手相の金運線とほくろ!宝くじが当たるかどうかも分かるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

手相に「金運の線」があるなんて話を聞いたことはありませんか?

 

お金の問題は生活と切り離せないものです。

自分の金運について気になる人も多いのではないでしょうか。

 

特に宝くじや投資、大きな買い物は自分の金運が高まっているときにしたいですよね。

実は、手相占いでは、誰でも簡単にお金にまつわる運勢がわかってしまうのです。

 

金運線や財産線などの手のしわ以外にも、ほくろの位置で診断することもできますよ。

今回は、手相の金運線やほくろの位置、宝くじ当選者に多い手相や、金運が悪いことを表す手相についてわかりやすく紹介していきたいと思います。

手相の金運線とは?

金運にまつわる手相について聞いたことがある人は結構いると思います。

お金が貯まる線や投資で大儲けできる線など、いろいろな噂がありますよね。

 

経済的に豊かになるという結果にいたるまでには、貯蓄や投資、遺産相続、結婚などいくつかの手段や要因があります。

同様に、いわゆる「金運が上がる線」にもいくつかの種類があります。

つまり、何で成功しやすいかによって表れる手相が違うのです。

 

例えば、お金に関わる手相の一つ、金運線を知っていますか?

 

金運線は、薬指の付け根あたりから下に向かって伸びる縦線です。

特に、入ってくるお金との縁の強さを示し、濃くて長いほど「金運」が強くなります。

 

この金運線は、長さやカーブの方向によって、その人のお金にまつわる資質や運勢が異なります。

 

例えば、感情線で止まる金運線は「貯蓄の能力」にたけていることを表します。

 

このタイプの手相を持っている人は堅実な性格で、収入と支出のバランスに優れています。

経済的に困ることはなく、十分豊かで安定した生活を維持することが出来るでしょう。

 

感情線の下まで伸びている金運線は、お金を生み出す能力にたけていることを表します。

特に、頭脳線まで金運線が伸びている手相の持ち主は、努力を重ね自分の力で成功をつかむことが出来るでしょう。

 

もちろん、一攫千金も夢ではありません。

将来は、経済的に豊かな生活ができることが示されています。

 

金運線が中指側にカーブしている手相は「成功者の親の恩恵を受けられる」ということを示しています。

この手相の人は、もともと経済的に恵まれた家庭に生まれ、その後遺産を相続して豊かな生活を継続したり、親の会社の跡継ぎとして成功するタイプに多いです。

 

わたしの周りでは、実家がお金持ちで育ちのいい友人にこの手相がありました。

私の友人もそうでしたが、このタイプの手相の持ち主はとても穏やか。

なので、人を疑うことを知らないという性格をしていることが多いです。

そういう意味では、人一倍金銭関係の話には注意が必要と言えるでしょう。

 

金運線が小指側にカーブしている手相は、自分が好きなことで成功できるという未来を示しています。

自分の趣味が仕事になり、収入につなげることが出来るでしょう。

この手相の持ち主は、美的センスに優れていて、芸術などクリエイティブな分野での活躍が見込めます。

 

また。金運線が長く伸びて結婚線を横切っている手相は「玉の輿線」と呼ばれます。

将来はお金持ちと結婚して豊かな暮らしができるという、ちょっと羨ましい手相なんですね。

あるいは、夫婦が二人で財を成す未来を暗示しているとも考えられます。

 

ちなみに、もし金運線がなくても気を落とすことはありませんよ。

なぜなら、金運線がなくても「財運線」が強く出ているという場合もあるからです。

 

ではこの財運線とはどんな手相なのでしょうか?

 

財運線は、手相の持ち主のお金の貯蓄に関する資質や運勢を教えてくれる手相です。

小指の付け根から手のひらに向かって縦に伸びています。

この線が長くはっきりしているほど、お金を稼いで貯蓄する能力が高いです。

 

また、薬指側に寄っている人は、何かに「投資」することで金運が上がる人です。

小指側に寄っている人は、コツコツ「貯蓄」することで、より金運が高まるということを示しています。

 

ところで、これまでに紹介した金運線と財運線が伸びて運命線と三叉を作っている手相を知っていますか?

この手相は覇王線といって、お金にまつわる最高の手相とされています。

 

特に投資運が強く、起業や投資に向いている人の手相に多く現れます。

このように手のしわによって色々な金運の資質が分かります。

 

ところで、掌のほくろの位置によっても運勢が分かることを知っていますか?

実は、金運が高まるほくろの位置というのもあるんです。

どういう位置の基準があるのでしょうか。

続いて、詳しくご紹介したいと思います。

 

関連記事

 

手相の金運はほくろでも分かるの?

金運が上がるほくろの位置には、どんなものがあるのでしょうか。

 

手のひらの中央にあるほくろは、幸運を呼び寄せるという話を聞いたことがありませんか?

