ハウライトの意味と効果と本物の見分け方!組合せの相性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

ハウライトと呼ばれるパワーストーンの意味や効果はご存知ですか?

 

パワーストーンとしてはかなりメジャーな石のひとつで、確かな効果から人気の高いパワーストーンです。

見た目も特徴があり、魅力を感じる人が多いことも、頷ける石ですよね。

 

ブレスレット等を作る方にとっては、組み合わせの相性も気になるポイントでしょう。

 

そこで、今回はハウライトの意味や効果や相性、さらに浄化の方法についてお話していきます。

また、調べてみると、ハウライトにはかなりそっくりな石がある、という情報が見つかることも、気になる方がいるのではないでしょうか。

 

偽物問題まで含めて、今回はハウライトの魅力に迫っていきます。

ハウライトの意味と効果は?

ハウライトは、陶器のように不透明な白色が特徴的なパワーストーンです。

まずは、どんな石なのかを分かりやすくご説明しましょう。

 

ハウライトとはどんな石?

ハウライトは、ひっかき傷への抵抗の値を示すモース硬度は3.5と、ちょっと低めな数値の石です。

質感が大理石や陶器に似ているという点で、他の白色のパワーストーンとはちょっと違う印象のある石でもあります。

 

白と言っても、ただ無地の真っ白というわけではなく、黒や褐色の縞が入っているところが大きな特徴ですね。

この石のもうひとつの特徴は、石の内部が素焼きのような構造になっている、というところです。

 

このような性質のことを、「多孔質」と言います。

この性質のおかげで、この石がとても染色しやすい石であるということは、実は押さえておきたい情報です。

 

青色に染めたハウライトが、「ハウライトターコイズ」などと呼ばれ、売られていることがかなり多いためです。

 

 

ハウライトの意味と効果は浄化とヒーリング?

ハウライトの持つ多孔質という性質は、粗めの密度での濾過のような効果を発揮してくれます。

白色は、パワーストーンの世界では純粋さや無垢を意味する色で、高い浄化作用を持つ石が多いです。

 

ハウライトも、強い浄化の効果を持つヒーリングストーンのひとつとして知られています。

白は、闇や邪悪なものを跳ね返し、寄せ付けない色でもあります。

 

そのためハウライトは、長い年月をかけて降り積もった嫌悪感や、不満が原因となる自分勝手な怒りなどの感情から、持ち主を守ってくれる効果がとても高いパワーストーンです。

また、ハウライトの持つ柔らかさという特性は、鎮静効果と柔軟さを与える効果も持つことにもつながっています。

 

気持ちを清らかにし、心身をリセットさせて、深い安らぎをもたらしてくれるんですね。

さらに、安らぎとリセットによってゆとりが生まれることで、物事に柔軟に対応する力も湧いてきます。

 

ハウライトが鎮めてくれるネガティブな感情は、他人から自分に向けられるものだけではないところも、魅力的な効果のひとつです。

自分が他人に向けてしまうネガティブな気持ちも、ハウライトの効果で押さえることができます。

 

自分が発するものも、受け取るものも、悪いものを寄せ付けず跳ね返すパワーのおかげで、円滑な人間関係を築くことも可能です。

怒りを解消し、心を落ち着ける効果に優れているということは、大きな魅力と言えますね。

 

ハウライトは、優しく、しかし力強く、怒りをやわらげ心を清らかにする、という効果を持っていることがわかりましたね。

見た目も個性的で、柔らかさを感じさせる白色も、とても魅力がある石です。

 

しかし、調べてみるとハウライトには「偽物」問題が持ち上がっていることが、よくわかる石でもあります。

これには、実はちょっと理由があるのです。

 

どういう理由があるのか、次で詳しくお話していきますね。

 

関連記事

 

ハウライトの本物の見分け方!偽物が多いって本当?

ハウライトには、「影武者」とまで言われるほどのそっくりさんが存在しています。

ハウライトの影武者?「マグネサイト」

時代劇などで、よく耳にする言葉ですよね、「影武者」。

「事情を知っている人でなければ、見分けることのできないそっくりさん」といった意味合いの言葉、というイメージをお持ちの方が、多いことでしょう。

 

なんとハウライトには、まさしくこの「影武者」と言って差し支えないほどそっくりな石が存在しているんです。

その名前は、「マグネサイト」と言います。

 

色も白色で、多孔質という特性があり、見た目もそっくり、さらにはモース硬度までほぼ同じなんですね。

まさに、「影武者」です。

 

現在、ハウライトとして流通している石のほとんどが、実はこのマグネサイトだという事情があります。

 

 

本物のハウライトは稀少?

なぜ、マグネサイトがハウライトとして流通するようになったのでしょう?

これは実は、本物のハウライトがとても稀少な石になってしまったために、起きたことでした。

 

硬度が低く、加工のしやすいハウライトは、彫刻に多く用いられてきた、という歴史があります。

彫刻のような大きなものに多く使われてしまったということは、それだけたくさん石が消費された、ということですよね。

 

パワーストーンは天然の石であり、天然の資源には限りがあります。

こうして本物のハウライトは、現在ではとても稀少なものになってしまいました。

 

そこで、ハウライトによく似たマグネサイトが、ハウライトとして流通するようになってしまったのです。

これは、偽物云々の問題ではなく、現在の市場がそのようになっている、ということなんですね。

 

ハウライトの本物の見分け方は?

