1月の誕生石と意味!ガーネット以外もある?日にちでも違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

1月の誕生石について、あなたはどれくらい知っていますか?

 

「ガーネット」という宝石の名前を聞いたことはあっても、詳しい意味や効果は知らない、という人は多そうですよね。

また、「ガーネット以外に1月にまつわる誕生石はないの?」と思っている方もいることでしょう。

 

今回は、そんな1月の誕生石と意味について、詳しくお話していきます。

日にちによって異なる「誕生日石」についてもお話していきますので、ぜひ楽しみにお読みくださいね!

1月の誕生石と意味は?

「自分が生まれた月に相当する宝石を身に付けると、幸運が得られる」というのが誕生石のパワーです。

1月生まれのあなたの誕生石は、「赤い色の宝石」というイメージが強い「ガーネット」です。

 

ガーネットってどんな石?

ガーネットと言えば、深い赤色が美しい石で、宝石としても人気の石というイメージがありますよね。

和名を「柘榴石(ざくろいし)」と言い、語源もラテン語で「柘榴」を意味する言葉です。

 

透明度もあり、ハート型にカットすると情熱的な真っ赤なハートになるため、特に金色の地金と合わせるとより魅力が増します。

派手すぎない落ち着いた赤色は、華やかさは欲しいけれど派手にしたくない!という女性のニーズにもピッタリ答えてくれます。

 

そのくらい、ガーネットと言えば赤色、というイメージは強い人は多いことでしょう。

 

ですが、実はそのイメージは「半分くらい正解」といったところなんです。

厳密には「ガーネット」は鉱物グループ全体を指す名前であり、色も赤色だけではありません。

 

14種類ほどあるガーネットの仲間の内の2種「アルマンディン」と「パイロープ」が、ガーネットと聞いて多くの人が想像する赤い石です。

他にも、「スペサルティン」と呼ばれているオレンジ色のガーネットや、最近緑色が注目されている「グロッシュラー」、最高の輝きを発することで有名な「デマントイド」が属している「アンドラダイト」があります。

 

この他にも、「ウバロバイト」や「マリガーネット」という石もあるんですよ。

こういった名前を知っておくことで、「これもガーネットだよね」という判断をすることができるようになります。

 

モース硬度は6.5~7.5ありますから、身に付ける際も安心できます。

 

ガーネットの意味と効果は「成功」と「洗浄力」?

ガーネットのパワーストーンとしての歴史は古く、エジプトのファラオがガーネットを身に付けていたという記録があります。

また、地母神とのゆかりがある石とされた歴史もあり、古くから「豊穣」や「成功」を導く護符として、親しまれてきました。

 

人間、何事に取り組むにも「元気」とか「生命力」がないと、踏ん張る力って出せないですよね。

成功を掴みたい!と願っても、毎日生きるのがやっとです、ヘロヘロです……という状態では、難しいことでしょう。

 

いつも生き生きはつらつとして、成功に向けて全力投球できる人、憧れますよね。

そんな人になりたい!という願いに、力を貸してくれるのがガーネットのパワーだと言われています。

 

情熱的な生命力を象徴するガーネットは、目標に向かってパワフルに活動する持ち主を応援してくれます。

持久力や忍耐力も持ち主に与えてくれるため、長期的な計画を継続する力が欲しい人にも、適しているんですよ。

 

精神力を強く保ち、頑張る気持ちを維持してくれると言われています。

「勝負をかける!」というより、「粘り強く努力を続け、成功を勝ち取る」という意味合いでの、目標達成サポートのパワーが強いと言えますね。

 

気力がなかなか続かないんだよなあ、という悩みのある方に、最適なパワーストーンです。

 

また、このように生き生きしている人は、マイナスのエネルギーに対しても強い抵抗力を持っています。

嫉妬や憎しみといったマイナスの感情が放つエネルギーを寄せ付けず、持ち主がこういった感情を持つことからも解放してくれます。

 

確かに、目標に向けて走っている人は、誰かを憎んだり妬んだりしている暇はないですよね。

負の感情を洗い流し、やるべきこと・やりたいことに目を向けさせてくれるのも、ガーネットのパワーだと言われています。

 

ポジティブ思考を持ち主に与え、自分や他人から向けられるマイナスの気持ちを洗い流す洗浄力の高さも、ガーネットの魅力です。

古来は、この強い洗浄と生命力が、ケガ除けや災難除けのお守りになるとも信じられてきました。

 

さらに、ガーネットの情熱は、愛情運アップにも効果があります。

恋に仕事に、情熱を注いで生き生きしたい!という人は、ぜひガーネットを身に付けてみてくださいね。

 

種類もいろいろあり、生命力アップという効果を持つ石であることがわかりました。

しかし中には、1月生まれの方の中で、ガーネット以外のお守りの石が欲しい!と思っている方もいることでしょう。

 

そこで続いては、「1月の誕生日石」を31日分ご紹介していきます。

あなたの誕生日には、どのような石が当てはまっているのでしょうか?

