10月の誕生石と意味!トルマリンやオパール?日にちで違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

10月生まれのあなたは、自分の誕生石とその意味や効果をご存知でしょうか?

トルマリン?オパール?・・・と、複数の石の名前があがるから、効果も難しいな~という方は多そうですね。

 

最近は誕生石に関するいろいろな情報が出回っていますから、どれを信じればいいのかわからない!という人もいることでしょう。

 

そこで今回は、10月の誕生石について、意味や効果などを詳しく説明していきます。

日ごとの誕生石である誕生日石についてもお話していきますので、ぜひ楽しみにお読みください。

10月の誕生石と意味と効果は?

「自分が生まれた月に相当する宝石を身に付けると、幸運が得られる」というのが誕生石のパワーです。

10月の誕生石は2つ有名なものがあり、オパールとトルマリンの両方を、今回はご紹介します。

 

オパールとトルマリン、それぞれどんな石?

まずはオパールからご紹介していきましょう。

 

オパールの語源は、「色の変化を見る」という意味の言葉から来ています。

その名前の通り、石の中で虹のような光が美しく揺れるのが特徴で、この効果は「遊色効果(ゆうしょくこうか)」と呼ばれています。

 

白や半透明、または透明の石の中に、この虹色の遊色が見える、というイメージが強い方が多いことでしょう。

そういったオパールは、特に「ホワイトオパール」や「ウォーターオパール」という呼ばれ方をしています。

 

現在では、石の地の色が黒色の「ブラックオパール」や、鮮やかなオレンジ色の「ファイヤーオパール」の魅力も広く知られ、人気が高まっています。

また、母岩がついている「ボルダ―オパール」や「カンテラオパール」というオパールは、宝石としてだけではなく、鉱物としてもとても魅力的な石として知られています。

 

ちなみに、遊色効果が見られないオパールは「コモンオパール」と呼ばれます。

石の地の色を楽しめる点が注目され、こちらも人気なんですよ。

モース硬度は5.5~6.5ほどですから、身に付ける際にも安心できますね。

 

続いてトルマリンです。

和名では「電気石(でんきせき)」と呼ばれるトルマリンは、微弱な電力を帯びる性質がある石として有名です。

 

熱すると、電力を帯びることが和名の由来になりました。

「ない色はない」と言われるほど、トルマリンのカラーバリエーションは豊富です。

 

これは、トルマリンがさまざまな元素や成分と混ざった物質だからなんですよ。

色によって、特別な名前がついているのも、トルマリンの特徴です。

 

例えば、赤いものはルベライト、深い青色であればインディゴライトと呼ばれています。

また、鮮やかなネオンブルーグリーンカラーをしているものは、「パライバトルマリン」と呼ばれ、稀少さと美しさから根強い人気を誇ります。

 

ブラジルのパライバ州で産出したことが名前の由来で、世界三大稀少石のひとつでもあります。

石の奥から輝くような美しさは多くの人を魅了していますから、10月生まれでない方も、ぜひ一度見てみてくださいね。

 

10月の誕生石オパールとトルマリンの意味と効果は?

それでは続いて、パワーストーンとしての意味や効果を見ていきましょう。

 

オパールは、非常に明るいエネルギーを持つパワーストーンであるとよく言われます。

虹色の遊色は自由や希望の象徴とされ、持ち主に希望を与える石として、人気のパワーストーンです。

 

石に多くの水分が含まれることも効果に影響していて、柔軟性や癒し、豊かな発想力をそなえる石とも言われています。

人間、できるだけポジティブに、明るく生きていきたいと思いますよね。

 

しかし、ミスやトラブルが発生すると、なかなか「明るく元気に」してはいられません。

そんなときはぜひ、オパールのエネルギーを取り入れてみましょう。

 

きらめく虹色が明るさや希望をもたらし、前向きな気持ちを呼び起こしてくれると言われています。

ただし、とても情感豊かなエネルギーなので、逆にマイナス思考を増長してしまう可能性があることには注意が必要です。

 

