ベニトアイト意味と効果と相性!体験談が凄いけど偽物あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

ベニトアイトというパワーストーンの意味や効果を知っていますか?

 

幻のレアストーンとまで言われるベニトアイトは宝石としても大人気ですが、パワーストーンとしても興味深い効果があると言われているんですよ。

 

しかし、稀少であることや宝石としての人気の高さからか、「他の石との組み合わせがわからない」という声もあるパワーストーンです。

 

今回は、ベニトアイトの意味と効果、相性、体験談について、お話していきます。

気になる偽物情報もお届けしますので、ぜひ楽しみにお読みくださいね!

ベニトアイトの意味と効果は?

ベニトアイトは、和名でベニト石と呼ばれるパワーストーンです。

意味や効果のお話をする前に、この石がどのような石なのかについてお話していきますね。

 

ベニトアイトとはどんな石?

ベニトアイトは、カリフォルニア州のステイツストーンに選ばれている宝石です。

1907年にカリフォルニア州サンベニトというところにある鉱山で、初めて採掘されました。

 

ほかにも産出する場所はあるとの情報もありますが、宝石質の美しいベニトアイトは、このサンベニト産のものだけだと言われています。

 

しかも、その唯一の鉱山も2005年に閉山してしまいました。

このため、現在流通しているものは過去に採掘されたものだけであり、非常に稀少性が高いのが特徴です。

 

そんなベニトアイトは、ダイヤモンドなみの分散率を持っており、カットするととても美しい輝きを放つことでも知られます。

 

どのような輝きなのかというと、「ファイヤ」と呼ばれる虹色の光です。

青色の石から虹色の輝きが見られるなんて、神秘的で魅力を感じてしまいますよね。

 

もうひとつ、ベニトアイトには神秘的な魅力があります。

それは「多色性(たしょくせい)」と呼ばれる、ひとつの石が見る角度や方向により、違う色に見えるという性質です。

 

ものによって見え方に差は生じますが、青色から青紫までの異なるカラーを、一石の中に確認することもできるんですよ。

このような美しさと稀少性を持つベニトアイトは、アメリカ三大稀少石のひとつに数えられています。

 

モース硬度は6~6.5ありますから、身に付ける際にも安心ができますね。

では、そんなベニトアイトをパワーストーンとして見ると、どのような効果を持っているのでしょうか。

 

ベニトアイトの意味と効果は「気品」と「吸収」?

青色のパワーストーンと言えば、冷静さや真実を見抜く力を授ける、といった効果が定番ですよね。

ベニトアイトも同じように、持ち主に冷静さを与え、真実を見抜く力を備えさせてくれると言われています。

 

しかし、これだけではないところに、ベニトアイトの効果の面での特徴があるんですよ。

それは、持ち主の精神を磨き、気品を身に付けさせ、あらゆる情報を吸収しやすくしてくれる、というものです。

 

これには、ベニトアイトの青色が、紫がかった青であることが関わっているとされています。

パワーストーンの世界で紫色は、高次元の存在との繋がりや、魂の格を上げる、などのパワーを持つ色だと言われています。

 

このため、紫色のパワーストーンは、霊感アップや直観力を強化する、などのパワーを持つ石が多いですよね。

ベニトアイトには、多色性という性質があり、青と青紫が複雑に入り混じったカラーを持っている、ということもできます。

 

このため、ただ冷静さや知恵を与えるのではなく、持ち主の魂の格を上げることで冷静さが得られるようになる、というパワーが備わっていると考えられるんですね。

 

持ち主の意識や考え方などの品格が上がることで、怒りや苛立ちが抑えられていくことでしょう。

 

そう言えば確かに、上品な人・品のいい人というのは、無暗に怒ったり喧嘩をしたりはしないですよね。

そういった面からの冷静さを持てるようになる、というのはある意味、理想的な精神状態を保てることにもつながります。

 

……と、このように説明されても、「精神や魂の品格を上げるって何?」となってしまいますよね。

もう少し、かみ砕いて説明していきましょう。

 