ハウライトとマグネサイトを、素人が見分けることは不可能です。

見た目もモース硬度もそっくりで、多孔質という性質まで同じなのですから、お手上げですよね。

 

もっと言ってしまえば、本物のハウライトは稀少すぎて、目にする機会はほとんどない、とまで言われています。

本物と比較しなければ、違いを判断することは素人にはできないですよね。

 

専門の機材などを使って、きちんと判断できるプロでなければ、ハウライトとマグネサイトを見分けることはできないということを、覚えておきましょう。

偽物に関して、複雑な事情をハウライトは抱えているんですね。

マグネサイトの効果についてですが、ハウライトとほぼ同様の効果のある石なので、その点は安心できると言えるでしょう。

 

そんなハウライトですが、パワーストーンとしては安価な部類に入ることや、見た目と効果の特徴から、ブレスレットなどを作る際にも人気です。

そうなると気になるのが、他の石との相性ですよね。

ハウライトは、どのような石と相性が良いのでしょうか?

 

関連記事

 

ハウライトの相性!組合わせが良い石の相乗効果とは?

ハウライトと相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【ハウライト×マラカイト】

ハウライトとマラカイトは、ストレス解消の効果を高める組み合わせです。

どちらも不透明な石同士で、柔らかな浄化の力を増幅し合います。

 

強いプレッシャーや、胃の辺りに重さを感じさせるようなストレスを緩和し、浄化してくれます。

 

【ハウライト×レッドジャスパー】

レッドジャスパーとは、肉体疲労に由来するストレスに効果のある組み合わせです。

スポーツなどでたまった肉体疲労からくるストレスを、解消する効果を持ちます。

 

行動力や瞬発力が必要なときや、生活を変えて新たなチャレンジをしたいときなど、思い切りが必要な場面で特に効果的です。

 

【ハウライト×レピドライト】

レピドライトとの組合せは、細やかな浄化作用を持つようになると言われています。

どちらも温かみのある浄化作用を持つ石であるため、ネガティブな意識や被害妄想を優しく浄化してくれます。

 

また、「柔よく剛を制す」の力が必要なときにも、効果を発揮してくれます。

 

【ハウライト×ブラッドストーン】

ハウライトとブラッドストーンは、生命力を強化する組み合わせです。

聖なる石と呼ばれるブラッドストーンが、ハウライトの浄化作用を強力に高めてくれます。

 

低下した生命力を高めるだけでなく、悪霊を祓う守護効果も持つようになる組み合わせです。

 

【ハウライト×ラブラドライト】

ラブラドライトと組み合わせると、精神を光の方向へと導いてくれると言われています。

袋小路に陥った際に、逃げ場を確保してくれる効果を持ちます。

 

また、悪霊払いにも効果があるので、心霊スポットを訪れるときや墓地や葬儀へ赴く際などの、霊的なお守りとしても作用してくれます。

 

ご紹介した石はどれも、ハウライトの浄化作用を高めてくれる組み合わせの相性だということがわかりますね。

さまざまな要因でストレスをためやすい現代人にとって、ハウライトの効果を取り入れることはとても有用だと言えます。

 

しかし、使って使いっぱなしでは、パワーストーンは疲れてしまいます。

持ち主を助けてくれたパワーストーンは、「浄化」という作業で癒してあげなくてはなりません。

 

ハウライトは、どういった方法で浄化するのが適していると思いますか?

次は、ハウライトの浄化の仕方について、お話していきます。

 

関連記事

 

ハウライトの浄化!適した方法はどれ?

ハウライトを浄化する際には、「多孔質」という性質を持った石であることを、意識すると良いです。

ハウライトの浄化は染まりやすい性質に注意

多孔質とは、字を見ればわかるように「たくさんの小さな穴があいている」という状態を指す言葉です。

ハウライトはこの多孔質という性質があるために、色を染めやすい石であるということは、お話しましたよね。

 

この性質は、浄化の際にも気を付けておきたいポイントになります。

なぜなら、水や日光を用いた浄化だと、変色してしまいやすいという弱点になっているためです。

 

ハウライトは、流水や日光浴での浄化は、行わないようにしましょう。

 

ハウライトの浄化は「月光浴」と「セージ」が適している?

それでは、ハウライトはどのような方法で浄化することが適しているのでしょう?

偏食の恐れのない方法であれば、どんなやり方でも基本的には問題は生じません。

 

しかし、浄化作用が高く、また手軽に行える方法はというと、やはり「月光浴」と「セージ」になります。

月光浴は、満月の夜に月の光にパワーストーンを当てておく方法です。

 

セージは、ホワイトセージというハーブを乾燥させた葉に火をつけ、その煙にくぐらせる方法です。

ホワイトセージの葉は、浄化グッズとしてストーンショップなどで取り扱われていることが多いものです。

 

見つけることはそれほど難しいものではないので、用意しておくことをオススメします。

ハウライトは、高いヒーリング効果を持っているパワーストーンであるため、石が疲れてしまう頻度も高めです。

効果が落ちているかな?と感じたら、こまめに浄化を行ってあげるようにしましょう。

 

それでは、ハウライトについてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう

 

関連記事

 

まとめ

今回は、ハウライトについてのお話でした。

 

ハウライトは、「多孔質」という特徴的な性質を持った柔らかな石。

効果は、柔らかさから連想される癒しのパワーや心を鎮静させる力を持っています。

 

しかし本物のハウライトは稀少。

「マグネサイト」と呼ばれるそっくりさんがハウライトとして流通しているということもお伝えしましたね。

相性がいい組み合わせは、以下の通り。

  • 【ハウライト×マラカイト】
  • 【ハウライト×レッドジャスパー】
  • 【ハウライト×レピドライト】
  • 【ハウライト×ブラッドストーン】
  • 【ハウライト×ラブラドライト】

 

それぞれの魅力的な相乗効果も、分かりましたね。

ヒーリング効果か高いため、浄化もこまめにする必要があること、月光浴やセージによる浄化が適しています。

 

ハウライトの高いヒーリング効果によって、ぜひあなたも心から癒されてくださいね。

 

おすすめ記事

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*