6月の誕生石と意味!パールやムーンストーン?日にちで違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

6月生まれのあなたは、自分の誕生石とその意味や効果についてご存知でしょうか?

 

「パールとムーンストーン、両方聞いたことがあるけどどっちなの?」という方もいらっしゃるかもしれません。

中には「アレキサンドライトもそうだって聞いたよ?」という人もいるでしょう。

 

どの石だったとしても、意味や効果って気になりますよね。

 

そこで今回は、6月の誕生石について、意味や効果などを詳しく説明していきます。

日にちごとの誕生石である誕生日石のことも詳しく触れていますので、ぜひ楽しみにお読みくださいね。

6月の誕生石と意味と効果は?

誕生石とは「自分が生まれた月の宝石を身に着けることで幸運になれる」とされています。

そんな中、実は6月の誕生石は2つ有名なものがあります。

 

  • パール
  • ムーンストーン

今回はその両方をご紹介して行きましょう。

 

パールとムーンストーン、それぞれどんな石?

まずはパールからご紹介していきましょう。

 

和名の「真珠」も有名な呼び方であるパールは、貝の中で育つ物質からできています。

そのため、厳密には「石」ではないのですが、パワーストーンとして、また宝石として、古くから日本でも使われてきました。

 

冠婚葬祭の定番のジュエリーとして「アコヤ真珠」と呼ばれるものがありますよね。

あれは、「アコヤ貝」と呼ばれる貝から採れる真珠であることを指しているんですよ。

 

テリがよく、完全な球体の形をしているものほど価値が高いとされ、大粒であればあるほど価格も上がります。

ですが最近は、形のいびつな真珠も「バロックパール」と呼ばれ、ユニークな見た目から人気が上昇しています。

 

さらに「淡水パール」と言って、淡水に生息する貝から採れるパールも、手軽に取り入れられる真珠として近年では人気です。

真珠と言えば白!というイメージが強いですが、黒やオレンジ、ブルーなど、カラーバリエーションは意外と豊富です。

 

非常に柔らかい、デリケートな素材であることが、パールの大きな特徴です。

身に付ける際には、硬いものや尖ったものに気を付けましょう。

 

続いてムーンストーンをご紹介します。

 

ムーンストーンは、和名で「月長石(げっちょうせき)」と呼ばれ、古くは月の満ち欠けで輝きが変化する、と信じられていました。

「シラー」と呼ばれる、光の筋が石の中に見られるのが特徴で、名前の通り柔らかな月明かりを思わせる輝きが美しいパワーストーンです。

 

白いものがイメージされがちですが、グレーやオレンジなどの色をしたムーンストーンもあるんですよ。

 

また「レインボームーンストーン」や「ロイヤルブルームーンストーン」と呼ばれる石もあるんですが、名前を聞いたことはありますか?

石の地の色が白ではなく透明だったり、シラーが虹色や青色をしている石を見たことがある人もいることでしょう。

 

しかし、厳密にはこれらの石は「ムーンストーンではないよ」と言われることもあるので、頭に入れておきましょう。

 

「レインボームーンストーン」は別名で「アンデシン/ラブラドライト」と呼ばれる石です。

「ロイヤルブルームーンストーン」の方は、「ペリステライト」と呼ばれる石であることが多いです。

 

どちらも偽物というわけではないのですが、「石としては違うものなんだよね」という扱いになることもあるので、念のため覚えておきたいキーワードと言えます。

 

パールとムーンストーン意味と効果!どちらも女性のお守り?

6月の誕生石であるパールとムーンストーンには、興味深い共通点があります。

それは、「効果の面において、どちらも女性に関連したパワーを持っている」ことです。

 

ではまず、パールから見ていきましょう。

 

母貝の中で育まれるパールには強い守護の力が宿ると言われ、外部のトラブルから持ち主を守る魔除けのお守りとして知られてきました。

母親が子を守り、育てる姿が、パールを育てる貝の様子に見立てられたと言えるんですね。

 

「魔除け」を主なパワーとしているパワーストーンはいろいろありますが、明確に「外敵から守る」という意味合いでの魔除けは、珍しい効果でもあります。

確かに、トラブルなどは自分の内側から出なく、外的な要因で発生することの方が多いですよね。

 

どんなに気を付けていても、他人が起こしたトラブルに巻き込まれたり、予測できなかった災難に見舞われることは、誰しも経験があることでしょう。

そういった要因から持ち主を守り、ストレスを遠ざけてくれるのが、パールのパワーです。

 

疲れを癒したり、良い睡眠をもたらしたりして、持ち主をしっかりと守ってくれるんですね。

また、母性を高めたり、女性が持つエネルギーを活性化したりもしてくれる、とも言われています。

 