人間、生きていれば誰でも、気持ちが落ち着かないことってありますよね。
身の回りのいろいろなことにイライラしたり、他人を攻撃してしまうこともあります。

 

このような状態から抜け出すことを、スピリチュアルや精神の分野では、「魂の格を上げる」という言い方をすることがあるんですね。

相手や環境に左右されず、自分らしさや自分の考えをきちんと持てるようにする、と置き換えて考えることもできます。

 

しかし、何もしないでこのような成長をすることって、難しそうですよね。

いろいろな経験をしたり、いろいろなことを見聞きしたりして、あらゆるものを受け入れることが必要とされます。

 

ベニトアイトはそういった、「成長のために受け入れる」ということがしやすくなるように、サポートしてくれると言われています。

持ち主が精神的に成長・成熟できるよう、いろいろなものを吸収し、気品が身につくようにしてくれる、というわけですね。

 

さて、色に深く関連したパワーがあることが分かりましたね。

しかし、「かなりレア石みたいだし、他の石と組み合わせることってできるの?」というところが心配な方もいますよね。

 

そこで続いては、ベニトアイトと相性の良い組み合わせになる石をご紹介していきます。

ジュエリーとして身に付ける際にも、参考になりますよ。

 

関連記事

 

ベニトアイトの相性!組合わせが良い石の相乗効果とは?

相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【ベニトアイト×ダイヤモンド】

輝きと輝きの相乗効果で華やかさを得られるのが、ベニトアイトとダイヤモンドの組み合わせです。

ダイヤモンドも持ち主に気品を与える宝石の王様ですから、背筋がシャンと伸びるような気合と自覚が備わるでしょう。

 

ゴージャスなファイヤを持つ石同士でもありますから、人目を引く華やぎも得ることができます。

 

【ベニトアイト×アウイナイト】

ベニトアイトとアウイナイトの組み合わせは、過去の経験から学びたい人にオススメです。

 

過去と決別させてくれるアウイナイトのパワーと、学びを得るベニトアイトのパワーが合わさることで、過去からヒントを得ることができます。

成功であれ失敗であれ、以前の自分の気持ちや経験から、次に進むべき道を見出すことができるでしょう。

 

【ベニトアイト×ブラックスピネル】

成長のために達成したい目標があるときは、ベニトアイトとブラックスピネルの組み合わせを試してみましょう。

 

特に精神的に次の段階へと進む試練や目標があるときに、やり抜く力と正解を見出す力を持ち主に与えてくれます。

また、魔除けのパワーも加わるので、よそからの邪魔が入らないように守ってくれることも期待できます。

 

【ベニトアイト×アイオライト】

最短距離での成長が必要なときには、ベニトアイトとアイオライトの組み合わせがオススメです。

 

余計なものをそぎ落とし、排出するのを助けるアイオライトのエネルギーが、ベニトアイトのパワーを最適な方向へと流してくれます。

このため、「今、自分が最も必要なのは何か」が見えるようになり、回り道をしてしまうことを防いでくれます。

 

【ベニトアイト×パライバトルマリン】

進みたい未来を見つけたいという人には、ベニトアイトとパライバトルマリンの組み合わせがよいでしょう。

 

精神的な成長にもさまざまな方向性があるため、「どの方向に」「どうやって進むか」を見出していく必要があります。

パライバトルマリンは引き寄せと未来創造のパワーを持つため、「こうなりたい」というイメージを明確にしてくれます。

 

いかがでしょうか?

