そういう考えの人がいる」程度なのかは、他のカードから読み取りましょう。

 

質問者自身がどう対処すべきなのかも、伝えるようにしたい結果と言えます。

 

アドバイス:

『何らかの不満を抱えている人がいるようです』

 

判断や結論が公平ではないと、必ず「割を食う」立場になる人が出てきてしまいますよね。

そういった人は、周囲にいないでしょうか?

 

知られているか、いないかを問わず、そういった不満を抱えている人が身近にいるという啓示が出ています。

解決策やあなた自身の行動など、何らかの対処が求められています。

 

逆位置で出た場合は特に、不平等や不公平といった「不満の原因」の読み取りがしやすいところがあります。

根本からその問題を解決できるのか、対症療法になるのかといった内容に注目するようにしましょう。

 

続いては、「恋愛系の質問で正義が出た場合」を見ていきましょう。

 

関連記事

 

タロットの正義!恋愛の解釈とアドバイスは?

正位置:

「バランスをとる」「無理をしない」「善意」などの意味に注目しましょう。

 

質問者自身と相手と双方が、お互い良いバランスでお付き合いできている、という読み取りができます。

お互いの距離や価値観、愛情の重さや深さなどのバランスが取れていて、無理なくお付き合いができているようですね。

 

また、相手に対する善意の気持ちが、そういった良い関係を築くカギにもなっているようです。

今現在、恋が上手くいっていないという場合は、これらのポイントが上手く機能しているかどうかを、確認するとよいでしょう。

 

アドバイス:

『お互いのバランスが良いと関係が長続きします』

 

どちらかが無理をしていたり、相手に合わせないといけないと感じるような関係は、長く継続するのが難しいです。

逆に、愛情の深さや重さ、人間としての価値観など、同じテンポや視点を持っている人とは、そばにいても苦にならない関係を築けます。

 

今、あなたが抱える恋愛問題は、こういったところに注目することで、前進するきっかけやカギを掴むことができそうです。

独りよがりでは恋愛は成立しないということを覚えておいてくださいね。

 

逆位置:

「バランスをとれない」「何かに頼りきりになる」などの意味に注目しましょう。

 

どちらかが相手に頼りきりになっているなど、片方が相手に尽くしている状態を読み取れます。

また、愛情の重さや深さ、スキンシップが一方的になっていて、受けている側が困っているという状況も読み取れます。

 

さらには、恋愛にかまけすぎていて、他のことがおろそかになっているよ、という警告である可能性もあります。

既に状況が悪化しているのであれば、これらの要素が問題の核心である可能性が高いです。

 

アドバイス:

『バランスの悪い恋愛は不健全な関係と言えますよ』

 

どちらかがもう片方に無理をして合わせていたり、一方がもう片方に尽くし過ぎているといった状況は、良いものとは言えません。

恋愛は双方の立場や気持ちが平等・公平であって初めて、お互いに楽しいと感じられるのではないでしょうか。

 

今抱えている恋の悩みは、こういった要素が関わっている可能性が高いです。

見直すべきはどんなところなのかを、見極めて改善してください。

 

恋愛においても、バランスは大事ですよね。

相手が重く感じるような愛情を傾けていないか、恋に夢中になり過ぎていないか、といったポイントの有無に着目しましょう。

 

続いては、「仕事に関する質問で正義が出た場合」を見ていきましょう。

 

関連記事

 

タロットの正義!仕事の解釈とアドバイスは?

正位置:

「中庸」「無理をしない」「誠意」「両立」というキーワードに着目しましょう。

 

会社における派閥などがあったとしても、質問者はどこにも属さず中立の立場でいるようです。

もちろん、それがよい傾向であることもわかる結果ですね。

 

もしくは、仕事とプライベートのバランスがよく、無理せずしっかり働ける状態でいることも読み取れます。

総じて、これまでの行動や努力がよい状況に結びついていることを、指し示す内容であると言えます。

 

アドバイス:

『自分軸での仕事ができているようですね』

 

ビジネスに限った話ではないのですが、「自分」が主軸になっているのがやりやすいですよね。

他人の言動を気にしたり、他人の都合に合わせてばかりでは、結局自分なりのバランスを維持できなくなってしまいます。

 

現状のあなたが、自分という軸が安定していて、無理なく仕事ができているようです。

その状況を維持できるように、今後もがんばりましょう。

 

逆位置:

「バランスが崩れる」「無法状態」「不公平な状態」などの意味合いに注目しましょう。

 

これまで均衡が保たれていたものが、崩れてしまうことが予想されます。

あるいは、既にバランスが崩れて、あちこちに不都合や不具合が発生している可能性もあります。

 

何が均衡を崩したのか、どうすれば立て直しを図れるか、などを探るようにしましょう。

また、バランスが崩れたことで今後どうなるのか、といったことも読み取れる可能性がありますよ。

 

アドバイス:

『意外と繊細な調整が不可欠であることを忘れないように』

 

これまであなたが無意識にしていたことは、バランスを保つ上で欠かせないことだったかもしれません。

それを急に変えたせいで、良い環境で保たれていたものが不安定になっている可能性があります。

 

急に方針や行動の基準を変えると、思わぬところに思わぬ不都合が生じます。

無理に革新しようとせず、これまでの成果を見直してみてくださいね。

 

それでは、タロットの正義のカードについて最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、正義のカードについてお話しました。

正義は、大アルカナの11番めのカードで、公正さを意味するカードです。

 

正位置の主な意味は、そのまま「公平・公正」でした。

また、逆位置の主な意味には「不公平」などがありましたね。

 

人間関係の問題で出た場合、正位置であれば『公平な立場の人物は重宝されます』。

逆位置であれば、『何らかの不満を抱えている人がいるようです』というアドバイスでした。

 

恋愛関係での正位置は『お互いのバランスが良いと関係が長続きします』。

逆位置は『バランスの悪い恋愛は不健全な関係と言えますよ』というアドバイスでしたね。

 

また、仕事関係の正位置の意味は、『自分軸での仕事ができているようです』。

逆位置は、『意外と繊細な調整が不可欠であることを忘れないように』というアドバイスでした。

 

「バランス」というキーワードが重要な要素になるカードと言えるのが「正義」の特徴です。

何と何の「バランス」が大事なのかを、きちんと読み取ることも忘れないようにしましょう。

あなたが占った正義のカードについても、ぜひ教えてくださいね^^

 

おすすめ記事

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*