ブルータイガーアイ意味と効果と相性!体験談は?偽物あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

ブルータイガーアイというパワーストーンの意味や効果はご存知ですか?

 

「タイガーアイなら知っているけれど、ブルーってことは青いの?」という疑問を、持った方もいることでしょう。

 

色が違うと、意味や効果にも違いが生じますし、効果が違えば他の石との相性に関しても、違うのかどうかが気になりませんか?

 

今回は、そんなブルータイガーアイについて、意味と効果、組み合わせの相性や体験談について、お話していきます。

気になる偽物に関する情報もお届けしますので、ぜひ楽しみにお読み下さい。

ブルータイガーアイの意味と効果は?

ブルータイガーアイは、和名で「青虎目石」と呼ばれるパワーストーンです。

意味や効果のお話をする前に、まずはこの石がどのような石なのかについて、お話していきますね。

 

ブルータイガーアイとはどんな石?

ブルータイガーアイは、名前からわかるように青色をしたタイガーアイのことです。

「角閃石(かくせんせき)」と呼ばれる石の一種。
で、クロシドライトという鉱物に石英が染みこんで変色することで、タイガーアイになります。

 

ブルータイガーアイは、こうして変色したクロシドライトの中の、鉄分などの成分が酸化していないため、美しい青色をしているのです。

ちなみに、クロシドライトの中の成分が酸化していると、通常のタイガーアイになるんですよ。

 

この色の違いから、ブルータイガーアイは「ホークスアイ(またはホークアイ)」の異名を持ち、鷹目石(たかめいし)という和名もあります。

 

同じ石が、色合いによって違う名前で呼ばれる例は、ベリルの仲間のエメラルドやアクアマリンと同様で、知る楽しみがありますね。

 

石そのものはタイガーアイと同じ。
なので、モース硬度は7あり、安心して取り扱えるパワーストーンのひとつです。

また、繊維状の鉱物が含まれているため、「シャトヤンシー」または「キャッツアイ効果」と呼ばれる特徴的な光が見られることも魅力です。

 

この光の効果が目のように見えることが、タイガーアイの名前の由来になったんですね。

 

しかし、パワーストーンの効果として見た場合、ブルータイガーアイは普通のタイガーアイとは違う性質を見せてくれます。

どんな点に違いがあるのでしょうか?

詳しく見て行きましょう。

 

ブルータイガーアイの意味と効果は、獲物を狙う鷹の目のよう?

神秘的なキャッツアイ効果が見られることから、ブルータイガーアイは「心眼を開く石」とされてきました。

持ち主に深い洞察力をもたらし、獲物を狙う動物のような冷静さを与える効果があると言われています。

 

また、別名がホークスアイであることから、はるか天空から見下ろす視点を得られるとも言われています。

虎も鷹も、野生では驚異的な捕食者の立場ですが、毎日呑気に過ごしているわけではありませんよね。

 

獲物を探し、鋭い観察力で見つけ、冷静に狩りの機会を待ち、チャンスがきたら即行動する決断力が要求されます。

このような力を持ち主に与えるのが、ブルータイガーアイの効果の特徴と言われています。

 

鋭い観察力が身につくことで、人間は物事の本質や、自分の長所・短所に気づくことができます。

また、物事をより広い視野で見通せるようになることで、洞察力が鍛えられます。

 

こうした情報から総合的に決断を下す、判断力や決断力も、必然的に備わってきますよね。

まさしく、野生を生き抜く動物が備える力を、人間に当てはめて与える効果がある、というわけです。

 

さらに、パワーストーンの世界では、色も重要な意味を持ちます。

青色は冷静さや思考能力を高める要素を象徴し、黒色は強力な魔除けを意味します。

 

この両方の色が見られるブルータイガーアイは、思考する力を高める作用と、邪気を祓いマイナスエネルギーを跳ね返す作用も持っています。

古くから護符として愛用されてきた石ですが、現代を生きる人にとっても、見逃せない効果を備えている石だと言えますね。

 

荒野を生きる狩人のような力を、持ち主に与えてくれることが分かりましたね。

しかし、「タイガーアイとだいぶ効果が違うね、相性のいい石も、もしかして違うの?」というところは、気になるポイントですね。

 

そこで続いては、ブルータイガーアイと相性の良い組み合わせについて、お話していきます。

気になる相乗効果についても、ばっちりご紹介していきますね。

 

関連記事

 

ブルータイガーアイの相性!組合わせが良い石の相乗効果は?

