ロードライトガーネットの意味と効果!相性の良い組合わせとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日

ロードライトガーネットの意味や効果についてご存知の方は、それほど多くはないかもしれません。

 

ガーネットは知ってるけど、ロードライトガーネットってどういう石?と疑問を持っている方も多いと思います。

 

また、ロードライトガーネットでブレスレット作製をする場合、他の石との「組合わせの相性」もかなり気になるところですよね。

 

そこで今回は、ロードライトガーネットの意味や効果、他の石との相性の良し悪しについてお伝えしていきます。

 

更に、恋愛やガーネットとの違いについても触れますので、楽しみにお読み下さいね。

 

ロードライトガーネットの意味と効果!恋愛への効果はどう?

赤紫、もしくは透明な濃いピンク色に近いロードライトガーネット。

その美しさに心奪われ、虜になってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 

これから、気になるロードライトガーネットの意味や効果をお伝えしましょう。

 

まず、皆さんの中で、どうも心が晴れない、何をしても楽しくないという時があったりする日もあると思います。

そんな時、美しいロードライトガーネットはパワーを発揮してくれます。

 

ロードライトガーネットは私たちの心にダイレクトに訴えかけ、その明るいエネルギーで元気を与えてくれます。

 

また、ロードライトガーネットは「強い心」を養う石だとも言われています。

 

日々、目まぐるしく情勢が変わる現代社会において、私たちは常にストレスやプレッシャーを抱え、息苦しくなっていることもあるでしょう。

 

時には、それに押し潰され、めげてしまうこともあるかもしれません。

 

そんな私たちの心にフッと爽やかな風を通し、リセットするボタンを押してくれ、奮起する力をロードライトガーネットはもたらせてくれるのです。

 

ロードライトガーネットは、弱った「心」を再生し、前よりも強くしてくれる頼もしい石なのです。

まさしく、現代人には不可欠となるパワーを持った石ですよね。

 

また、仕事や勉強中に頭がモヤモヤしたり、考えがまとまらない時ってないですか?

そんな時にもロードライトガーネットは、持ち主に寄り添ってくれるパワーストーンなんですよ。

 

ロードライトガーネットは、「頭脳を明晰にする」働きかけをしてくれるといわれています。

 

混沌としている頭の中のありとあらゆる情報を、一つ一つ引き出しにしまうかのように整理してくれるわけですね。

 

頭がスッキリすると体も軽くなり、行動力の増進に繋がります。

行動力が増せば、チャンスを逃さず活かすことを促しますし、生きる喜びを感じやすくしてくれます。

 

つまり、ロードライトガーネットは、そのパワーで私たちに幾重にも「力強く生きる」ための手助けをしてくれる石なのです。

 

そして、世の女性たちが気にされている「恋愛運」に対してもロードライトガーネットは働きかけます。

 

恋愛が得意分野のパワーストーンはいくつかありますよね。

中でも、ロードライトガーネットは「愛の種」を持つ、愛に溢れた石といわれています。

 

実際に、そんな恋愛効果を感じている人はとても多いですよ。

私のまわりでも、

  • 「毎日身に付けていたら恋人ができた」
  • 「片思いが実った」
  • 「結婚までこぎ着けた」

というような声が、たくさんあります。

 

まさしく愛の種を育み、それを大きく成長させ実らせてくれるのが、ロードライトガーネットの恋愛パワーと言えるわけですね。

 

ところで、そんなロードライトガーネットでブレスレットを作りたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

その場合、他の石と組合せた時の相性の良し悪しって気になりますよね?

 

そこで、続いてはロードライトガーネットと相性の良い石、悪い石を具体的にご紹介したいと思います。

 

関連記事

 

ロードライトガーネットの相性!組合わせの良い石と悪い石は?

ロードライトガーネットと組合わせることで相性が良い石、悪い石がそれぞれ存在します。

では、まずは相性の良い石を3つご紹介しましょう。

 

(相性の良い石1)ルビー

相性の良い石として一番に挙げたいのが、「ルビー」です。

 

麗しいレッドが魅力のルビーですが、そのパワーの一つに「行動力」があります。

「行動力」のルビーとロードライトガーネットが組合わさることにより、「成功」を促すパワーが倍増するとされています。

 

何か大事な本番を控えている人が持つと、勇気が涌き、良い結果に繋げる働きかけをしてくれますよ。

続いて2つ目の石に行きましょう。

 

(相性の良い石2)アメジスト

二つ目に挙げたい相性の良い石は「アメジスト」です。

 

ロードライトガーネットと少し色合いは違いますが、紫色をまとう石としてあまりにも有名ですね。

 

アメジストには「インスピレーションを促す」効果があり、ロードライトガーネットと組合せることにより、ひらめきを増幅させてくれます。

 

迷いがある人、本質を見極めたい人におすすめの石です。

 

(相性の良い石3)カイヤナイト

そして三つ目に挙げたいのが、「カイヤナイト」です。

 

濃いブルーが美しいカイヤナイトには、「集中を促す」効果があるとされています。

 

カイヤナイトで集中力をつけ、ロードライトガーネットで頭をスッキリさせることにより「決断力」が生まれます。

 