どん底に落ち込んだときというよりは、前向きになりたいけれどあと少し力が足りない、というときに適していますね。

また、遊色は芸術的センスを刺激するとも言われていますから、創造力やクリエイティブなセンスが必要なときにもオパールを試してみるとよいでしょう。

 

次にトルマリンですが、電気を帯びる性質にちなんだ「引き寄せ効果」がスゴい!ということで話題になっています。

帯電することで発生する「マイナスイオン」が心身の健康に効果があるとされ、健康グッズが出回ったこともありましたね。

 

現在では持ち主の個性を引き出してくれるとされ、静電気がものを引き付けるような引き寄せ効果のあるパワーストーンとして人気です。

 

ここで、「さっき、カラーバリエーション豊富って話が出たよね?」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

豊かなカラーバリエーションを持つトルマリンは、色によって微妙に得られる効果が異なることもポイントです。

 

例えば、赤色のルベライトは情熱ややる気を引き寄せ、緑色のベルデライトは心身の健康を引き寄せます。

パワーストーンの効果には、色が大きく関わっていますから、色による効果の傾向を把握しておくとわかりやすいですね。

 

ちなみに、稀少石パライバトルマリンは「大きな運を引き寄せる」と言われています。

稀少な宝石は持っている力もダイナミックであることが多いですが、パライバトルマリンもその一例ということですね。

 

さて、10月の誕生石で有名なものとして、トルマリンとオパールをご紹介しましたが「他にないの?」という方もいらっしゃるでしょう。

実は、誕生石はよく知られているものの他にも存在することが多いです。

 

また、最近では「誕生日石」というものがあるという情報も話題になっているですよ。

そこで続いては、オパールとトルマリン以外の10月の誕生石と、10月1日から31日までの誕生日石についてお話していきます。

 

あなたの誕生日には、どんな石が割り当てられているのでしょう?

 

関連記事

 

10月の誕生石でトルマリンとオパール以外!日にち石一覧は?

10月の誕生石は国や時代によって異なる?

国や時代によって、誕生石に指定されている石は異なっていることがあります。

このため、月によってはいろいろな石が誕生石とされていることがあるんですよ。

 

事実、15世紀ごろには10月の誕生石は「ベリル」であると言われていました。

現在でも、カナダではタイガーアイが、フランスではパールとアクアマリンが、それぞれ10月の誕生石として扱われています。

 

このほかにも「星座石」といって、その月に関連する星座の石が誕生石として紹介されることもあります。

10月はてんびん座の月であり、てんびん座の星座石には「エメラルド」や「ペリドット」、「ジェード」などがあります。

 

また、最近宝石業界で、日本の誕生石に追加される石がある、という発表がされ、話題になりました。

残念ながら、今回10月には追加される石の発表はありませんでした。

 

しかし、今後もしかすると別な機会で、誕生石の追加や更新が行われる可能性があることは示されたことになりますよね?

あなたの好きなパワーストーンや宝石が、誕生石として加えられる日も、くるかもしれませんよ。

 

「誕生日石」って何?

一般的に「誕生石」というと、月ごとに宝石が決められているもののことを表しますよね。

ふだんから、かなり意識されている方も多いかもしれません。

 

現在ではこれらの月ごとの石の他に、日ごとに決められている「誕生日石」というものがあります。

 

では、10月の1日から31日までの誕生日石は、どのようなものになっているのでしょうか。

続けて見て行きましょう。

 

10月の誕生日石一覧は?

それでは、10月1日から31日までの誕生日石を一気にご紹介しましょう。

 

  • 10月1日の誕生石と意味

パーティーカラードトルマリン(アンチエイジング、美容効果)

 

  • 10月2日の誕生石と意味

クォーツ(潜在能力を引き出す、生命力の活性化)

 

  • 10月3日の誕生石と意味

マクル(ダイヤモンド原石)(魅力アップ、自己表現力強化)

 

  • 10月4日の誕生石と意味

ファイヤーアゲート原石(前進を促す、悪霊を祓う)

 

  • 10月5日の誕生石と意味

キャッツアイ(消耗を抑える、エネルギーのバランスを整える)

 

