結婚線の見方!年齢や結婚回数が分かる?男女や左右の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

あなたは、結婚線の見方ってご存知でしょうか?

 

自分が結婚できる年齢って、誰でも一度は気になったことがあると思います。

中には「気になって気になって仕方がない!」・・・と言う方もいらっしゃるでしょう^^

 

実は、手相の結婚線をチェックすれば、自分の結婚時期は分かります。

それだけでなく、結婚線を見れば一生のうちに結婚する回数や、結婚生活の質についても分かるんですよ。

 

今回は、結婚線の見方を解説しながら、結婚する年齢や回数、左右の手の違い、男女の違いなどについてお伝えします!

結婚線の見方!結婚する年齢はどうやって占うの?

まず、最初の結婚線の見方として、自分が結婚する年齢って知りたいと思いませんか?

自分が何歳で結婚するのかは、結婚線を見ればすぐに分かりますよ。

 

では、結婚年齢を占う「結婚線」についてご説明しましょう。

 

結婚線とは、小指の側の側面に、横向きに入っている線のことです。

この結婚線の始点の方に注目し、手の側面のどこに位置しているかで、おおよその結婚年齢を占うことができます。

 

まず、小指の付け根と感情線の範囲に注目してください。

感情線とは、小指の端から横向きに長く伸びる線のことです。

 

年齢の目安の「感情線」と、小指の付け根の中間が30歳の地点とされています。

  • 感情線と30歳の目安のポイントの中間が、20歳
  • 30歳のポイントの目安と小指の付け根の中間が、40歳
  • 小指の付け根が、50歳

とされています。

 

結婚線がこれらの年齢の目安の地点のどこに位置しているかで、結婚年齢がわかるというわけです。

 

中には結婚線が複数あるという人もいますよね。

その場合は、一番濃くて長い結婚線を見てくださいね。

 

全部同じくらい濃くて長いという場合は、結婚に発展するチャンスが本数の数だけあるとされています。

私の叔母は晩婚で、30を過ぎてから結婚しましたが、手相を見てみるとその位置に結婚線がありました。

 

自分の結婚時期が気になっている人は参考にしてみると良いかもしれませんよ。

 

ところで、一生のうちで複数結婚を経験する人も今は少なくないですよね。

実は、結婚線を見れば、結婚する回数もわかってしまいます。

 

自分の場合はどうなるのか気になりますよね。

では、続けてご説明しましょう。

 

関連記事

 

結婚線の見方!結婚する回数も分かるって本当?

ひょっとしたら、自分は人生の中で何回も結婚するかもしれないなんて考えたことはありませんか?

自分が一生のうちで結婚する回数が気になる方は、ぜひ結婚線の本数をチェックしてみて下さい。

 

濃くはっきりした線が何本もある人は、本数の数だけ結婚につながる恋愛をするとされています。

・・・ということは、何本も濃い結婚線がある場合は、結婚と離婚を何度も繰り返す人生になると心配する方もいるかもしれませんね。

 

でも、安心してください^^

何回も結婚すると確定したわけではなく、複数の良い恋愛をしたのち、結婚に至るという場合もあるんですよ。

 

私の昔の職場の先輩には、濃い結婚線が二本ある人がいましたが、長く付き合った彼氏と別れた後に幸せな結婚をしました。

元彼とは別れてしまったけれど、どちらも自分にとって幸せな恋愛だったと話していたので、やっぱり濃い結婚線は悪い意味ではないんだなと思った記憶があります。

 

また、離婚するからといって「不幸な結婚」をするというわけでもないんです。

濃くはっきりした結婚線の場合は、いずれの結婚も幸せであるとされているんですよ。

 

つまり、結婚線が本数が多いほど恋愛をするということ。

なので、結婚線が多い人は魅力的な人が多いと言われているんですね。

 

また、恋愛に限らず、好奇心が旺盛で多趣味な人でも、複数濃い結婚線が出るとされています。

趣味や仕事も恋愛のように魅了され、夢中になっているという状態と言えるでしょう。

 

このように、濃くはっきりとした結婚線が複数ある手相は「吉相」とされているので不安に思うことはありませんよ。

 

ところで、結婚線の見方って男と女で違うのかな?と気になったことはありませんか?

実は、この疑問を持たれる方は、私のクライアントさんにもとても多いですよね。

 

・・・ということで、続けてその辺についてもご説明したいと思います。

 

関連記事

 

結婚線の見方!女と男で違うの?

では、結婚線の見方は、男性と女性ではどんな違いがあるのでしょうか?

もしも、男女で違いがあったら自分の手相をより正確に占うために知っておきたいですよね。

 

一般的に、手相の男女の違いは、男性の方が濃く、女性の方が薄いとされている程度です。

 

で、結論から言うと・・・

実は、結婚線は男女で違いは、ほとんどないんです。

 

ただし、男性は、小指側に結婚線が出やすく、女性は感情線側に結婚線が出やすい傾向があるとされています。

なので、このことが結婚年齢に関する違いとなって現れます。

 

想像してみてください。

 

男女の結婚年齢の平均は、男性の方が女性に比べて高くなっていますよね。

先程の結婚年齢の見方で見ると、そのことがハッキリするでしょう。

 

ちなみに、私の両親は7才差で結婚しましたが、父は小指の方に、母は感情線の方に寄っていました。

配偶者やパートナーと一緒に結婚線を見比べてみても楽しいかもしれませんよ。

 

ところで、結婚線は左右の手で違いはあるのかどうか気になりませんか?

あるとしたらどんな違いなのかも気になるポイントですよね。

 

では、続けてご説明しましょう。

 

関連記事

 

結婚線の見方!右手と左手ではどう違うの?

