シーブルーカルセドニー効果!着色なの?相性の良い組合せは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

海の青色が人気のパワーストーン、シーブルーカルセドニーの持つ意味や効果は知っていますか?

この石は、最近とても注目されています。

・・・というのは、実は現代の日本人なら誰もが抱えがちな悩みに関するパワーを持っているからなんですよ。

 

しかし、名前を調べてみると「着色された石」として紹介されていることも、多く目にしますよね。

加工がされているのに人気なのは、どういった理由があるからなのでしょうか?

 

また、パワーストーンは組み合わせによって、相乗効果を発揮してくれることで知られています。

シーブルーカルセドニーは、どのような石と相性が良いのでしょうか?

 

今回は、そんなシーブルーカルセドニーについてのお話です。

実際に効果を体験したというお話も、合わせてご紹介していきますね。

シーブルーカルセドニーの効果と意味は?

カルセドニー自体の歴史は古く、古代ローマ時代にはすでに、月の女神に捧げる石として知られてきました。

 

シーブルーカルセドニーとはどんな石?

和名で「玉髄」と呼ばれるカルセドニー。

シーブルーカルセドニーとは、その中でも、特に「海のように美しい、透明感ある爽やかな青色をしたもの」を指した名前です。

 

カルセドニー自体は、瑪瑙とよく似た成分の石としても知られ、古くからパワーストーンとして各地で親しまれてきました。

ただ、「シーブルーカルセドニー」という石が注目されるようになったのは、2000年に入ってからのことになります。

 

では、続けて意味と効果を見て行きましょう。

 

シーブルーカルセドニー効果は?

シーブルカルセドニーの効果として、思いやりの心を豊かにする力を持つと言われれています。

ヨーロッパでは、夜に出現する悪い精霊などを追い払い、悲しみを消すパワーストーンとして古くから知られてきました。

 

良い人間関係を築き、コミュニケーション能力を高め、人と人とが関わり合う際のトラブルを防いでくれるというパワーもあります。

なので、現代社会では注目する人が多いのも頷けますね。

 

また、持ち主のネガティブな考えを取り去り、肉体と精神を調和させてリラックスさせる効果も持つとされています。

ヒーリング効果もあるため、人間関係に疲れた人への癒し効果が高い点も、人気の理由のひとつなんですね。

 

現代社会に疲れた人を癒し、疲れの原因になりやすい人間関係をも円滑にしてくれる。

まさに、シーブルカルセドニーは、現代の日本人にうってつけなパワーストーンであることがわかりますね。

 

しかし、シーブルーカルセドニーの青色は、実は天然のものではありません。

「えっ?じゃあ偽物の石なの?」

と思ってしまいがちですが、シーブルーカルセドニーはきちんと半貴石として認められているパワーストーンです。

 

次は、このあたりの事情を詳しく、見ていきましょう。

 

関連記事

 

シーブルーカルセド二ーは着色?天然は存在しないの?

シーブルーカルセドニーは、天然のカルセドニーを着色することで誕生した石です。

しかし、その価値はきちんと認められているので安心してくださいね。

 

じゃあ、なぜ、着色された石なのに、シーブルーカルセドニーの価値は認められているのでしょう?

それは、「ドイツの宝石技術者によって生み出された、特殊な方法で染色されているから」です。

 

そもそも、石本来の色とは違う色に染められたものが、どうして問題になるのでしょうか?

答えはカンタン。

色落ちしたり、退色したりする可能性があるからです。

 

例えば、「ハウライトトルコ」とか「ハウライトターコイズ」という名前で売られている、鮮やかな青色のパワーストーンを見たことはありませんか?

あれは、実は白い「ハウライト」という石を青く染めたものであり、色落ちの危険性があるということで知られているというのは有名な話です。

この例からもわかるように、着色した石はその美しい色を長く保つことが難しいケースが多い。

そのため、敬遠されたり、価値が下がったりするんですね。

 

しかし、シーブルーカルセドニーはこれらの着色とは少々事情が異なります。

というのも、着色加工された石であるにも関わらず、シーブルーカルセドニーは退色しないことで知られる石なんです。

 

カルセドニーは、アメリカやブラジル、中国、ナミビアなどの世界各地で産出します。

ですが、シーブルーカルセドニーの着色加工はすべてドイツで行われます。

 