 

関連記事

 

1月の誕生石でガーネット以外!日にちごとの石の名前と意味

1月の誕生石として、ガーネットはとても有名です。

ですが、定番の誕生石の他に、「誕生日石」というものがあるんですよ。

 

「誕生日石」って何?

一般的に「誕生石」というと、月ごとに宝石が決められているものです。

 

1月の場合、今回ご紹介しているガーネットの他に、15世紀ごろは「アゲート」が挙げられていました。

現在ではこれらの月ごとの石の他に、日ごとに決められている「誕生日石」というものがあります。

 

では、1月の1日から31日までの誕生日石は、どのようなものになっているのでしょうか。

 

1月の誕生日石「一覧」を一挙ご紹介します!

それでは、1月1日から31日までの誕生日石です。

 

  • 1月1日の誕生石と意味

ロウカンひすい(健康と繁栄、学業成就)

 

  • 1月2日の誕生石と意味

ランドスケープアゲート(家内安全、前進)

 

  • 1月3日の誕生石と意味

トパゾライト(忍耐力アップ、イライラの軽減)

 

  • 1月4日の誕生石と意味

クリソコラ(情緒の安定、仕事の成功)

 

  • 1月5日の誕生石と意味

ジルコン(穏やかな人間関係を導く、生命力アップ)

 

  • 1月6日の誕生石と意味

スターガーネット(創造力、判断力のアップ)

 

  • 1月7日の誕生石と意味

アンモライト(潜在能力の覚醒、ストレスや不安を癒す)

 

  • 1月8日の誕生石と意味

グリーントルマリン(愛情を深める、疲労回復)

 

  • 1月9日の誕生石と意味

ホワイトガーネット(決断力と実行力を養う、心身を癒す)

 

  • 1月10日の誕生石と意味

金(実力発揮、豊かさと安心をもたらす)

 

  • 1月11日の誕生石と意味

ヘマタイト(運動能力の向上、魔除け)

 

  • 1月12日の誕生石と意味

ゴールドストーン(チャンスをつかむ、運気改善)

 

  • 1月13日の誕生石と意味

ロードナイト(愛の波動を高める、心の傷を癒す)

 

  • 1月14日の誕生石と意味

パール(良い睡眠をもたらす、心身を健康にする、女性のお守り)

 

  • 1月15日の誕生石と意味

スタールビー(魅力とカリスマ性を引き出す、願望の達成)

 

  • 1月16日の誕生石と意味

ブルームーンストーン(精神のバランスを整える、女性性を高める)

 

  • 1月17日の誕生石と意味

アンバー(あらゆる運気のアップ、エネルギーの補充)

 

  • 1月18日の誕生石と意味

ローゼライト(若々しさを保つ、努力を実らせる)

 

  • 1月19日の誕生石と意味

レッドベリル(心身のバランスを整える、ストレスからの解放)

 

  • 1月20日の誕生石と意味

スノーフレークオブシディアン(混沌を正す、目標達成)

 

  • 1月21日の誕生石と意味

ピーコックカラーオパール(不老不死、固定観念からの解放)

 

  • 1月22日の誕生石と意味

スターベリル(ヒーリング効果、希望をもたらす)

 

  • 1月23日の誕生石と意味

カラーチェンジガーネット(アレキタイプ)

(愛情を豊かにする、貞節・真実・友愛のお守り)

 

  • 1月24日の誕生石と意味

ミルキークォーツ(調和をもたらす、恋愛成就)

 

  • 1月25日の誕生石と意味

サードオニキス(幸運をもたらす、強力な保護)

 

  • 1月26日の誕生石と意味

パイロープガーネット(情熱を取り戻す、災いを退ける)

 

  • 1月27日の誕生石と意味

アルマンディンガーネット(エネルギーの活性化、実りを結ぶ)

 

  • 1月28日の誕生石と意味

ピンクトパーズ(恋愛の運気を上げる、知性をもたらす)

 

  • 1月29日の誕生石と意味

水晶(すべてのものの浄化、潜在能力の開花)

 

  • 1月30日の誕生石と意味

パーティーカラーフローライト(発想力を高める、頭の疲れを和らげる)

 

  • 1月31日の誕生石と意味

クリソベリルキャッツアイ(幸運を引き寄せる、気持ちを明るくする)

 

それでは、1月の誕生石について、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、1月の誕生石であるガーネットと、1月1日から31日までの誕生日石についてお話してきました。

 

ガーネットは鉱物グループの総称であり、いろいろな種類や色があるということからお伝えしましたね。

また、主な効果は生命力と情熱アップで、生き生きと頑張りたい人にオススメであることもお話しました。

 

ガーネット以外のお守りをお探しの方に、誕生日石のご紹介もしましたね。

金やゴールドストーン、パールなど、日によってさまざまな石がお守りとして当てはめられていました。

 

あなたの悩みや願いにピッタリなお守りの石を探す際に、ぜひ役立ててくださいね。

 

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*