ホワイトオパール意味と効果と相性!体験談は?偽物がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

ホワイトオパールというパワーストーンの、意味や効果を知っていますか?

 

「私の誕生石だ!」
「あのキラキラの光がたまらない!」

という人も多いホワイトオパール。

それほど人気なこのストーンは、やはりとても魅力的な効果を持っています。

 

また、キレイすぎて他の石と組み合わせるのが難しい、相性はどうなの?と感じている方も、いらっしゃることでしょう。

 

今回は、そんなホワイトオパールの意味や効果、組合せの相性、愛用された方の体験談をご紹介していきます。

気になる偽物に関する情報も、かなり詳しくお届けしますので、お楽しみに!

ホワイトオパールの意味と効果は?

ホワイトオパールは、10月の誕生石としても知られるオパールの中で、白色をしたものを特に呼ぶ際の言い方です。

意味と効果のお話をする前に、まずはオパールという石全体について、簡単に触れておきますね。

 

オパールとはどんな石?

オパールと言えば誰もが連想するのは、石の中で虹が光り輝いているように見える、あの独特な光の効果ですよね。

あれは実は、オパールが石の内部に、水分を内包していることによって見られる現象なんですよ。

 

「プレイオブカラー」とか「遊色」と呼ばれるもので、この光に見せられて、オパールにハマっている愛好家もいるほどです。

もっとも、すべてのオパールに見られるというものではなく、種類によっては遊色が見られないものも存在します。

 

そういった、遊色が見られないオパールたちは「コモンオパール」と呼ばれ、石の地の色を楽しむことができるということでこちらも人気を呼んでいます。

余談ですが、遊色が見られるオパールの方にも、「プレシャスオパール」という呼び方がありますので、覚えておくと便利ですよ。

 

もうひとつ、オパールには分類の仕方があるのですが、ご存知でしょうか?

その分類とは、「どんな岩石の中に生成されるか?」という違いによるものです。

 

それぞれ、サンドストーンオパールと、マウンテンオパールと呼ばれるのですが、岩石のどのような違いに由来すると思いますか?

 

ひとつは堆積岩(たいせきがん)、つまり地表にある岩石が風化して、水や風などに運ばれ、水中や陸上に沈殿し、堆積して出来た岩石の中にできるものです。

こちらがサンドストーンオパールと呼ばれるもの。

なので、そうなるともう一方のマウンテンオパールの方は、どんな岩石の中に生成されるか、何となくわかりますね。

ご想像通り、火成岩(かせいがん)です。

 

また、オパールは石の色の違いにより、以下の4種類に分けることができます。

  • ホワイトオパール
  • ブラックオパール
  • ウォーターオパール
  • ファイヤーオパール

さらに、母岩つきの「ボルダ―オパール」や「カンテラオパール」と呼ばれるものもあり、呼び名が違うことで異なる特徴と魅力を持っているのがオパールという石なのです。

 

パワーストーンとしてだけでなく、宝石や鉱物としても、オパールが人気の高い石である理由が、よくわかりますね。

それでは、そんなオパールの中で、特にホワイトオパールはパワーストーンとしてはどういった効果を持つものなのでしょうか?

 

ホワイトオパールの意味と効果!キーワードは遊色?

ホワイトオパールは、遊色が見られるプレシャスオパールです。

このため、様々な表情を見せる遊色の影響が、効果にも表れていると言われます。

 

その効果というのは、「持ち主に変化を及ぼす」というものです。

遊色の原因が、石の中に含まれる水分にあるということは、先ほどお伝えしましたよね。

 

水は心を映し出す鏡であり、水分によって現れる遊色は、心の変化そのものを表していると言われています。

確かに、人の心は常に不変で一定のもの……ではありませんよね。

 

心が揺れ動くことで、今まで自分でも知らなかった新たな一面や、隠された才能に気づくこともあることでしょう。

そうした出会いをもたらす効果を持つとされ、ホワイトオパールは心の奥深くに眠っていたものを目覚めさせてくれると言われています。

 

また、内部に含まれる水分が、「良い流れ」を引き寄せる効果を持っていることも、ホワイトオパールの特徴です。

せっかく新しい才能や可能性に気づくことができても、それを生かせる環境や状況に置かれていなければ、力を発揮することは難しいですよね。

 

ホワイトオパールの中にある水分は、そういった環境や状況からより良いものを引き寄せ、持ち主を導いてくれるものでもあります。

 