どの組み合わせも魅力的な相乗効果を持っていましたね。

 

しかし「そうは言っても、ちょっとピンとこない」と思っている方もいることでしょう。

そこで続いては、ベニトアイトを実際身に付けて、効果を感じた方々の生の声をお届けします。

 

どんな方が、どのような体験をしているのでしょうか。

 

関連記事

 

ベニトアイトの効果があった?体験談を3つご紹介します

それでは、ベニトアイトの体験談です。

【体験談1:頭の中がクリアになるイメージ】(30代女性)

仕事が忙しく、いろいろな情報が常にとっちらかってると感じる日々を送っていました。

ベニトアイトはパワーストーンとしてではなく、ただその落ち着いたブルーに惹かれてお迎えした石です。

 

でも、宝石もパワーストーンなんですよね、少しづつですが、私の問題を解決してくれました。

まず、ベニトアイトを身に付けると、頭の中がスッキリと整理されていくイメージが生じます。

 

ばらばらだった情報が、系統ごとに分類されて、どうしたらいいかの処理がしやすくなる感じです。

これが頭の中だけでなく、行動にも影響して、仕事をさばく効率が上がりました。

 

ステップを踏んで進んでいけるなあ、と感じさせられることがとても多いです。

成長を促し、情報を吸収させる、と言われているのなんだか納得できます。

 

綺麗な石にスゴいパワーが備わっているって、夢みたいだなあと思います。

【体験談2:ルースにもハマりそう】(40代女性)

長らくパワーストーンに興味を持っているのですが、最近は原石やルースにも興味が向きつつあります。

と言うのも、ベニトアイトという石のルースを持ったことがきっかけでした。

 

ミネラルショーで小さなルースを見つけ、一目惚れしたという経緯でお迎えしたルースです。

自力で身に付けられる加工ができないので、しまっておくだけになるからと、長年ルースは敬遠していました。

 

ところが、ベニトアイトのルースは文字通り「目が合ってしまった」んですよね。

手に持つと、ケース越しでもわかる確かなパワーと、輝きに魅了されました。

 

お迎えして石を開いてみると、他の青系の石とは違う高貴さ、次元の高さを感じましたし。

ルースの状態でも、このようなエネルギーを感じられるのだと、新鮮な驚きを得られました。

 

おかげで現在では、他の石のルースも気になってしまっています。

驚きと発見から成長が生じることを、ベニトアイトは教えてくれました。

【体験談3:新しいエネルギー】(40代男性)

長年宝石と触れ合う仕事をしているためか、石のパワーとかエネルギーとかいうものを感じるようになりました。

昔から親しまれている石からは重厚感を、新しい時代の石からは柔軟さを感じますね。

 

中でもおもしろかったのが、ベニトアイトです。

童話に出てくる王子さまみたいな、気品と純粋さ、みたいなものが感じられました。

 

ベニトアイトをお探しのお客様も、同じようなことを言ってお迎えしていく方がいます。

新しい時代を見据えて、そこから何かを学ぼう、そこへ飛び込んでいこう、みたいな石なんだと思います。

 

だから、物事を難しく考えすぎな方や、気品と冷静さが欲しい、みたいな人には、特に魅力的に見えるみたいですね。

パワーストーンとしてお探しの方があまりいない印象のあるベニトアイトですが、ただ「綺麗な宝石」という評価にだけとどめておくのは勿体ないと感じます。

 

みなさん、ベニトアイトのパワーをばっちり感じていましたね。

しかし、特定の地域からしか産出しないレアストーン、なんて聞くと偽物が心配になってしまいませんか?

 

昨今の石業界では、偽物の話題も多く、ベニトアイトは大丈夫?と感じてしまいますよね。

そこで続いては、ベニトアイトの偽物の話題を取り上げていきましょう。

 

知識を身に付けることで、トラブルを防ぐことにもつながりますよ。

 

関連記事

 

ベニトアイトに偽物がある?見分け方はどうすれば良い?

偽物というと気になるのが、合成石や模造品、それからそっくりさんですよね。

ベニトアイトには、こういった偽物が流通しているという情報はあるのでしょうか?

 

ベニトアイトの偽物について現状は大丈夫?

模造品は、ガラスやプラスチックなど石ではないものを石に似せて作られたものでしたよね。

また、合成石は人工宝石とも言われ、自然と同じ条件を人の手で作りだし、生成環境を管理して作られる宝石のことでした。

 

これらの偽物が、出回っているまたは出回っていたという事実はあるのでしょうか?

