スタールビー意味と効果と相性!体験談が凄いけど偽物アリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

スタールビーというパワーストーンの、意味や効果を知っていますか?

 

宝石の女王とも呼ばれる7月の誕生石ルビー。

この石には、ちょっと特殊な光の効果が見られる「スタールビー」というものがあるんですよ。

 

でも、あまり見かけたことないし、他の石との組み合わせの相性は大丈夫かな?と思っている方もいるでしょう。

 

そこで、今回はスタールビーの意味と効果と相性、愛用している方の体験談もご紹介します。

また、気になる偽物情報についても説明していきますので、ぜひ楽しみにお読みくださいね。

スタールビーの意味と効果は?

スタールビーは、石の内部に「星形の輝き」が見られるルビーのことです。

意味や効果のお話をする前に、まずはこの石がどのような石なのかについてから、お話していきますね。

 

スタールビーとはどんな石?

7月の誕生石でおなじみの、宝石の女王ルビー。

その中で、スターと呼ばれる輝きが見られるものが産出することがあります。

 

宝石業界の用語で「アステリズム」とも呼ばれるこの輝きは、石の内部の内包物(インクルージョンとも言います)によって生まれるものなんですね。

 

通常、宝石といえば透明度が高いほど価値が高くなる傾向にあります。

しかし例外があって、「透明度はそれほどでもないけれど、その分内包物の美しさがものを言う」というパターンもあるんですね。

 

スタールビーは、この「内包物があるからこそ美しいとされる石」に当てはまります。

 

そのため、通常の宝石として扱われているルビーより、確かに透明度の面では勝てないかな?というピースが多いのも事実ですね。

もちろん、最初から内包物が歓迎されていたわけではありません。

 

長らく、ルビーに含まれる内包物たちは、「何とかして取り除きたいもの」として扱われてきました。

ところが、20世紀に入ってから、ある熱心なインドの研磨師によって「カボション・カットにすることで、内包物が美しい星形の光を放つことがある」という発見がされました。

 

現在では、内包物があるからこそ見られるアステリズムは神秘的で美しく、多くの人を魅了しています。

これは、スタールビーの内包物が「シルクインクルージョン」と呼ばれているということからも、理解することができますね。

 

ちなみに「カボション・カット」というのは、宝石のカットの方法のひとつです。

丸い、滑らかな山形に宝石を整えるカットの方法で、石の内部で反射する光を生かすのではなく、石の表面の光沢や文様を楽しむことが目的のカットなんですよ。

 

石の性質そのものは普通のルビーと同じなので、モース硬度も安定の9です。

では、そんなスタールビーの、パワーストーンとしての効果はどのようなものなのでしょうか?

 

スタールビーの意味と効果は「情熱」と「試練の攻略」?

スタールビーの効果の前に、ルビーそのものの効果についても簡単に見ておきましょう。

なぜなら、スタールビーの効果は「ルビー本来のパワー」を「スターが強化」している形になるためです。

 

ルビーのエネルギーと言えば、「生命力と情熱の強化」や「勝利と成功をもたらす」でしたよね。

このパワーは、スタールビーももちろん持っていると言われています。

 

つまり、スタールビーにも「生命力を燃え上がらせる」「物事に情熱を持って取り組む姿勢を教える」というパワーはあると言えるんですね。

赤い色のパワーストーンには、こういった「情熱」や「生命力」というキーワードがよく見られます。

 

中でも特に人々を魅了する赤色を持っているルビーには、「あらゆる困難を排除してでもやり遂げる」という力強いメッセージがこもっている、とも言われています。

では、そこにスターのパワーが加わると、どうなると思いますか?

 

六条のスターを作り出す三本の線はそれぞれ、「信頼」と「希望」と「運命」を象徴している、とされています。

つまり、「情熱」や「生命力」が持ち主だけのものではなく、「みんなと一緒に」「希望に向かって」という方へ向いているというところに、スタールビーの特徴があるわけですね。

 

しかもこのエネルギーが、例えば「恋愛」や「仕事」に限定されないという点にも、スタールビーの特徴を見ることができます。

情熱を持って向き合いたい事柄は、「恋愛だけ」「仕事だけ」とは限りませんよね。

 

持ち主が「もっと積極的になりたいなあ」と思うすべての対象に、スタールビーはパワーを注いでくれると言われています。

こう聞くと、あれもこれも、といろいろな種類の石を身に付けなくても、まずはスタールビーから用意すればよさそうにも思えませんか?