しかも、この着色方法については詳細が公開されておらず、どうやってこの美しい海の青色をつけているのかは、技術者以外誰も知りません。

いわば「有名店の、門外不出・撮影禁止の伝統のタレ」みたいな技術の結晶なんですね。

 

裏を返せば、ドイツで着色加工がされたシーブルーカルセドニーであれば、品質としては間違いなく、退色を恐れずに美しい青色を楽しむことができると言えます。

 

しかし、青色のカルセドニーがすべて人工のもの、というわけではありません。

 

多くは白色のものが産出するカルセドニーですが、グレーがかった淡い青色の「ブルーカルセドニー」も、産出することがあります。

こちらは着色ではなく、天然の青色なのですが、色の鮮やかさや爽やかさはシーブルーカルセドニーと全く異なります。

 

パワーストーンは、色によって効果が左右されますよね。

なので、シーブルーカルセドニーを選ぶ際には、天然のブルーカルセドニーと間違えてしまわないよう、注意することが大切ですね。

 

ちなみに、カルセドニーは長い歴史を持つ石なので、色によって異なる名前がついています。

  • 赤や橙色をしたもの・・・「カーネリアン」
  • アップルグリーン色・・・「クリソプレーズ」

どちらもパワーストーンとして人気の高い石です。

 

着色された石でありながら、価値を認められているシーブルーカルセドニー、人気の裏にはちゃんと理由があることがわかりましたね。

 

では、そんなシーブルーカルセドニーと相性が良い石は、どのようなものがあるでしょうか?

続いては、他の石との相乗効果についても、詳しくお話していきます。

 

関連記事

 

シーブルーカルセドニーの相性!相乗効果の高い組合せは?

シーブリーカルセドニーと相性が良いのは、次の5種類の石です。

 

【シーブルーカルセドニー×ブルーレースアゲート】

ブルーレースアゲートとは、人間関係を円滑にする効果を高める組み合わせです。

どちらも瑪瑙の仲間であり、心を安らげコミュニケーション力を高める効果を持つ石同士でもあります。

そのため、お互いに調和しあい、お互いの持つパワーを増幅しあいます。

 

【シーブルーカルセドニー×プレナイト】

緊張をほぐす効果を持ったプレナイトと組み合わせることで、人間関係の緊張を和らげ、安定した人間関係や相互に思いやりを持つ気持ちを育んでくれます。

コンプレックスを抱えた人を癒す効果も期待できます。

 

【シーブルーカルセドニー×アクアマリン】

アクアマリンとの組み合わせは、海に関わりを持つ名前を持った石同士と言えますね。

効果もとてもよく似ています。

人間関係によるストレスの緩和や、苦手な相手とのコミュニケーションを助ける効果を増幅してくれます。

また、アクアマリンは「夫婦の愛」を育む効果も持っているため、特に恋人同士の仲を取り持つ効果も期待できます。

 

【シーブルーカルセドニー×ラピスラズリ】

ラピスラズリとの組み合わせは、邪気を払い、強いお守り効果を持たせてくれます。

ラピスラズリは「持ち主にとって必要な試練は、敢えて運んでくる」という側面を持つパワーストーンですが、シーブルーカルセドニーの力でこの作用を中和することが期待できます。

 

【シーブルーカルセドニー×ラリマー】

世界三大ヒーリングストーンのひとつ、ラリマーと組み合わせることで、癒し効果アップを期待できます。

シーブルーカルセドニーの持つ癒しのパワーと、ラリマーが持つ癒しのパワーが相乗効果を発揮してくれます。

 

いかがでしょうか?

シーブルーカルセドニーは、癒す効果を倍増させる組み合わせが、相性がよいということがわかりますね。

シーブルーカルセドニーと同じ、海に関連する名前や特徴を持つ石と相性がよいことも、興味深いです。

 

では、実際にシーブルーカルセドニーを身に着けたことで、どのような人がどういった体験をしているのでしょうか?

