姫川薬石の効能と使い方!体験談が凄い?偽物の見分け方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

姫川薬石(ひめかわやくせき)というパワーストーンの名前を、聞いたことはありませんか?

 

日本で産出する稀少なパワーストーンで、健康に様々な効能があるとされ、昔から親しまれてきました。

その使い方も、他の石とは一味違うということから、注目度が上がっているんですよ。

 

今回はそんな姫川薬石の、効能や使い方、体験談についてお話していきます。

また、気になる偽物に関する情報、見分け方についても取り上げますのでお楽しみに!

姫川薬石とは?効能やスピリチュアルな人に選ばれる理由は?

姫川薬石は、産出地域がかなり限定されているパワーストーンです。

効能についてお話する前に、どのような石なのかについて、ご紹介していきますね。

 

姫川薬石とはどんな石?

新潟県の、旧糸魚川市と旧青梅町の間を、姫川という川が流れています。

 

全国でも有数の良い水質の川であり、その流れの近くでは様々な種類の石が見られることでしられています。

そういえば、糸魚川市はヒスイで有名な町でしたよね。

 

そんな姫川の上流には、川の流れによって形成された「姫川渓谷」があります。

姫川薬石は、この姫川渓谷の周辺でのみ、産出が確認されている非常に稀少なパワーストーンです。

 

鉱物としては「流紋岩質凝灰岩(りゅうもんがんしつぎょうかいがん)」と呼ばれる石で、大昔の火山噴火によって誕生したものだと言われています。

また、石英の結晶が目立つので、「石英斑岩(せきえいはんがん)」という岩石の仲間でもあります。

 

ここまでに出て来た岩石の名前は、すべて火山に関連して生成される岩石ばかりですね。

火山との関わりが深いことがよくわかる姫川薬石ですが、実はちょっと面白い性質のある石としても知られています。

 

「天然ラジウム鉱石」という言葉を、聞いたことはありませんか?

微量の放射線を放出する性質を持つ石のことで、ラジウムは水に透過されることでラドンを発生させます。

 

ラドンと言えば怪獣……ではなく、温泉ですよね。

つまり姫川薬石は、温泉成分ともかかわりの深い性質を持っている石であることがわかります。

 

このような特徴のある姫川薬石を、パワーストーンとして見たとき、どのような効果があるのでしょうか。

 

姫川薬石の効能は?

温泉の成分と関わりがあり、名前にも「薬」という字が入っている姫川薬石。

この石は、古来からけがや病気の治癒に用いられてきたと言われています。

 

患部に姫川薬石を当てることで病気が治ったり、けがの治りが早まったりすると言われ、多くの人にその効能を求められてきたんですね。

これは現在、最先端の研究がされている「放射線ホルミシス効果」ではないかと言われています。

 

放射線、と聞くと「怖いもの」という漠然としたイメージが、私たちにはありますよね。

しかし、放射線そのものは自然界にも普通に存在しているものなので、過剰に心配する必要はありません。

 

また、姫川薬石のように、微量の放射線を放出させる天然のラジウム鉱石は他にもあり、それらの石が発する放射線は、ごく微量であることも現在では判明しています。

 

この、「ごく微量の放射線」。

これが実は生体を活性化させ、生命活動を逆に活発にしてくれるという働きのことを、「放射線ホルミシス効果」と言います。

 

まだまだ研究の途上とは言われていますが、ラドン温泉やラジウム温泉のように、実際に人体を健康にしてくれるものもありますよね。

このことから、微量のラジウムを発生させる姫川薬石には、健康を促進してくれる効果があると言われているのです。

 

  • 体内の不要物をデトックスする
  • リウマチなどの痛みを軽減する
  • 温熱や発汗作用がある

など、温泉と同じような効能があるとされています。

なので、健康に興味のある人々に注目されていることも納得できますよね。

 

そしてもう一つ、姫川薬石の効能で気になるのは、

「スピリチュアル関係の仕事をしている人に選ばれている」という話です。

 

スピリチュアル系のお仕事と言うのは、

  • ヒーラー
  • スピリチュアルカウンセラー
  • 占い師
  • 霊能者

などが該当しますね。

 

では、これらの職業に就いている方々が、なぜ姫川薬石を選ぶのでしょうか?