 

また、「うーん、そう聞かされても、差し当たって今情熱的になりたいことってないしなあ」という人も、もちろんいることでしょう。

あるいは、「やろう!やりたい!という気持ちはある。気持ちだけ。どうしたらいいのかがわからないんだよなー」という人だっていますよね。

 

そういう「目標を見失ってしまった人たち」を導くのも、実はスタールビーの持つ「星」のパワーなんですよ。

 

星はしばしば、希望や目標の象徴として扱われます。

タロットカードでも、大アルカナの「星」と言えば「遠い希望」という意味を持っていますね。

 

つまりスタールビーは、夢や目標を見失った・わからなくなった人に対して、進む方向を示してくれる存在でもある、というわけです。

 

もちろん、星は遠いところにあるものですから、行く手には困難な試練が待っていることもあるでしょう。

そういった困難に対して、「打ち勝つ」「乗り越える」という情熱も、スタールビーが与えてくれることはお話した通りです。

 

毎日無気力だなあ、という方は、一度スタールビーを試してみてはいかがでしょうか。

 

情熱と、希望の道しるべという、なかなかユニークな効果のある石だということがわかりましたね。

しかし、コランダムは気難しいって聞くし、他の石との相性が心配という人もいるでしょう。

 

そこで続いては、スタールビーと相性の良い組み合わせをご紹介していきます。

気になる相乗効果についても、ご説明していきますね。

 

関連記事

 

スタールビーの相性!組合わせが良い石の相乗効果とは?

相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【スタールビー×アメジスト】

激しい情熱をコントロールする組み合わせになるのが、スタールビーとアメジストです。

アメジストが直観力や判断力を高めてくれるため、「全ての情熱を燃やすタイミング」を見抜き、全力投球することができるようになります。

 

また、どちらも恋愛運に効果がある石なので、情熱的な恋のお守りとしても働いてくれます。

 

【スタールビー×ガーネット】

努力を実らせ、結果を残したいときには、スタールビーとガーネットの組み合わせを試してみましょう。

スタールビーもガーネットも、コツコツ積み重ねた努力をきちんと結果に結び付けさせてくれる石。

なので、叶えたい夢がある人に特にオススメです。

 

また、「戦いに勝つ」というパワフルさも倍増しますので、負けられない勝負があるときにも適しています。

 

【スタールビー×ブルーサファイア】

コランダム同士の組み合わせになる、スタールビーとサファイアです。

色の違う同じ仲間の石は、それぞれが持つエネルギーを分担し、高め合い、持ち主に与えてくれます。

 

情熱と冷静さ、激しさと静かさなど、うまく緩急をつけてバランスが取れるように、サポートしてくれます。

 

【スタールビー×タンザナイト】

スタールビーの情熱に、確かな目標を与えてくれるタンザナイトを合わせることで、進むべき方向が明確になります。

霊性の高いタンザナイトは、「今すべきことは何かを教える石」という性質があり、必要なことを持ち主に教えてくれます。

 

見つけた目標に対し、突き進むエネルギーはスタールビーから得られるというわけですね。

 

【スタールビー×アイオライト】

余計なものをそぎ落とし、本当の目標へ向かわせてくれる、スタールビーとアイオライトの組み合わせです。

アイオライトはイライラや体内の毒素など、あらゆる「余計なもの」を排出してくれるエネルギーを持っています。

 

スタールビーの情熱が無駄なところへ向かないよう、コントロールしてくれますよ。

 

いかがでしょうか?

魅力的な相乗効果を持つ組み合わせばかりでしたね。

 

しかし、でも、本当に効果ってあるの?という点が気になっている人もいることでしょう。

そこで続いては、スタールビーを実際身に付けて、効果を感じた方々の生の声をお届けします。

 

どんな方が、どのような体験をしているのでしょうか?