みなさん、いろいろな体験をされていますよ^^

次は、体験談のご紹介です。

 

関連記事

 

シーブルーカルセドニーの効果あった?体験談を3つご紹介します

シーブルーカルセドニーの効果を実感した、という体験談をご紹介しますね。

【体験談1:職場の人間関係が改善されました】(20代女性)

以前から、職場の上司と今一つ息が合わないというか、何かうまくかみ合わないと感じることが多くありました。

 

同僚たちに関しても同じような感じで、職場の中で私がポツンと浮いているというか、周りと足並みがそろっていないようなもどかしい感覚をずっと抱えていました。

気持ちだけでも爽やかになりたくて、シーブルーカルセドニーのアクセサリーを購入してみることにしました。

 

人間関係に効果アリというお店の人の話も聞いていたので、ものは試しだと思い、まあ気分が上がればそれで十分だと最初は思っていました。

しかし、シーブルーカルセドニーをつけるようになってから、周囲とかみ合わないと感じていた原因が、自分のコミュニケーション不足にあったことがわかるようなできごとが、次々に起きました。

 

今ではすっかり、人間関係は改善されて、働きやすくなっています。

【体験談2:恋のアタックが成功しました!】(30代女性)

生まれて初めて、「この人、何だかいいな!」と思える男性と出会えたときのことです。

 

それまでずっと、恋愛そのものにあまり興味がなかったため、さて気になる異性が現れたところでどうアプローチしたらいいのか、まるでわかりませんでした。

友人に相談したところ、「それならパワーストーンをお守りに持つところから始めてはどうか」と言われ、いろいろなパワーストーンを紹介されました。

 

しかし、ピンク系の石はどれも可愛らしすぎて、どうも性に合わない……と悩んでいたところ、鮮やかなブルーが綺麗なシーブルーカルセドニーと出会いました。

 

最初は「パワーストーンなんてねえ」と思っていたのですが、気になっていた男性とごく普通の社交辞令や挨拶を交わす機会に恵まれたり、個人的なやりとりをするチャンスが巡ってきたりと、確かに効果はありました。

話をする際にも、自分でもびっくりするくらいコミュニケーションがスムーズにできたと感じます。

 

おかげでその男性とは、晴れてお付き合いをすることができました。

シーブルーカルセドニーは、私の大切なお守りです。

【体験談3:意地っ張りが治りました】(40代女性)

若いころから気が強く、主人と言い合いになったときなどは「何が何でも言い負かしてやる!」という気持ちになることばかりでした。

 

そんな主人から、「これを身に着けて、優しさと思いやりを覚えた方がいい」と言われ、渡されたのがシーブルーカルセドニーのブレスレットでした。

もともと青系は好きでしたし、主人がそんな冗談を言って渡してきたことを面白く思い、愛用するようになりました。

 

主人の言葉が冗談ではなかったことに、気が付くまでに時間はかかりませんでした。

ブレスレットを身に着けていると、おおらかになると言いますか、カリカリイライラして攻撃的になることが明らかに減ったと感じます。

 

これまで喧嘩をしたときは、相手が謝らないと気が済まなかったのが、自分に非があるときはそれを素直に認め、謝ることもできるようになりました。

主人と、シーブルーカルセドニーには、深く感謝しています。

みなさん、効果をしっかり実感する体験をされていますね。

あとは、あなたが実際に身に着けて実体験することが一番大切です。

 

それでは、シーブルーカルセドニーについて、いろいろとお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、シーブルーカルセドニーについてお話しました。

 

長い歴史を持つカルセドニーの中で、海のような澄んだ美しい青色のものがシーブルーカルセドニーです。

効果は、特に人間関係を円滑にしてくれ、癒し効果もある石でしたね。

 

この美しい色は着色加工によるもの。

ですが、高い技術に支えられ、価値を認められたものがシーブルーカルセドニーとなります。

 

相性の良い組み合わせは、以下の5つ。

  • シーブルーカルセドニー × ブルーレースアゲート
  • シーブルーカルセドニー × プレナイト
  • シーブルーカルセドニー × アクアマリン
  • シーブルーカルセドニー × ラピスラズリ
  • シーブルーカルセドニー × ラリマー

 

それぞれの相乗効果についても、お話しました。

体験談からも、シーブルーカルセドニーの効果はしっかりと感じ取れましたね。

 

あなたも、シーブルーカルセドニーのパワーや魅力を活用して、毎日ウキウキワクワク過ごしてくださいね。

体験や質問があれば、コメント欄にぜひ書き込んでくださいね^^

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*