美容の面でも、パールに含まれる成分に効果があるということが近年わかってきてもいます。

まとめると、恋愛から育児、美容にいたるまで、パールは特に女性の美しさや魅力を高める力があるとされている、と言えることが分かります。

 

続いて、ムーンストーンの効果を見てみましょう。

 

月は古来から、女性を象徴する天体と言われてきた歴史があります。

その月にゆかりがあるとされてきたムーンストーンもまた、女性を象徴し、守るパワーストーンとして知られてきました。

 

半透明の白い石が放つ柔らかな光は月の光にたとえられ、不安やイライラ、荒ぶる精神を鎮め、穏やかにすると言われています。

月と言えば、特徴的なのは「満ち欠けがある」というところですよね。

 

始まりと終わりを象徴するサイクルとも言われ、新月や満月には、特に不思議な力があると現代でも言われています。

実は現代人にも月の満ち欠けのサイクルに体調やメンタルの面で影響を受ける人がいる、と言われています。

 

毎月、決まったサイクルで原因が良くわからない不調をきたすなあ……という人、いませんか?

そのような人はぜひ、ムーンストーンのパワーを取り入れてみましょう。

 

感情の波を鎮め、直感力や共感力を高め、日常生活における他者との関係を和やかにするパワーが、ムーンストーンには宿っていると言われています。

気持ちが落ち着くことで、他人を思いやる余裕が生まれるということには、身に覚えのある方もいることでしょう。

 

また、「女性」が「毎月決まったサイクルで不調」と言えば、思い当たるフシがある方も多いですよね。

そういった、女性特有の不調や不快感にも、ムーンストーンは大きな効果を発揮してくれます。

 

いろいろな面から、女性をサポートしてくれる6月の誕生石たち。

6月生まれ以外の方にももちろん効果はありますから、お悩みの案件があればぜひ、試してみてくださいね。

 

しかし、中には、パールやムーンストーン以外に6月の誕生石ってないの?と感じている方もいるでしょう。

 

実は、誕生石はよく知られているものの他にもあることが多いです。

そのため、最近では、日にちごとに「誕生日石」があるという情報も話題になっています。

 

そこで続いては、パールとムーンストーン以外の6月の誕生石について。

また、6月1日から30日までの日にちごとの「誕生日石」についてもお話していきます。

 

あなたの誕生日には、どんな石が割り当てられているのでしょう?

 

関連記事

 

6月の誕生石でパールやムーンストーン以外!日にち石一覧は?

6月誕生石に「アレキサンドライト」が追加される?

国や時代によって、誕生石に指定されている石は異なっていることがあります。

このため、月によってはいろいろな石が誕生石とされていることがあるんですよ。

 

実際、15世紀ごろは6月の誕生石は「エメラルド」と言われていました。

現在でも、フランスでは6月の誕生石は「ホワイトカルセドニー」とされています。

 

また、日本の誕生石が見直され、追加の石が来る月がある、という情報が話題になったことがありました。

6月の誕生石は、アレキサンドライトが追加になるかもしれない、との情報もあります。

 

アレキサンドライトは、クリソベリルという石の一種で、カラーチェンジという特性があることで知られています。

白っぽい光の下では青緑色、暖色系の光の下では紫色に、石の色が変化します。

 

この効果を「カラーチェンジ」と言い、珍しい性質なんですよ。

意味と効果は「人間の内面の資質を成長させる」「戦いに勝利する」「目標達成を助ける」などがあります。

 

従来の6月の誕生石たちとは、かなり性質の違うパワーを持っていることがわかりますね。

パールやムーンストーンとは異なるパワーのある石を探している方は、アレキサンドライトを試してみても良いでしょう。

 

「誕生日石」って何?

一般的に「誕生石」というと、月ごとに宝石が決められているものです。

現在ではこれらの月ごとの石の他に、日ごとに決められている「誕生日石」というものがあります。

 

では、6月の1日から30日までの誕生日石は、どのようなものになっているのでしょうか。

 

6月の誕生日石!日にちごとの一覧は?

それでは、6月1日から30日までの、日にちごとの誕生石をご紹介します。

 

  • 6月1日の誕生石と意味

カラーチェンジサファイア(二面性の象徴、自己矛盾の解消)

カラーチェンジガーネット(環境の変化への対応、ポジティブ思考をもたらす)

 

  • 6月2日の誕生石と意味

アンバー(健康運・人気運・恋愛運のアップ、勝負強さを与える)

 

  • 6月3日の誕生石と意味

逆4分ゴールド(イエローゴールド)(邪悪なものを退ける、権力と豊かさを持ち主に与える)

ラブラドライト(隠れた才能を輝かせる、思い込みからの解放)

 

  • 6月4日の誕生石と意味

オドンライト(チャレンジ精神を向上させる、肉体的な活力をもたらす)