相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【ブルータイガーアイ×アマゾナイト】

ブルータイガーアイとアマゾナイトは、冷静さをもたらす効果が高まる組み合わせです。

物事を客観視する力が補強され、第三者の立場に立ってものを見られるようになります。

 

一歩離れた視点から自分を見つめ直したいときに最適で、手紙やメールなどを見直すときにも効果があります。

 

【ブルータイガーアイ×ラリマー】

ラリマーとは、グローバルな視点を与えてくれる組み合わせです。

海と空の広い視点からものを見つめる姿勢を、持ち主に教えてくれます。

 

視野が広がる効果が高まるので、世界を舞台に活躍する人にオススメです。

 

【ブルータイガーアイ×ブラッドストーン】

ブラッドストーンと組合わせると、仕事運を大幅に高めてくれると言われています。

闘争心と寛容さを同時に高める作用に優れ、目標に効率よく向かえるよう後押ししてくれます。

 

持ち主に積極的に行動するようはたらきかけ、前進することができるように支えてくれます。

 

【ブルータイガーアイ×ヘマタイト】

ブルータイガーアイとヘマタイトは、困難を乗り越える力を与える組み合わせです。

人生の様々な場面における「勝負」に対して、強気で取り組んでいけるよう持ち主をサポートしてくれます。

 

また、危険や邪気を回避するお守りとしての効果も高くなります。

 

【ブルータイガーアイ×アイオライト】

アイオライトとの組み合わせは、正しい方向へ向かう手助けをしてくれるとされています。

プレッシャーを和らげ、迷いや不安を取り去ることで、物事の本質が見えるようにしてくれます。

 

広い視野を持って、自分が見出した未来へ向かうことができるようサポートしてくれます。

 

どれも魅力的な相乗効果を持つことがわかりましたね。

 

しかし、石や効果や相性の話ばかりされても、なんだか実感として伝わらないと感じる方もいるかもしれません。

 

そこで続いては、ブルータイガーアイを、実際身に付けて効果を実感した方々の体験談をお届けします。

どんな方が、どのような体験をしているのでしょうか?

気になりますね^^

 

関連記事

 

ブルータイガーアイの効果があった?体験談を3つご紹介!

それでは、ブルータイガーアイの体験談です。

【体験談1:冷静さをプラス】(30代男性)

金運アップのパワーストーンを、好んで身に付けています。

ゴールドルチルやシトリンなどもいいのですが、やはりテンションが上がるのはタイガーアイですね。

 

しかし、普通のイエロータイガーアイはどうも相性が良すぎるらしく、勢いに乗るのを通り越して調子に乗ってしまいます。

せっかく呼び込んだ金運が、相殺されているように感じました。

 

そこで、イエローではなくブルーのタイガーアイにしたところ、調子に乗りやすくなるのが改善されました。

具体的に言うと、入った収入を景気よくバンバン使い過ぎるのではなく、きちんと計画を立てて使えるようになりました。

 

金運の感覚としては変化がないように感じるので、パワーストーンの相性もいろいろあるのだなと思っています。

【体験談2:野生の勘!!】(30代女性)

方向音痴です。

それはもうひどいもので、地図も読めないし、出先で迷子は当たり前です。

 

ナビなどのシステムを頼ろうにも、それを使ってすら迷子になるという、自分でもヤバいと思うレベルで方向音痴です。

これはもうどうしようもないよねえ、と笑いのネタにしたところ、「パワーストーンでどうにかしろ」と真顔で言われました。

 

そんな真顔で言うほどのこと?と思ったのですが、ブルータイガーアイという石が方向音痴に効果アリと聞いて、興味が湧きました。

色も渋くてかっこよく、個人的にかなり好みです。

 

しかも身に付けたら、多少ですが方向音痴が改善されました。

別名「ホークスアイ」で、野生動物の勘や洞察力が身につく石だとあとで知りました。

 

つまり私は、道に迷わない野生の勘を強化されたということなのでしょうね。

迷子になる率が減ったので、野生でもなんでも構わないと思っています。

【体験談3:ちゃんと見ているぞ】(40代女性)

運気と感情のアップダウンに悩まされていました。

ある程度の期間の中で、変化が起きるのであってもキツいのに、一日の中で起伏が激しく変動するという感じで、へとへとに疲れていました。

 

優しいお守りというよりも、お守り兼強さを引き出す、みたいな石が欲しいと思い、見つけたのがブルータイガーアイでした。

魔除けと冷静さに加えて、野生の猛獣の強さを与えるイメージで、これだ!と感じました。

 

実際身に付けてみると、些細なことで動じない落ち着きを取り戻すことができました。

それだけでなく、上から見下ろすような感じで、自分の身の回りを見ることもできるようになりました。

 

守られているというか、「ちゃんと見ているぞ」という感覚に、包まれているように思います。

うっかりミスやイライラも減り、物事にきちんと取り組めるようになりました。

みなさん、ブルータイガーアイのパワーをばっちり感じていましたね。

このように、さまざまな体験談が聞かれるのがブルータイガーアイなのです。

 

しかし、ブルータイガーアイの気になる点としては「偽物」が流通しているという噂があります。

せっかく効果に魅力を感じても、偽物と聞いてしまうと気になってしまいますよね。

 

そこで続いては、ブルータイガーアイの偽物情報について、詳しく見ていきましょう。

どんなものがあり、見分ける方法はあるのでしょうか。

 

関連記事

 

ブルータイガーアイに偽物がある?見分け方は?