リーダーシップを取るときに持っていると、心強くあなたを支えてくれるでしょう。

では逆に、ロードライトガーネットと相性の悪い石も3つお話していきます。

 

(相性の悪い石1)オニキス

まず、相性の悪い石として「オニキス」があげられます。

 

オニキスはシックな黒色がなんとも頼もしい石ですが、まだ自分の生き方を見つけられていない人にはパワーを発揮してくれないとされています。

 

ロードライトガーネットは、これから力強く生きていくための石。

ですから、それがまだ見つけられない場合、お互いのパワーが上手く発揮されません。

なので、組合せとしては避けた方が良いでしょう。

 

(相性の悪い石2)アゼツライト

次に挙げたい相性の悪い石は「アゼツライト」です。

 

アゼツライトは見た目は水晶のように、透明の白色をしていますが、実は超絶スピリチュアルパワーが強いです。

 

あまりの強さに、ロードライトガーネットの良さを活かせなくなる恐れがあります。

波長があまりに違う石ですので、組合わせない方が良いでしょう。

 

(相性の悪い石3)シトリン

最後に挙げたいのが、「シトリン」です。

 

シトリンもパワーストーンがお好きな方にはポピュラーな石で、黄色が綺麗ですよね。

シトリンとロードライトガーネットの組合せは、持ち主が心身共に充実しているときには大丈夫です。

 

しかし、疲れが溜まっている時にもつと、そのエネルギーの明るさが逆に重たく感じてしまうことがあるのです。

ですので、健康に自信の無い時は持たない方が無難でしょう。

 

いかがでしたか?

赤紫が美しく、恋愛効果などの様々なエネルギーを持つとされるロードライトガーネット。

この石も、組合わせの相性の良し悪しによって、効果が高まったり半減したりするわけです。

 

ロードライトガーネットと相性の良い石をうまく組合わせて、この石が持つエネルギーを最大限に引き出してあげてくださいね

 

ところで、ロードライトガーネットという名前を見ると、

「ガーネットとは何が違うの?」

という疑問を持つ方が多いようです。

 

そこで、最後にロードライトガーネットとガーネットとの違いについてみていきたいと思います。

 

関連記事

 

ロードライトガーネットとガーネットの違いは?

ガーネットといえば、赤色がポピュラーな石ですが、
意外と仲間は多く、青色以外の色があるバラエティー豊かな石です。

 

じゃあ、ガーネットとロードライトガーネットの違いはどこにあるのでしょうか?

 

まず、赤いガーネットは肉体に働きかけをしてくれるのに対し、ロードライトガーネットは心に働きかける要素が強いとされています。

 

なので、たとえば

  • 身体の疲れを感じている時には、赤いガーネット
  • 心が疲れている時には、赤紫のロードライトガーネット

という使い分けをするというのも良いですね。

 

また、赤いガーネットは「守護」的な意味合いが強いことに対し、
赤紫のロードライトガーネットは「人の内面」に強く働きかけをするとされています。

 

更に、スピリチュアルやヒーリングに興味のある方にはお馴染みの「チャクラ」への働きかけ。

これが、赤いガーネットとロードライトガーネットでは違いがあります。

 

「チャクラ」とは、人の背骨の位置を元に七つのパーツで区切った「霊性の中心」のことをいいます。

 

パワーストーンには得意なチャクラの位置というのがあるとされています。

  • 一つ目のチャクラは尾骨を中心に
  • 二つ目は、おへその下
  • 三つ目は、胃のあたり
  • 四つ目は、心臓
  • 五つ目は、喉
  • 六つ目は、眉間
  • 七つ目は、頭のてっぺん

 

このチャクラの位置が、赤いガーネットとロードライトガーネットには違いがあるとされているのです。

 

赤いガーネットのチャクラは一つ目と二つ目に、一方ロードライトガーネットのチャクラは七つ目にあります。

 

ちなみに、赤いガーネットとロードライトガーネットの鉱物的な違いは、鉄の含有率です。

鉄が多く含まれているのがロードライトガーネットとなります。

 

このように、赤いガーネットとロードライトガーネットには、同じガーネットでも様々な違いがあるのですね。

 

ロードライトガーネットとガーネット。

それぞれが魅力的でとても人気のあるパワーストーンですので、両方を見比べながら自分に合うものを見つけると良いですね。

 

それでは、ロードライトガーネットについてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、ロードライトガーネットの意味や効果、他の石との組合せの相性等についてご紹介しました。

 

ロードライトガーネットは「心」と「頭」に働きかける石で、恋愛運アップの効果もありましたね。

 

相性の良い石は

  • ルビー
  • アメジスト
  • カイヤナイト

悪い石は

  • オニキス
  • アゼツライト
  • シトリン

でしたね。

 

ロードライトガーネットとガーネットの違いは、色や含有物だけでなく、パワーやチャクラにも違いがあります。

 

私もよくブレスレットに入れるのですが、赤紫がとても美しくてデザイン的にも映えるのを感じています。

ぜひ、今回のことを参考にしながらいろいろなアイテムを見てくださいね。

 

おすすめ記事

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*