アンモライト(繁栄・成功・幸運をもたらす、原点回帰)

 

  • 6月5日の誕生石と意味

アレキサンドライト(リーダー性を磨く、内面の成長を導く)

シトリン(貯蓄運アップ、商売繁盛)

 

  • 6月6日の誕生石と意味

トルマリン・イン・クォーツ(強烈な守護と浄化力、思わぬ幸運や財運をもたらす)

 

  • 6月7日の誕生石と意味

ピンクパール(精神力を高める、不屈の意思を高める)

 

  • 6月8日の誕生石と意味

アクアマリン(レイン状内包物入り)(意中の相手を虜にする、自己表現力アップ)

 

  • 6月9日の誕生石と意味

バロックパール(成功と幸運を引きよせる、持ち主を邪悪なものから守る)

 

  • 6月10日の誕生石と意味

クォーツ原石(潜在能力の開花、あらゆるものの浄化)

 

  • 6月11日の誕生石と意味

ホワイトラブラドライト(直感力を引き出す、マイナスエネルギーからの解放)

 

  • 6月12日の誕生石と意味

マベ・パール(疲れた心を癒す、自分の魅力を知る)

トパーズ(未来へ進む勇気を与える、持ち主のエネルギーを癒す)

 

  • 6月13日の誕生石と意味

マラヤガーネット(失った気力を取り戻す、辛い過去を乗り越える)

 

  • 6月14日の誕生石と意味

フラッグインクルージョンインエメラルド(感情を安定させる、愛情運アップ)

ペタライト(天使の波動で持ち主を包む、悩みの払拭)

 

  • 6月15日の誕生石と意味

サードオニキスのカメオ(良い友情を引き寄せる、幸せを運んでくる)

 

  • 6月16日の誕生石と意味

ブルーオパール(幸運を呼び込む、創造的なセンスを刺激する)

アパタイト(肉体と精神を繋ぐ、自己表現能力のアップ)

 

  • 6月17日の誕生石と意味

カボションカット・アメジスト(調和と調整をもたらす、隠された魅力と能力を引き出す)

 

  • 6月18日の誕生石と意味

ゴールド・ナゲット(マイナスエネルギーを防ぐ、金運アップ)

モルダバイト(宇宙からのメッセージを伝える、強いヒーリング効果)

 

  • 6月19日の誕生石と意味

サファイア(液状内包物入り)(目標を貫徹する、気持ちの空回りを防ぐ)

ダンビュライト(精神面・感情面での癒し、心の浄化)

 

  • 6月20日の誕生石と意味

グリーンフローライト(意識を高める、ネガティブ思考をポジティブ思考に変換する)

 

  • 6月21日の誕生石と意味

サーペンティン(危険や災難を回避する、死後の世界のお守り)

 

  • 6月22日の誕生石と意味

サンストーン(自信と積極性を高める、自己肯定感を高める)

 

  • 6月23日の誕生石と意味

ルビーインゾイサイト(幸福感を高める、生命力の活性化)

 

  • 6月24日の誕生石と意味

ウォーターオパール(曇った思考をクリアにする、邪念を取り払う)

 

  • 6月25日の誕生石と意味

マラカイト原石(目と心を癒す、緊張を和らげる)

 

  • 6月26日の誕生石と意味

スペサルティンガーネット(精神的な強さを育む、意思の力を高める)

 

  • 6月27日の誕生石と意味

マルチカラートルマリン(宇宙からの閃きを得る、本質を見抜く力を高める)

チューライト(持ち主の女性的魅力を引き出す、愛情運を高め良縁を運ぶ)

 

  • 6月28日の誕生石と意味

ブルージルコン(新しい環境に馴染む力を与える、劣等感を癒す)

 

  • 6月29日の誕生石と意味

ジャスパー(旅の安全を守る、肉体的な強化)

 

  • 6月30日の誕生石と意味

ウレキサイトキャッツアイ(物事の内側を見抜く、問題解決力のアップ)

モスアゲート(感情の乱れを整える、豊かな生活を実現する)

 

それでは、6月の誕生石について、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、6月の誕生石についてお話しました。

 

代表的な誕生石はパールとムーンストーンで、女性に嬉しいパワーがある石たちでしたね。

他にも、アレキサンドライトが追加されるという噂があります。

 

国や時代によっては、エメラルドやホワイトカルセドニーが挙げられます。

 

6月1日から30日の誕生日もご紹介しましたね。

ブルージルコンやグリーンフローライトなどの有名な石から、チューライトやペタライトなども日によって割り当てられていました。

 

お守りとして定番のパワーストーンと言える誕生石、ぜひ悩みや願いに合ったお守りを見つけてくださいね。

6月の誕生石へのコメントもお待ちしています^^

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*