  • 10月6日の誕生石と意味

クリソプレーズ(秘められた能力の開花、夢の成就)

 

  • 10月7日の誕生石と意味

ロードナイト(心の傷を癒す、友愛の象徴)

 

  • 10月8日の誕生石と意味

ブルーカルセドニー(心に善意を授ける、心の豊かさを高める)

 

  • 10月9日の誕生石と意味

ブルーオニキス(自己の成長の促進、冷静さを養う)

 

  • 10月10日の誕生石と意味

トルマリンキャッツアイ(深く考える力を与える、芸術センスを磨く)

 

  • 10月11日の誕生石と意味

ロードライトガーネット(献身力を高める、心と精神の強化)

 

  • 10月12日の誕生石と意味

ピンクサファイア(恋愛運アップ、出会いを運ぶ)

 

  • 10月13日の誕生石と意味

ヘマタイト(困難を乗り越え璃力を与える、運動能力を高める)

ルビーインゾイサイト(幸福感を高める、生命力の活性化)

 

  • 10月14日の誕生石と意味

トラピッチェエメラルド(宇宙の叡智にアクセスする、恋愛成就のお守り)

 

  • 10月15日の誕生石と意味

グリーンアベンチュリン(自分を取り戻す、人間関係を円滑にする)

 

  • 10月16日の誕生石と意味

アゲート(リラックス効果、エネルギーを満たす)

 

  • 10月17日の誕生石と意味

ゴールドコイン(成功へと導く、潜在能力の開花)

クリソコラ(幸運と繁栄をもたらす、丁寧に生活する力を与える)

 

  • 10月18日の誕生石と意味

ブルーアゲート(乱れた心の浄化、健康長寿と魔除けのお守り)

 

  • 10月19日の誕生石と意味

スカラベ(邪悪なものを遠ざける、不幸の回避)

ウォーターメロントルマリン(心身のエネルギーバランスを整える、エネルギーを充電する)

 

  • 10月20日の誕生石と意味

ターコイズのビーズ(絆を深める、災難の回避)

 

  • 10月21日の誕生石と意味

トルマリン原石(健康運アップ、引き寄せ効果)

 

  • 10月22日の誕生石と意味

八面結晶体ダイヤモンド(あらゆる富を引き寄せる、光の増幅)

 

  • 10月23日の誕生石と意味

ウォーターリリーリーフインクルージョン入りペリドット(生命力の復活、ポジティブな気持ちをもたらす)

 

  • 10月24日の誕生石と意味

インディゴライト(直感力と洞察力アップ、高いリラックス効果)

 

  • 10月25日の誕生石と意味

レッドスピネル(挑戦する力を与える、前向きで明るい気持ちをもたらす)

 

  • 10月26日の誕生石と意味

タイガーアイ(金運アップ、目標の達成を助ける)

 

  • 10月27日の誕生石と意味

ラピスラズリ(強い魔除け、幸運を呼び込む)

 

  • 10月28日の誕生石と意味

ヘキサゴナルサファイア(完全さの象徴、英知をもたらす)

 

  • 10月29日の誕生石と意味

蜘蛛の巣トルコ石(絆を繋ぐ、旅のお守り)

 

  • 10月30日の誕生石と意味

ピンファイヤーオパール(邪悪なものを寄せ付けない、正しい方向へ持ち主を導く)

 

  • 10月31日の誕生石と意味

ホークスアイ(決断力アップ、物事の本質を見抜く)

 

それでは、10月の誕生石について最後にまとめましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は、10月の誕生石についてお話しました。

 

代表的な誕生石はオパールとトルマリンで、それぞれ「前向きな気持ちを与える」や「引き寄せ効果」という意味や効果があるとされます。

国や時代によって、ベリルやタイガーアイが挙がることもあります。

 

10月1日から31日の日にちごとの「誕生日石」もご紹介しましたね。

お守りとして定番のパワーストーンと言える誕生石、ぜひ悩みや願いに合ったお守りを見つけてくださいね。

あなたの誕生石の体験談もコメントからお待ちしていますよ^^

 

おすすめ記

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*