タロット運命の輪の意味!正位置と逆位置の解釈とアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

タロットカードの10番「運命の輪」のカードの意味を知っていますか?

タロットといえばこのカード!という印象を持っている人も、いるのではないでしょうか。

 

しかしその一方で、「良いカードなのか悪いカードなのか、意味が良くわからない」と感じている人もいることでしょう。

今回は、そんな運命の輪のカードの意味や正位置と逆位置の意味についてお話していきます。

 

人間関係・恋愛関係・仕事関係でそれぞれ運命の輪が出た際のアドバイスもお伝えしますので、ぜひ楽しみにお読みください。

タロットの運命の輪の基本的な意味は?

運命の輪は、タロットカード大アルカナの10番のカードです。

まずは、基本的な意味から確認していきましょう。

 

運命の輪ってどんな意味を持つカードなの?

英語では「Wheel of Fortune」、フランス語では「La Roue de Fortune」と呼ばれています。

その名前が示す通り、車輪になぞらえたような形の輪が描かれていることが多いカードですね。

 

単体では良い意味と悪い意味の両方を備えたような性質があることも特徴で、多くの場合「運命の転換期」を表すとされます。

わかりやすい例を挙げれば、「この選択が人生を左右する」といった決断を迫られている際などに出やすい、というイメージです。

 

ただし、あくまで「そういうケースが多い」という参考例ですから、このカードが出た=大事な選択や転換の時期、と決まっているわけではありません。

また、良い転換期を迎えるのか、運気の下降を暗示するのかは、隣接するカードによって左右されることもよくあるのが運命の輪の特徴です。

 

これは「コンビネーション・リーディング」といって、複数のカードから解釈を導き出すテクニックのことです。

運命の輪に隣接しているのが良い意味のカードであれば、運気上昇の転換期を迎える兆し、という読み取りができるわけですね。

 

反対に、リバースや悪札が隣接している場合は、どうやったらその運気ダウンを防げるのかを、読み取るように心がけましょう。

 

運命の輪のカードの豆知識!イラストをよく見てみると……?

さて、そんな運命の輪のカードのイラストは、さまざまな意味が込められたものが多いという特徴もあります。

 

たとえば、4大元素を司る人間・鷲・獅子・牡牛の天使が、輪の周囲に描かれている、といったものが存在しているんですよ。

また、錬金術の記号が輪の中に描かれていて、その記号はそれぞれ「水銀」「塩」「硫黄」と「銅」を示している、というものもあります。

 

さらには、輪の縦横4方向に文字が描かれていて、その文字がさまざまな読み方ができる、という話もあります。

「TARO(T)」や「ROTA」(輪という意味を持つ単語です)など、このカードに関連した言葉であることがわかりますね。

 

他にも、輪を回している善い神と悪い神が描かれている、といった構図のものもあります。

こういったさまざまな絵柄の特徴から、「人間の運命は良くも悪くも転がるもの」であり、「それは人生の根本である」といった解釈も見えてくるように思えますよね。

 

運命は良い方にも、悪い方にも転がるものであり、それは予知することが難しい、という意味にも取れるのが「運命の輪」というカードであるとも言えます。

その、見通しのつかなさを示すような別名として「ロイヤル・メイズ(迷宮)」というものもあるんですよ。

 

運命の転換期を意味するカードであることがわかりました。

しかし、タロットには正位置と逆位置があり、詳しい意味合いはカードの向きによって変わってきます。

 

運命の輪のカードの正位置と逆位置は、それぞれどのように読み解くのがよいのでしょうか。

次は、運命の輪のカードの正位置と逆位置の意味を確認していきましょう。

 

関連記事

 

タロットの運命の輪!正位置と逆位置の意味は?

正位置は良い意味、逆位置は悪い意味、という感覚の人が多いことでしょうし、多くのカードはその認識でだいたい間違っていません。

しかし、単純に正位置と逆位置だけでは判断しかねるカードもあり、運命の輪はその代表と言えます。

 

正位置の運命の輪の意味!基本的には「良い転換」を意味してくれる?

①【変化の訪れ、事態や状況が変化する、転換点を迎える、チャンスの到来、方向や指針の転換、出会い】

②【解決、元に戻る、復縁、突然の出来事、幸運の到来】

 

正位置であれば、基本的には悪い意味にならないという解釈で問題ないことがわかります。

大きな転換点を迎えることの暗示や、これから良いことが起きる、ツキが巡ってくるといった、良い方向への変化を意味することが多いんですね。

 

また、ただ単純に「変化の時期の到来」を意味することもあります。

 

ただしそれらの解釈は、隣接するカードによってはその限りではありません。

正位置の運命の輪に、悪札や逆位置のカードが隣接していれば、「何か悪いことが発生する」といった解釈にもなります。

 

わかりやすい例を挙げると、皇帝の逆位置や死神のカード、といったところですね。

単体で読み取ろうとせず、全体の結果を見通すクセをつけたい1枚と言えます。

 

逆位置の運命の輪の意味!「悪い転換」?「転換できない」??