 

関連記事

 

スタールビーの効果あった?体験談を3つご紹介します

それでは、スタールビーの体験談です。

【体験談1:大粒のスタールビーの威力】(30代男性)

ストーンショップで働いており、割と目立つブレスレットを常にいくつか付けるようにしています。

お店に来る方は皆さん石がお好きなので、何をつけていても大抵、「それ○○ですよね!」と声をかけていただけます。

 

中でも特に「これはヤバかったなあ」と感じさせられたのは、スタールビーのブレスレットでしたね。

巨峰の粒みたいな色のルビーだったんですが、話しかけられる度合が他の石の時と段違いでした。

 

そして、自分が話す際にもいつもより舌が回って回ってスゴかったです。

常日頃から、取り扱っている石の説明は立て板に水になるよう心掛けているのですが、スタールビー装着時はそれが増すと言いますか。

 

「興味を持ってもらいたい」「何か一つでも『へえ!』と思ってもらいたい」という意識が高まるのがわかりました。

もちろん、いつもそんな調子だと疲れてしまうので、使いどころを見極めようという教訓にもなりましたね。

 

長くこの仕事をしていますが、忘れられない思い出のひとつです。

【体験談2:骨の髄まで一般市民】(30代女性)

誕生石なのと、得られる効果が魅力的で惹かれたことから、ルビーを使ったブレスを組んだことがあります。

ルビーのパワーやエネルギーを見てみると、だいぶいいことが書いてあること、多いじゃないですか。

 

とにかく何でもいいから力が欲しい!という、俗っぽい考えでルビーに安易に手を出してしまったんですよね。

結果はお察しの通り、期待通りにはいきませんでした。

 

「王様」とか「女王」とか言われている石は特に、「石に頼って何とかしてもらおう!」という意識を嫌うんだそうですね。

知らなかったとはいえ、ルビーにそっぽを向かれたという、悲しい体験をしました。

 

けれど、これは逆にちゃんとパワーがある、ということなのでは?と気が付き、その後自分でもちゃんと努力するよう気持ちを切り替えました。

そのおかげか、最近は少しルビーが打ち解けてくれたのかな?と感じることがあります。

 

石に力を貸してもらうには、石から「こいつはそうするに足る人物だ」と認めてもらう必要があるということを、身をもって知りました。

【体験談3:優しいルビーでいてほしい】(40代男性)

妻がパワーストーン好きで、エネルギーなどをよく感じるタイプです。

私にはよくわからないのですが、アクセサリーや石を変えるとエンジンが切り替わる妻の姿は何度も見ているので、すごいなあとは思っています。

 

そんな妻が、扱いにもっとも気を付けているのが、スタールビーという宝石です。

私は単純に「綺麗だなあ」としか思わないのですが、「そのくらい平和な思考でいないと危ない」とまで妻に言われ、びっくりしてしまいました。

 

何でも、スタールビーという石は妻曰く「暴走しやすい」のだそうです。

目標に向かって突き進むエネルギーが、ちょっとでもブレたりズレたりするとすぐ、あっという間に脱線してしまうのだと聞かされました。

 

目標以外というのは例えば、他人への攻撃的な感情だったり、憤りだったりするそうです。

言い換えれば、目標のために自分を律することもできるんだとかで、慎重に慎重に、妻はスタールビーを扱っています。

 

みなさんバッチリ、スタールビーのパワーを感じていましたね。

 

しかし、昨今石業界では「偽物」に関する心配な噂を、多く耳にする機会があります。

スタールビーのような人気のある石は特に、偽物問題が気になりますよね。

 

そこで続いては、スタールビーの偽物に関する情報をお伝えします。

しっかり知識を身に付けていきましょう。

 

関連記事

 

スタールビーに偽物がある?見分け方はどうすれば良い?

ルビーやサファイアを纏めて言う鉱物名である「コランダム」は、実は合成石がとても多くつくられている鉱物です。

そのためスタールビーも、非常に出来のいい偽物が広く流通している、という状況が発生しています。

 

では、気をつけたい偽物には、どのようなものがあると思いますか?

正解は「合成石」です。

 

出来の良い偽物!合成スタールビーとは?

合成石とはどういうもので、なぜ作られるのでしょうか。

順を追って、見ていきましょう。

 

合成石、というのは、自然界での環境と同じものを人工的に作りだし、人の手で管理して生み出す宝石のことです。

人工的に管理しているため、不純物が石の内部に入り込みにくい、という大きな強みがあるものなんですよ。

 

・・・というのも、天然石というのは多かれ少なかれ、不純物を内包してしまうものだからです。

しかし、そういった不純物は、石の価値を大きく左右してしまうほど重要なものでもあるんですね。

 

「でも、スタールビーってもともと内包物由来のスターが見られる石だったよね?」と思った方もいるでしょう。

確かに、本来は石の透明度を下げるので、スターの発生条件となる内包物も、ルビーの価値を損ねるものでした。

 