 

スピリチュアル系の仕事をされている方のところを訪れるお客さんのことを、考えてみましょう。

心理的、身体的に悩みなどを抱えて、力を借りに来る方が多いのではないでしょうか。

 

そういった人々の心身を癒すのに、確かな効能がある姫川薬石が選ばれるということは、とても自然なことですよね。

また、人々を癒し、疲れてしまったヒーラーさんたちご自身を癒すという意味でも、役立ってくれることは間違いないでしょう。

 

天然ラジウム鉱石という姫川薬石の性質は、高いヒーリング効果と、健康への効能を持っているということなんですね。

 

このように、姫川薬石は色や逸話に由来するものではなく、確かな成分に由来する効能があるのです。

 

しかし、ネット等で姫川薬石について調べてみると、「危険」というキーワードが見られることもあります。

石の成分に、何か危険なものがあるのでしょうか?それとも使い方次第では危険ということなのでしょうか?

 

次は、姫川薬石の使い方や、危険という噂について見ていきましょう。

 

関連記事

 

姫川薬石の使い方は?危険だという噂の真相は?

姫川薬石が本当に危険なのかどうなのか、という話の前に、どのような使われ方をしているのかから、見ていきましょう。

使い方と、「危険」という噂には、何か関連があるのでしょうか。

 

姫川薬石の使い方!万能すぎる石?

健康に関心が高い人々に、姫川薬石は注目され支持されているという話は、さきほどもご紹介しましたね。

 

ラドン温泉と同じような癒し効果は、石を患部にあてることで得られると言われています。

では、それ以外にはどういった使い方があるのでしょうか?

 

調べてみると、「とにかく万能」の一言に尽きます^^

 

  • ガン予防などの健康効果
  • 消臭や水の浄化
  • 食品の鮮度の維持
  • 腐敗の防止

等々、いろいろなことに役立つと言われています。

しかも、使用方法は『置いておくだけ』です。

 

人体に作用させたいなら持ち歩くだけでよし、水や食品の傍に置いておくだけで、味や性質をよりよく変化させてくれると評判です。

 

これこそが、姫川薬石が発する放射線の力と言われており、「神がかっている」という情報まで見られることからも効果のほどがうかがわれます。

 

しかし、「そこまで影響を及ぼす放射線って、大丈夫なものなの?」という疑問が、浮かんできませんか?

 

また、他にも姫川薬石は、

「お風呂に入れることで即席ラドン温泉にできる」
「やかんに入れてお湯を沸かすことで水がまろやかになる」

などの使い方の報告例もあります。

 

こう聞いて、「えっ、石の処理のひとつに『加熱処理』ってあるじゃない!?熱を加えていいの?!」という疑問が即座に浮かんだ方もいることでしょう。

 

どうやら、「姫川薬石危険説」には、これら「放射線」と「加熱」の問題が絡んでいそうですね。

では、ひとつずつ整理して、さらに詳しくみていきましょう。

 

姫川薬石は危険?放射線のことかしら?

放射線とか放射能とか言われると、おそらくほとんどの現代日本人が不安感を覚えるのではないでしょうか。

 

これは、歴史を見直してみると、被ばく事故や戦争の記憶、さらには文学作品からも、「放射線」というものの危険さ、恐ろしさを知った人が多くいるためです。

 

しかし、この「恐ろしいもの」という漠然としたイメージは先行しすぎているのかもしれません。

そのため、「よくわからないんだけど、怖いんでしょ?」くらいの認識の人が多いこともまた事実です。

 

だから、姫川薬石のように「放射線を放出する性質を持つ」と言われるものには、「危なくないの?」という意識がはたらいてしまうのでしょう。

 

では実際に、姫川薬石は放射線の観点からみて、危険だと言える要素はあるのでしょうか?

 

調べればわかりますが、「放射線」と一言で言っても、たくさんの種類があることがわかります。

アルファ線、ベータ線、中性子線、陽子線、重イオン線、中間子線、ガンマ線、X線などなど、すべてを詳しくご紹介するのが難しいほどです。

 

しかも、これらの放射線は自然界にももともと存在しているもの。

つまり、私たち人間はただ普通に生活しているだけで、放射線を浴びていることになるんですね。

 

「じゃあ、人工の放射線が危ないんだね」となりがちですが、人工=危険というのも、ちょっと無理があります。

 

健康診断でおなじみの胸部レントゲン撮影ではX線が用いられますし、これは人工的な放射線です。

これらを総合して考えると、「ちょっとやそっとの放射線は、気にしなくても大丈夫」ということになりますよね。

 

考えてもみれば、姫川薬石は姫川渓谷で見つけられる天然の石でした。

健康被害が発生するほどの放射線を発するものであれば、古くから「薬石」と呼ばれることにはならなかったはずです。

 

現在に語り伝えられるほど、健康に対する御利益があった石なのですから、「放射線が出ているから危険」ということではないのです。

 

姫川薬石は加熱して大丈夫なの?