①【計画の中断、予定を中止する、なかなか方向転換できない、ことが動き出さない】

②【情勢が急激に悪化する、アクシデント発生、落とし穴にはまる、不運の訪れ】

 

逆位置は、基本的に正位置と真逆の意味を持つことが多いです。

運命の輪の場合、真逆とまではいかないまでも、正位置とは意味が反転しているものが多いことがわかります。

 

例えば、うまく変化や転換を図ることができず、ぐずぐずしてチャンスを逃す、といった意味合いになることがあるんですね。

 

また、転換を図ったもののうまくいかず、物事が悪化する、といった意味合いにもなります。

逆位置の場合は、隣接するカードの影響にあまり左右されず、よろしくない意味合いとして働くことが多いのも特徴です。

 

解決策や対処方法などを、他のカードから読み取るように心がけましょう。

 

正位置では「転換期の訪れ」や「幸運の到来」、逆位置では「変化できない」や「不運の訪れ」という意味があることがわかりました。

しかし、ただキーワードを並べられただけでは、実際のリーディングとしてどういった判断をしていけば良いかが少々つかみにくいと感じることもあるでしょう。

 

そこで続いては、「質問で運命の輪が出た場合の読み解き方」を見ていきましょう。

まずは人間関係の質問で、運命の輪が出た場合から見ていきましょう。

 

関連記事

 

タロットの運命の輪!相手の気持ちの解釈とアドバイスは?

運命の輪は星占いとの関連で、天王星との関連を持つカードです。

天王星はみずがめ座・やぎ座と関連する天体なので、関係者の中にみずがめ座ややぎ座の人物がいるかどうかも、重要な読み取り要素になります。

 

正位置:

「変化の訪れ」や「出会い」などの意味に注目しましょう。

 

近いうちに、あなたを取り巻く人間関係に、何らかの変化が生じる兆しです。

ただし正位置ですから、隣接するカードによって良い変化か悪い変化かがある程度予測できます。

 

良い札であれば、問題の解決や良い人脈に恵まれるといった読み取りになります。

また、人物像がはっきりしているカード(女帝や戦車など)が隣接している場合、そういった存在との出会いが待っている可能性もあります。

 

アドバイス:

『人付き合いも常に変化し移ろっていきます』

 

どんなに苦手な人との関わりであっても、何かのきっかけで縁が切れることはよくあります。

また逆に、素晴らしい人間関係も永遠に続くとは限りません。

 

あなたを取り巻く人々の環境は、どうやら変化する時期がやってきつつあるようです。

その変化を受け入れ、自分自身も変わっていくことが大切です。

 

逆位置:

「アクシデント発生」や「落とし穴にはまる」などの意味に注目しましょう。

 

例えば、生じていた何らかのトラブルに関して、質問者が不利になる結末が予測される、といった読み取りができます。

あるいは、順風満帆だった人間関係に、何か不和の原因となるような出来事が起こるのかもしれません。

 

いずれにしても、事態が悪い方へ転がり出すことが予想される結果と言えます。

対処法や解決策を、他のカードから探るようにしましょう。

 

アドバイス:

『平穏な環境も不変のものではありません』

 

どんなに落ち着いた、綻びのなさそうな関係性であっても、絶対に壊れないという保証はどこにもありません。

何がきっかけで険悪なものになったり、崩壊してしまったりするかは、誰にもわからないですし予測も難しいです。

 

ただ、「いつ何が起きても動じないように」という心構えや準備であれば、できることもあるでしょう。

平和な現状をただ享受するのではなく、ぬかりなく準備だけはしておいた方がよさそうです。

 

良い出来事も悪い出来事も、人と関わる中ではどうしても生じるものです。

「この状況がずっと続く」ということはない、ということを押さえておきたいですね。

 

続いては、「恋愛系の質問で運命の輪が出た場合」を見ていきましょう。

 

関連記事

 

タロット運命の輪の恋愛の解釈!ソウルメイトに会える?

正位置:

「出会い」「幸運の到来」「元に戻る」「復縁」などの意味に注目しましょう。

 

恋人募集中の人であればよい出会いがある兆し、すでに恋人がいる人は、素敵な恋のイベントが起こる予感を意味しています。

また、止むにやまれぬ事情があって疎遠になった相手と、関係が復活する可能性も読み取れます。

 

新しい恋人ができる!新たな恋が始まる!という確証にはなりませんが、恋愛においての素敵な転換期が訪れそうだと言えるでしょう。

ただし、隣接するカードによってはそうとは言い切れない場合も考えられるということだけ、気に留めておいてください。

 

アドバイス:

『恋もひとつの区切りを迎える予感です』

 

恋が終わる、破局が訪れる、といった意味ではなく、次の段階へと進む時期が訪れているようですね。

いつまでも片思いし続けていたり、楽しい恋人生活を続ける、というわけにはいかないということです。

 