これは「福つかみ」といって、一度掴んだ幸運を逃さないという手相です。

特に、金運や勝負運を高めてくれています。

 

もうちょっと厳密に言うと、福つかみは重要な七つのどの掌線とも交わらず、手を自然に握って隠れる位置にほくろがある手相です。

 

七つの掌線とは、

  1. 生命線
  2. 運命線
  3. 感情線
  4. 知能線
  5. 結婚線
  6. 財運線
  7. 太陽線

のことですね。

そんな福つかみの中でも、ほくろの位置によっていくつかタイプがあることは、あまり知られていないようです。

 

福つかみの中でも、知能線と生命線の間にあるタイプのほくろは、富と名声の両方を手にできることを示す「強運の相」です。

 

感情線と知能線の間のほくろは、お金には困らないけれど、精神面で苦労する兆候です。

知能線と生命線の間のほくろは、お金の心配はないけれど、身体的な健康に注意が必要なことを示しています。

 

また、手のひらの真ん中ではなく、周辺部位にあるホクロにも、大きな意味があります。

例えば「薬指の根元」にあるほくろは、金運が良好であることを示しています。

 

また、この手相の人は社交性が高く、交友関係が広い傾向があります。

お金を十分に得ることは出来ますが、その場の雰囲気で散財してしまうこともあるので管理に注意が必要です。

 

特に、薬指のほくろの位置が、親指側に寄っている場合は、勝負運が強いです。

投資がうまくいったり、ギャンブルで勝ったりできる見込みがあります。

 

中指の「第三関節」のほくろは、倹約家で節約が上手なタイプであることを示しています。

几帳面でコツコツ貯金をするのが得意な人が多く、安定した生活を継続することができるでしょう。

 

小指の下方の「月丘」というふくらみにほくろがある人は、お金を計画的に管理出来るタイプが多いです。

この手相の持ち主は現実主義的に物事を考える能力が高いとされていて、お金の使い方も堅実です。

 

金運を上げる手相の中には、宝くじの運勢を上げてくれるものもあります。

自分が宝くじを引くのに最適のタイミングかどうか分かったらうれしいですよね。

 

続いては、宝くじ当選者に多い手相を紹介したいと思います。

 

関連記事

 

手相の金運!宝くじが当たるかどうかも分かるの?

金運にまつわる手相の中でも、宝くじの当選者に多い強運の手相があります。

それは、短い三本以上の線が重なって星のようになっている手相です。

 

この手相はスター線や星紋と呼ばれ、幸運が訪れる大吉相です。

特に小指の付け根の水星丘にあらわれる星紋は、お金にまつわる運勢を最高潮に高めてくれます。

 

加えて、金運線の上に星紋が出ている場合も思いがけない幸運を呼び寄せる兆候を示しています。

これらの手相はかなり金運が高まっている証なので、宝くじの高額当選や投資で大儲けしたりできるかもしれませんね。

 

あるいは、競馬やパチンコのようなギャンブル。

コンクールで賞金を得ることも考えられるでしょう。

実はわたしの周りでも、くじ運に強くて一緒にいるとなにかとラッキーなことに遭遇するという友人がいたのですが、彼もこの手相を持っていました。

スター線はかなりの強運を引き寄せますが、一般的に変化しやすい手相なので、運気が良い時を逃さず行動するのがおすすめです。

 

ところで、金運が良い手相が分かると、悪い手相も気になってくるのが人情かもしれません。

そこで、続いては「お金に縁がない手相」を、いくつかご紹介したいと思います。

 

関連記事

 

手相で金運が悪いのはどんな相?

お金に縁がない手相にも、いくつか種類があります。

まず、金運線が薄かったり短い手相は、お金に縁がなかったり、経済的な成功に関心がないタイプであることが多いです。

 

続いて、薬指の付け根に「金運線」が複数ある手相は、「浪費家の気質」があることを示してます。

この手相の人は、お金の管理が苦手で、後先考えずにお金を使ってしまうなんてこともあります。

 

ちなみに、私の学生時代のアルバイト先にお金の無心をしてくる先輩がいました。

冗談半分で手相を確認したらこの手相が出ていて、ある意味納得してしまった経験がありますよ。

あなたの周りにもそんな方がいたら、手相を確認してみても良いかもしれませんね。

 

また、金運線の途中に「島」があるタイプの人は、金銭関係のトラブルに巻き込まれやすいことを暗示しています。

同時に、借金のほかに予期せぬ大きな出費に見舞われる可能性もあるでしょう。

 

親指の付け根の「金星丘」の中心にほくろがある場合も、友人関係の裏切り、や金銭トラブルに遭遇しやすくなります。

こうした手相が出ているときは、普段からお金の管理に気を付け、信頼できる人としか金銭のやり取りはしないことをお勧めします。

加えて、この時期は大きく資産を動かしたり何かに投資することも控えておいた方が安心できるかもしれませんね。

 

それでは、手相の金運線についていろいろとお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、手相の金運についてお伝えしました。

 

金運の手相には、金運線、財運線があります。

これらの線の長さやカーブの具合によって投資や貯蓄についての素質がわかります。

 

中でも、金運線と財産線と運命線が三叉をつくった覇王線は、お金の強運を引き寄せます。

ほくろの位置でも金運がわかりましたね。

 

特に福つかみの相は幸運を引き寄せ、金運を高めてくれます。

宝くじに当たりやすいとされる手相もありました。

 

逆に金運が下がっている相には、金運線が複数あったり、金運線に島があったりする手相があります。

あなたも手相で金運が現れたら、すぐに行動を起こしてくださいね!

 

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*