では、姫川薬石に熱を加える件に関しては、どうなのでしょうか?

 

確かに、天然石には「加熱処理」という処理の方法があり、色を変えたり安定させたりする、いわば「石の性質に手を加える」行為にはあたるわけですよね。

 

「じゃあやっぱり、熱したら危険なんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、実は、あながちそうだとは言い切れません。

 

ご家庭で、石を熱したとして、だいたい何度くらいの熱を加えることになるでしょうか。

 

お風呂であればどんなに熱くても50度そこそこでしょうし、水を沸騰させるにしても100度といったところですよね。

石で加熱処理と言った場合、その温度は一例で1000度以上という数字が出てきますから、家庭での加熱では石の性質を変えるような事態にはならないですよね。

 

つまり、熱を加える使い方も、危険とは言えないということになります。

しかし、「石を入れて水を沸騰させると、鉛の成分が溶けだす恐れがあるという情報もあるし…」というのが、どうしても、気になる方もいますよね。

 

たしかに、そういった情報が見られることも事実です。

どうしたらいいんだろう、と悩む前に、まずは一度落ち着いてみましょう。

 

「姫川薬石を入れて沸騰させた水を飲む」以外にも、使い方はありましたよね?

自分で納得のいかない使い方を、無理に取り入れる必要はないです。

 

握りしめる、患部に当てる、枕元に置くなどなど、姫川薬石はもっと手軽な使い方で効果を実感できる石でした。

また、パワーストーンの使い方と言えば、グラウディングなど瞑想の際に用いるという方法もあります。

 

パワーストーンの使い方に、「こうしなさい」という決まりはありません。

眺めるだけでもよし、飾るもよし、持ち歩くことだってまったく問題はありません。

 

パワーストーンは、「こうすると何かほっとする、癒される」というフィーリングが大切なものでもありますから、紹介されている使い方に振り回されることのないようにしたいですね。

 

さて、姫川薬石は、使い方も性質も、危険なものではないことがわかりました。

こうなると、「怖くないことはわかったけれど、でも本当にそんなに効果があるの?」というところが気になっている方もいることでしょう。

 

そこで続いては、姫川薬石の効果を実際に体験した方々の、生の声をお届けしていきます。

どんな方が、どのような体験をしているのでしょう?

 

関連記事

 

姫川薬石の体験談を3つご紹介します

それでは、姫川薬石の効果の体験談です。

【体験談1:疲れ方が違う!】(40代女性)

虚弱なのか年齢なのか不明ですが、とにかく疲れやすくて大変でした。

サプリメントなどを頼ろうにも、いろいろな商品にいろいろなレビューがついているので、どれを信じていいかわからず、困っていました。

 

そんなときに、「温泉と同じような効果を発揮してくれる石がある」と聞き、見つけたのが姫川薬石でした。

難しいことはよくわからなかったのですが、触った感じが気に入ったので、小さな巾着に入れて持ち歩いてみることにしました。

 

姫川薬石を持つようになってから、疲れ方が違うと感じます。

それまでは、仕事を終えて帰宅するともうくたくたで、動くのがやっとだったのですが、家に帰ってからも動くのが苦ではなくなりました。

 

これだけでもすごいのに、長年悩まされてきた体重の増加にも歯止めがかかり始めています。

健康診断の数値も好転してきていて、明らかに石を持つ前と後で体調が変化しているのを感じます。

 

癒しと健康の両方の効果を得られて、自分でもびっくりしています。

【体験談2:睡眠の質が改善した】(40代男性)

ストレスからくる不眠に悩まされていました。

体は疲れているのですが、疲れすぎていて寝つきが悪く、眠りが浅いといった状態と言えば、わかってもらえると思います。

 

当然体調にも悪影響が出て、これはまずいと思いつつ、「でも、睡眠のことってどこに相談すればいいんだ?」という考えから、手を付けられずにいました。

それがある日、何だかよく眠れるようになったことに気が付いたのです。

 

最初は気のせいかと思いましたが、夜中に何度も目が覚めたり、寝付くまでに時間がかかることがなくなったりと、明らかに睡眠の質が変化している自覚がありました。

なぜだろう、と思っていたある日、ひょいと枕もとを見ると、見慣れない石がころんと置かれていました。

 

妻が、私の体を心配して、姫川薬石という石を置いてみたのだということを、教えてくれました。

何でも、地元で古くからありがたく用いられていた健康の石だということで、枕元に置くことで睡眠の質が改善された例が多いと聞き、私のために用意してくれたのだそうです。

 