もちろん、関係が進むにつれて、障害がでてきたり、課題となる物事がはっきりすることもあるでしょう。

そういったいろいろな事柄に対して、どう対応していくかという態度を決める時期が訪れています。

 

逆位置:

「予定を中止する」「なかなか方向転換できない」「ことが動き出さない」などの意味に注目しましょう。

 

円満にお別れするはずが、何故かなかなか話が進んでくれない、といった状況の兆しです。

また逆に、せっかく念願の恋人ができたのに、都合が合わず恋人らしいことが全然できない、という状況も読み取れます。

 

悪い方向へ転がり出すというよりは、「進展しない」「話が先に進まない」という事態を指し示している可能性が高いと言えます。

ことを先に進めるには何が必要なのか、他のカードに注目しましょう。

 

アドバイス:

『停滞した状況を打開する手段を探してください』

 

良いことであれ、悪いことであれ、「話がまとまらない」のが一番困るという状況はよくあります。

堂々巡りが続いているせいで、苛立ちが募ったり、しなくていい妥協をしたりすることになるということも考えられますよね。

 

では、何がその堂々巡りの原因なのでしょうか?

 

先に進むことへの足かせや障害を、取り除く努力が求められています。

恋愛関係の質問で、正位置のキーワードである「出会い」は、「ソウルメイトとの出会い」を意味することが多いです。

 

関係性が変化して、恋人や知人・友人だった相手が「ソウルメイト」になってくれるという読み取りも可能ですよ。

 

続いては、「仕事に関する質問で運命の輪が出た場合」を見ていきましょう。

 

関連記事

 

タロット運命の輪!仕事の解釈とアドバイスは?

正位置:

「事態や状況が変化する」「転換点を迎える」「チャンスの到来」「方向や指針の転換」というキーワードに着目しましょう。

 

現状が大きく変化することが予測される内容であることがわかりますね。

特に、今現在「何かを変えたい!」「方向性を違ったものにしたい!」と感じているのであれば、そのチャンスとなる機会が巡ってきそうな予感です。

 

ただし、今現在何も問題がなく、特に何かが変わってほしいと思っていないこともありますよね。

質問者の置かれた状況次第では、トラブルの暗示という解釈もできる点を把握しておきましょう。

 

アドバイス:

『近いうちに何か事件が起きそうです』

 

事件と聞くと、何かトラブルやアクシデントでも起きるのかと感じるかもしれませんが、その限りではありません。

「こうなったらいいのに」「ここが変わればもっと頑張れるのに」といった願いが、叶う兆しの可能性もあります。

 

もちろん、穏便にことが運んで変化や転換を迎えられるという確証はありません。

変化の予兆があるという啓示に対して、あなたがどう行動するかが大切です。

 

逆位置:

「計画の中断」「予定を中止する」「情勢が急激に悪化する」などの意味合いに注目しましょう。

 

プロジェクトや企画が中止されたり、予定していたことが思ったように進まなくなりそうです。

また、ことが停滞することで、状況が良くない方向へ転がっていく可能性も読み取れます。

 

多くの場合、ビジネスにおける計画の中止や停滞は良くない結果につながりますから、解決策などを探るようにしましょう。

 

アドバイス:

『行く手に波乱の影が見えています、対策を講じましょう』

 

抱えている仕事や企画、進行中のプロジェクトなどについて、中止や予定変更のおそれがあります。

そういった事態が発生した際の、対応策は何か用意してありますか?

 

一番いいのはそれらを食い止めることができることですが、流れを止められない可能性もあります。

有事に備え、プランBを用意しておく必要がありそうですね。

 

それでは、タロットの運命の輪のカードについて最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、タロット「運命の輪」のカードについてお話しました。

 

大アルカナの10番めのカードで、運命が変転する時期を迎えていることを示すカードです。

正位置の主な意味は「運命の転換期」でした。

 

また、逆位置の主な意味には「転換を図れない」や「事態の悪化」などがありました。

 

人間関係の問題で出た場合、正位置であれば『人付き合いも常に変化し移ろっていきます』。

逆位置であれば、『平穏な環境も不変のものではありません』というアドバイス。

 

恋愛関係での正位置は『恋もひとつの区切りを迎える予感です』。

逆位置は『停滞した状況を打開する手段を探してください』というアドバイスでしたね。

 

また、仕事関係の正位置の意味は、『近いうちに何か事件が起きそうです』。

逆位置は、『行く手に波乱の影が見えています、対策を講じましょう』でした。

 

単体での意味を深堀するより、複数の隣接するカードとのコンビネーションが重要な側面のあるカードです。

全体の結果を見通して、解釈することを心がけると読み取りがしやすくなりますよ。

 

あなたが占った運命の輪のカードのことも、ぜひコメントしてくださいね^^

 

おすすめ記事

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*