事実、天然のスタールビーにはしばしば、スターを生み出す要因となっているもの以外の内包物が含まれていることが多いです。

そのため、通常のルビーに比べて色合いが暗かったり、ルビー以外の石が内包されていたりして、微妙な見た目になっていることもあります。

 

もちろん、スターの要因となっている以外の不純物も含まれているわけですから、スターもハッキリクッキリ見ることが難しい、なんてこともあります。

 

これらの問題を解決してくれるのが、合成スタールビーというわけですね。

つまり、「色が鮮やか」で「キレイにスターが見える」スタールビーを作ることには、ちゃんとしたメリットがあるわけです。

 

スタールビーの判定議論は、偽物の事情を複雑にしている?

厳密にはスタールビーに限らず、ルビー全体に関わる「色の判定」という問題も絡んできます。

 

そもそも、サファイアとルビーの判別基準って、何だったか覚えていますか?

 

そうです、「色」でしたね。

赤いコランダムがルビー、それ以外の色のコランダムはすべてサファイアでした。

 

しかしこの「それ以外の色」って、何ともざっくばらんな言い回しだと思いますよね。

なぜなら、「赤紫とか、妙に赤っぽいピンクとかはどうなるのよ?」という問題が、ついて回ってしまうからです。

 

どのくらいの色の濃さや明るさをもって「赤」とするかというのは、実は国や鑑別機関によって多少のバラつきがある問題なんですね。

また、石の発色には石に含まれる金属の成分が絡んでいる、という事情もあります。

 

これはつまり、「××という成分が含まれているから、この石は▲▲!」と判定されることになる、ということを指しています。

しかし、「いくらその成分が含まれているとは言っても、この色には見えないんだが……?」という石も、当然出てきてしまうことはあります。

 

要するに、例えば「どう見ても紫っぽい色に見えるスタールビー」も、存在することになる訳ですね。

そもそも、ルビーとピンクサファイアを厳密に区別しようという動き自体、比較的新しい習慣だ、とも言われています。

 

うかつに素人が、色がどうこう、と言うのはよくなさそうであることがわかりますね。

じゃあ、どうすれば良いのでしょうか?

 

偽物スタールビーの見分け方!素人にできるの?

なかなか、根が深そうな問題が絡んでいることが把握できました。

では実際、疑わしいスタールビーを素人が自力で見極めることはできるのでしょうか?

 

調べてみると、いくつか方法があることがわかります。

  • スターの見え方で判断する
  • ルースの裏側を確認する
  • 手に乗せてみる

 

これらはそれぞれ、「スターがはっきり見えるものは偽物の可能性あり」「裏側がきれいすぎるものは偽物の可能性あり」「ひんやり感じないものは偽物の可能性あり」と紹介されています。

とはいえ、あくまでこれは「可能性アリ」を見極めることしかできないのです。

 

なぜなら、「実はこれだけでは判断できない場合があるから」なんですね。

天然のスタールビーにも、はっきりとスターが見られるものはあります。

 

ルースの裏側は、指輪などに加工されていたら確認できません。

直接触ることができない場合だって、想定されます。

 

こういう、素人が自力でどうにかすることが不可能なケースだって、大いにあるんですね。

 

なので、やはり無理せず鑑別機関で「鑑別書」を取得するなど、プロの力を借りることを頭に入れておきましょう。

鑑別書では、スタールビーも本物で あれば鉱物名は「天然コランダム」と記載されます。

なので、こういった情報を見たい方も、鑑別書の取得をオススメします。

 

それでは、スタールビーについてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、スタールビーについてお伝えしました。

 

スタールビーは「アステリズム」という特徴的な光効果を持つルビーのこと。
パワーストーン効果は、目標の達成や情熱を起こすエネルギーを持つとされます。

相性の良い組み合わせは、以下のとおり。

  • 【スタールビー×アメジスト】
  • 【スタールビー×ガーネット】
  • 【スタールビー×ブルーサファイア】
  • 【スタールビー×タンザナイト】
  • 【スタールビー×アイオライト】

 

それぞれの相乗効果についても、お伝えしました。

3人の体験談からも、スタールビーのパワーを感じていただけたことと思います。

 

合成石や、色の問題などがあること、判別する際はプロの手を借りるのが最善です。

魅惑のスタールビーの持つ効果を最大限に発揮してくださいね。

 

スタールビーによる体験談があるという方は、ぜひコメントしてください^^

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*