実際に効果があるよと伝えたら、当の妻本人が驚いていましたが、私の方だってびっくりです。

石ひとつでこんなことが起きるなんて、すごいことがあるものですね。

【体験談3:ガンに効いたという話を聞いて】(50代女性)

姫川薬石という、ガンに効く石があるという噂話を耳にしました。

本当ならすごいことですし、ガン以外にも効果があるのでは?と勝手に思っていました。

 

と、いうのも末端冷え症と関節の痛みに悩まされていたもので、効果があるものは何でも試したいと考えていたからです。

実際に手にしてみると、「何となくこう感じた」というものとは格の違う、血流の変化を感じました。

 

関節が痛いときには、手に持つだけで痛みが和らぎます。

犬を飼っているのですが、愛犬もこの石が気になるようで、しょっちゅうじゃれつこうとしてきます。

 

本当にここまで効果があるとは思っていなかったので、今更ながらびっくりしています。

古い言い伝えや多数の口コミも、案外あてになるということを学びました。

 

みなさん、姫川薬石のパワーをばっちり感じていましたね。

そんな様々な体験が出ている姫川薬石ですが、気になることに「偽物」に関する噂もネット上では見られます。

 

レアストーンで、効果も確かと言われると、偽物が出回っていてもおかしくないですよね。

続いては、姫川薬石の偽物に関する情報について、見ていきましょう。

 

関連記事

 

姫川薬石の偽物!見分け方はあるの?

ネットで調べてみると、姫川薬石の偽物が出回っている、という噂を見ることがあります。

現状を把握した上で、素人でも見分けられるのか、説明していきますね。

 

姫川薬石の偽物?「流紋岩質凝灰岩」≠「姫川薬石」

姫川薬石が、流紋岩質凝灰岩と呼ばれる岩石であることは、先にお話した通りです。

そうなると、逆に「流紋岩質凝灰岩なら姫川薬石ってこと?」と思われがちですが、そうではありません。

 

流紋岩質凝灰岩という岩石自体は、割とどこからも産出する石です。

例えば、有名なところですと、栃木県宇都宮市大谷町の「大谷石」があります。

 

地下の採掘場の見学ができるということで、テレビでもよく紹介されていますから、見たことのある方もいることでしょう。

この例からもわかるように、流紋岩質凝灰岩がすべて姫川薬石というわけではありません。

 

しかし、岩石としては同じ仲間と言える石が手軽に採掘できるということは、それだけ偽物が出回りやすい環境ではあるとも言えるわけです。

 

姫川薬石の偽物の見分け方は?

大谷石は姫川薬石に、ちょっと見た目も似て見えますが、他の多くの「流紋岩質凝灰岩」は、姫川薬石の特徴とは異なるものも多くあります。

 

とは言え、昨今の加工の技術は良くも悪くも質が高いです。

なので、見た目が似ている・似ていないということは、判断の基準としては難しい要素だと言えます。

 

手で触ったときの感覚や、水に濡れると色が変わる性質がある等々、姫川薬石の判別方法はいくつか紹介されていますが、やはりどれも素人がお店で試すのは難しいものです。

 

ここはやはり、きちんと鑑別された、信頼できるものを選ぶのが一番無難だと言えますね。

お店によっては、証明書などがついたものを販売しているところもありますから、そう言った信頼できるショップを探すのが確実です。

 

また、購入後にも鑑別や証明を依頼することが可能な場合もあります。

心配な場合は情報収集をして、依頼が可能かどうかを確かめると良いですね。

 

それでは、姫川薬石についてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、姫川薬石についてのお話でした。

 

姫川薬石は、新潟県の姫川渓谷周辺でのみ産出し、古くから健康への効能が高いことで大切にされてきた石です。

使い方は多岐にわたり、手に持つ、枕元に置くなどのほかに、お風呂に入れたり、水に入れて沸かしたりする方法もあります。

 

危険だという噂もありますが、性質としても使い方からも、そんな事実はありません。

確かな効能を実感した人のお話も3人ご紹介したので、姫川薬石のパワーはしっかり感じていただけたことと思います。

 

偽物の噂があるものの、素人が判断するのは難しいので、判別にはプロの手を借りるのが確実です。

あなたも、メイドインジャパンの姫川薬石を身に着けて健康運アップしていきましょう!

 

姫川薬石でこんなことがあったよ!という体験談がありましたら、ぜひコメントしてくださいね。

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*