ブルータイガーアイには、偽物の噂と紛らわしい名前の問題の両方があります。

現状をきちんと把握することで、防げるトラブルも多くありますから、きちんと知識をつけておきましょう。

 

ブルータイガーアイの偽物?色が変わると動物が変わる

まず、ごちゃっとしがちな「天然のタイガーアイ各種」のお話から、整理していきましょう。

 

ホークスアイ(またはホークアイ)と呼ばれる、黒みがかった深い青色の虎目石が「ブルータイガーアイ」です。

このブルータイガーアイが、自然に酸化することで、通常の黄色いタイガーアイになります。

 

このほかに、天然のタイガーアイで色違いの仲間としては、灰色の「イーグルアイ(グレータイガーアイ)」。
緑色がかった「ウルフアイ(グリーンタイガーアイ)」があります。

 

色が変わることで、何の動物の目にたとえられるのかが違ってくるんですね。

 

これらはすべて天然の石であり、人の手が加わる可能性があるとすれば、加熱などの石の価値を損ねない処理がされている程度です。

「名前がよく似ているからニセモノ!」とはならないので、気をつけておきたいところですね。

 

・・・となると、やはり気になるのは「染める」という考え方でしょう。

 

ブルータイガーアイの偽物!染めが流通している点に注意

「なーんだあ、タイガーアイって、いろいろな色の仲間がいるんだねえ」
と安心してしまった方、ちょっと待ってください。

 

確かに、各種カラーバリエーションが存在するのがタイガーアイです。

しかし、天然の色ではなく、人工的に着色された「染めもの」が出回っていることも注意する必要があります。

 

ブルータイガーアイ、またはホークスアイでネット検索してみると、渋く上品な深い紺色に、青みがかった光の筋が入った石が見つかりますよね。

それとは別に、ビックリするくらい鮮やかな青色のタイガーアイの画像や写真も、見つけることができます。

 

実はこの、ビックリするくらい鮮やかな青色をした「ブルータイガーアイ」が、「染めもの」のブルータイガーアイなんです。

・・・とは言え、

「マリンブルータイガーアイ」
「グリーンブルータイガーアイ」
「ブルータイガーアイ(染め)」

などの名前で流通している場合が多いです。

 

天然のブルータイガーアイと間違える危険性は低いと言えますから、それほど神経質にならなくてもいいでしょう。

 

また、染められているタイガーアイには、鮮やかな、いわゆるセルリアンブルーと呼べる色以外にも、ピンクや鮮やかな緑などの色のものもあります。

 

ですが、染めであることを知った上でこれらを選ぶのであれば、別に何も問題はありませんから、誤解しないようにしましょう。

染めは染めで、ポップでかわいらしいという良い点もあるのです。

 

ただし、パワーストーンとしての効果を求めている場合に、これらの染めものをつかまされてしまうのは、ちょっと困りますよね。

じゃあ、どうすれば良いのでしょうか?

 

見分け方に困ったらプロの手を借りよう

では、染められているブルータイガーアイと、天然のブルータイガーアイを見分ける方法をお伝えします。

 

まず、本物の天然ブルータイガーアイの色を知っている方であれば、染めとの違いは一目瞭然と言えるくらいはっきりしています。

そのくらい、染められたブルータイガーアイは、不自然に鮮やかな色合いをしているんですね。

 

しかし、

本物を見たことがないので見比べられない人、よくわからない人は、本物そっくりに染められているものが出て来たら、もうお手上げです。

 

なので、疑わしいな、不安だな、というときには、やはりプロを頼るようにしましょう。

 

宝石の鑑別を行ってくれる人や機関はもちろん、信頼できるストーンショップの店員さんに、きちんと話を聞くのも十分有効な手段です。

別な言い方をするのであれば、出品者の素性がわかりにくいオークションやフリマサイトなどは注意した方がいい、ということになります。

 

なお、鑑別書を取得すると、宝石名がブルータイガーアイではなく「ホークス・アイ」と記載される機関もあります。

ですが、何度か説明している通り、天然のブルータイガーアイの別名が「ホークスアイ」ですので、びっくりしないでくださいね^^

 

それでは、ブルータイガーアイについてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、ブルータイガーアイについてお伝えしました。

ブルータイガーアイは、別名でホークスアイとも呼ばれます。

 

石の効果としては、鷹のように上空から見下ろす視点と、冷静さや判断力を養うとされています。

相性が良い組み合わせは、以下の通り。

  • 【ブルータイガーアイ×アマゾナイト】
  • 【ブルータイガーアイ×ラリマー】
  • 【ブルータイガーアイ×ブラッドストーン】
  • 【ブルータイガーアイ×ヘマタイト】
  • 【ブルータイガーアイ×アイオライト】

 

それぞれの相乗効果についても、お話しましたね。

3人の体験談からも、ブルータイガーアイのパワーのすごさを、感じていただけたことと思います。

 

偽物に関しては、色が違うことで名前が異なる仲間があり、染めものも出回っています。

そのため、見極める際にはプロを頼るのが最善です。

 

ブルータイガーアイの魅力を最大限に活用して、あなたもステキな幸運を引き寄せてくださいね!

ブルータイガーアイでこんな体験したよ~というのがあれば、ぜひコメントしてくださいね^^

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*