手相は、右手と左手では、現れている意味が異なるとされています。

そのため、結婚線の場合でも左右どちらの手にあるかによって意味が異なってきます。

 

一般的に、右手には「後天的」な運勢や身につけた能力が表れます。
左手には生まれながらの「運勢」や「才能」が表れます。

 

結婚線を占う場合は、濃くはっきりとしている線に注目するのがポイントです。

左右の手の結婚線を比べて、より濃い結婚線で判断してくださいね。

 

「右手」に結婚線が出ていた場合は、結婚への運気が高まっている状態であったり、結婚の意欲が強い状態であることを示しているとされています。

また、後天的に、人当たりの良さや魅力を身につけているとも考えられています。

 

「左手」に結婚線が出ている場合は、生まれ持った結婚運が強いとされています。

また、人当たりがよく、誰にでも親切な性格であったり、様々なことに興味関心を持てる気質を持っているとされています。

 

私の友人に性格がよくて男女共から共に人気がある子がいたのですが、彼女は両手に結婚線があったんですよね。

つまり、その場合は、右手と左手の結婚線のパワーがその人に反映されるということになります。

 

当時なるほど~と、個人的には思わず納得してしまいました^^

気になる方は、自分の周りの人気者や人気の芸能人の手相に結婚線があるかどうかチェックしてみてくださいね。

 

さて、ここまで結婚線を見てわかる様々なことについてお伝えしてきました。

・・・が、結婚線は「結婚生活の質」についても分かってしまうんですよ。

 

だったら、将来の自分の結婚生活がどうなるのかって気になりますよね?

もしも、結婚生活の質で悪い手相が出ていたら、自分の結婚生活について心配になる方も少なくないと思います。

 

そこで、最後に、離婚するのか?幸せな結婚ができるのか?などについても結婚線の見方として解説したいと思います。

 

関連記事

 

結婚線の見方!離婚するか?結婚生活が幸せかも分かる?

もしも自分が結婚したら、やっぱり幸せな結婚生活を送りたいですよね。

実は、結婚線をチェックすれば、結婚生活の質や離婚するかどうかについてもわかるんです。

 

どんな見方があるのでしょうか。

まず、「離婚するかどうか?」について分かる結婚線の見方について紹介します。

 

ポイントはズバリ!

結婚線の先が「枝分かれ」しているかどうかです。

 

もしも、あなたの結婚線が枝分かれしていたら、離婚する可能性が高いことを示しています。

カップルの場合でも破局を示すとされています。

 

特に、右手に出ていた場合は、近い未来にお互い別々の道を歩むことや、パートナーとは違う相手との間で心が揺れていることを示すとされています。

 

そして、別れの暗示する「結婚線の種類」は、これだけではありません。

 

下降した結婚線の先端に「島」がある場合も、パートナーとの別れを示しています。

この手相は、相手との離婚だけでなく死別も意味していることがあるので注意が必要です。

 

じゃあ、その場合にどうすれば良いのか?

自分の結婚運の運気回復をしたい方は、縁結びの神社に足を運んでみるなど、何かしらの対応をすることをお勧めします。

 

次に、結婚生活が幸せなものになるかどうかを占う時の「結婚線の見方」について、3つご紹介します。

 

1つ目が、結婚線が途中で途切れているかどうかです。

もし、途切れ途切れだった場合、相手と自分の「心の距離」が遠くなっているいうことを示しています。

 

パートナーとの関係が悪化して、別居したりすることも考えられるでしょう。

この手相が出たら、少し時間を取ってお互いの気持ちを話し会うことが、関係修復の近道になりますよ。

 

2つ目が、結婚線に「島」があるかどうかです。

手のひらの線の一部が丸く膨らんでできる「島」は手相では、障害を示す「凶相」です。

 

結婚線の中間や終点に島がある場合は、トラブルが絶えない結婚生活になるとされています。

まず、途中に島がある場合は、相手のことで不満が溜まっている状態と考えられています。

 

一方、終わりの方に島がある場合は、相手との喧嘩が絶えず悩みの多い結婚生活になる可能性が高いでしょう。

話し合いの場を設けるなどして、早めに対処してくださいね。

 

最後の3つ目が、結婚線に「十字の線」が重なっている手相です。

この手相がある人は、自分が原因となって相手との関係を破綻させてしまう可能性があります。

 

特に、右手にある場合は、自分の不倫や浮気が原因となるとされています。

左手に現れている場合は、結婚前も結婚後も相手とはトラブル続きで、穏やかな結婚生活からは遠ざかてしまうことが考えられます。

 

私の高校以来の友達に、彼氏の「浮気癖」が原因で別れたという子がいました。

で、ちょっと気になったので聞いてみたところ、彼氏の右手には「十字紋」が入った結婚線があったそうです。

 

この人と本気で結婚したいと思う人が出てきたら、結婚線は絶対に見ておきたい手相の1つと言えるでしょう。

 

それでは、結婚線の見方についてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、結婚線の見方について、いろいろな角度からご紹介しました。

 

まず、結婚線の位置から「結婚年齢」を占うことができます。

感情線と小指の付け根の中間が目安になるということでしたね。

 

結婚の回数は、結婚線の本数からわかります。

結婚線の見方は男女の違いはありません。

 

ですが、結婚線の位置が女性の方が感情線寄りで早婚、男性の方が小指寄りで晩婚の傾向があります。

結婚線が左手にあるなら先天的要素、右手にあるなら後天的な要素となります。

 

結婚生活の質については、結婚線が途中で切れていたり島やクロスがあると関係悪化、枝分かれしていた場合は関係破綻の危機でしね。

あなたも自分の結婚線をしっかり見て、ぜひ幸せな結婚生活を送ってくださいね。

 

おすすめ記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*