 

調べてみても、現状ではそういう情報は見つけることが難しいです。

 

合成ベニトアイトや、ベニトアイト風ガラスなどが流通している、とはっきり言える状況ではないことがわかりますね。

しかし、偽物の宝石作りの技術は日々進化しているため、できのいい合成ベニトアイトなどがいつ出てくるかは予測できません。

 

産地が限定されていて、しかも鉱山がすでに閉山しているなど、合成石がいつ作られてもおかしくない条件はそろっているといえます。

本物のベニトアイトを確実に手に入れておきたいという人は、合成石などの報告例がない今のうちにお迎えを検討した方が良いかもしれませんね。

 

実際にあった偽物の例!そっくりさん問題

次は、ベニトアイトのそっくりさんについて見ていきましょう。

輝きの強い青色の石、と言われて、頭に浮かぶものってありませんか?

 

そうです、「サファイア」ですね。

サファイアはカラーがとても多彩で、ベニトアイトと同じ青~青紫をしたピースもよく産出されます。

 

このサファイアが、実はベニトアイトに紛れ込んでいた、という事例が報告されているんですよ。

 

複数のベニトアイトのルースを買い付けた業者さんが、見た目の特徴などから「おや?」と思い、鑑別してもらったらサファイアだった、という内容です。

では、どのような特徴が引っかかった要因となったのでしょう?

 

ひとつめは、サファイアです。

ベニトアイトはぎらぎらした虹色の輝きが見られますが、サファイアはそうはなりません。

 

ふたつめは、色です。

光源によって色が濃く見えたり、薄く見えたりするという不審な点があったため、業者の方で疑いの目を向けるきっかけとなりました。

 

ベニトアイトには確かに多色性という性質はありますが、これは光源の種類で色が変わる、というものではありませんでしたよね。

こういった特徴から、ベニトアイトではないかもしれないと思いソーティングをお願いしたところ、結果はやはりサファイアでした、という事例です。

 

この件は、宝石を見慣れている業者だからこそ、サファイアとベニトアイトの違いに気づくことができたと言える事例です。

素人がこのように、的確に判断することは難しいですよね。

 

ベニトアイトの偽物を見分けるには、やっぱりプロを頼ろう

ベニトアイトの偽物事情が、現在どうなっているか把握できましたね。

やはり、素人が無理をせず、鑑別機関などのプロにきちんと見てもらうのが一番良い、と言えますね。

 

鑑別書付きのものを探したり、手元に来てから改めて鑑別機関に見てもらうなどの対策をしておきましょう。

ちなみにベニトアイトは、「鉱物名 天然ベニトアイト」「宝石名 ベニトアイト」という記載になります。

 

このほかにカットや処理などの情報も見られますから、興味のある方はぜひ一度鑑別書を取得してみることをオススメします。

 

それでは、ベニトアイトについてたくさんお伝えしてきましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、ベニトアイトについてのお話でした。

 

ベニトアイトは、アメリカのカリフォルニア州の特定の鉱山からのみ産出し、現在鉱山は閉山されている稀少石です。

パワーストーンの意味や効果としては、精神的な成長を助け、情報の吸収をしやすくしてくれるとされます。

 

また、相性が良い組み合わせは以下のとおり。

  • 【ベニトアイト×ダイヤモンド】
  • 【ベニトアイト×アウイナイト】
  • 【ベニトアイト×ブラックスピネル】
  • 【ベニトアイト×アイオライト】
  • 【ベニトアイト×パライバトルマリン】

 

それぞれの相乗効果についても、お伝えしましたね。

3人の体験談からも、ベニトアイトのパワーを感じていただけたことと思います。

 

合成石などの偽物の報告例は現在ではないものの、そっくりさんが紛れていた事例があるため、プロにきちんと見分けてもらう方が良いです。

美しく稀少な石「ベニトアイト」を身に着けて、あなたもぐんぐん運気アップしませんか?

 

ベニトアイトでこんな体験がある!という話がありましたら、ぜひコメントしてくださいね^^

 

おすすめ記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*