もちろん、「より良い環境や状況」には、人との出会いも含まれます。

希望に満ちた未来へとつながる良い人脈や良い出会いをもたらしてくれるので、ホワイトオパールには「キューピッドストーン」という異名もあるんですよ。

 

さらに、内包されている水には、持ち主の心を癒す作用もあります。

乾いた心を潤し、寂しさや不安感といったネガティブな感情を、洗い流してくれるのもホワイトオパールの効果なのです。

悪いものをすっきり洗い流せれば、次のステップに何の不安もなく踏み出していけるようになりますよね。

 

人の心の内面に働きかけ、悪いものを洗い流し、良いものを引き寄せる、ホワイトオパールはとても優しいながらも頼もしいパワーストーンなのです。

 

しかし、そんなホワイトオパールを他の石と組み合わせると相性や効果はどうなの?と気になる方もいるでしょう。

そこで続いては、ホワイトオパールと相性の良い石を詳しくご紹介していきます。

 

相乗効果のある、良い相性の石があるんですよ~^^

 

関連記事

 

ホワイトオパールの相性!組合わせが良い石の相乗効果とは?

ホワイトオパール相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【ホワイトオパール×サファイア】

ホワイトオパールとサファイアは、知性と美しさの両方を兼ね備えさせてくれる組み合わせです。

宝石同士の組み合わせでありながら、統制とゆらめきという対照的な波動を持つものの組み合わせになるため、ゆらめきにリズム感が与えられます。

 

芸術を愛する人に洞察力と表現を与えるお守りになります。

 

【ホワイトオパール×モルダバイト】

モルダバイトとは、過去世のヒーリングを行うのに適した組み合わせです。

自分の生まれてきた意味を探る瞑想や、自分をより深く知るためのメッセージを受け取る際に力を貸してくれます。

 

自分という存在に、きちんと向き合いたいときにぜひ身に付けたい組み合わせと言えます。

 

【ホワイトオパール×タンザナイト】

タンザナイトと組み合わせると、頭の回転を速くしてくれると言われています。

機知やユーモアに富んだ発想や言い回しをもたらし、機転が利くように促してくれます。

 

頑固な人や頭の固い人、機転が利かない人に軽やかさを与え、柔軟性をもたらしてくれます。

 

【ホワイトオパール×イエロートパーズ】

ホワイトオパールとイエロートパーズの組み合わせは、万人に愛される資質を養ってくれると言われています。

持ち主を舞台の真ん中に立たせ、存在感を際立たせて注目が集まるよう働いてくれます。

 

多くの人から愛される資質を養わせ、得意な能力を持った個性的な人のお守りになります。

 

【ホワイトオパール×ダイヤモンド】

ダイヤモンドとは、剛と柔のバランスをとってくれる組み合わせになります。

持ち主の信念を固め、バランスの良いエネルギーを生み出してくれますよ。

 

ただし、どちらもクセのあるパワーを持っているもの同士なので、身に付ける人を選ぶ組み合わせになると言われる点には、注意が必要です。

 

さて、いかがでしょうか?

どれも魅力的な相乗効果を持つことがわかりましたね。

 

しかし、相性や効果も話だけでは何だかピンとこないし、実感がわかないと感じている方もいることでしょう。

そこで続いては、ホワイトオパールを実際に身に付けて、効果を感じた!という方々の、生の声をお届けします。

 

どんな方が、どういった体験をしているのでしょう?

 

関連記事

 

ホワイトオパールの効果があった?体験談を3つご紹介します

それでは、ホワイトオパールの体験談です。

【体験談1:私にとって『魔法の石』】(30代女性)

数年前、母と一緒に出掛けた先で見つけたホワイトオパールのピアスを愛用しています。

別にそれほど高価なものではなく、あくまで「きらきらしてきれいだね」と母と意見が一致したので、お迎えしたという経緯のピアスでした。

 

このピアスが、何とも不思議なのです。

まず、失くしても失くしても、どこかから必ず出てきます。

 

そもそもそんなに何回も失くす時点でおかしいですし、その都度必ず後日見つかるというのも、不思議すぎます。

さらに奇妙なのは、ピアスをしているときは感覚が研ぎ澄まされると言いますか、「ああ、こうしておいてよかった!」という事態が必ず起こります。

 

大事故を防いだとか、そういうたいそうなものではないものの、「やっといてよかった!」という虫の知らせのようなことは今までに何度も起きています。

調べても、霊感とかそういう話は出てこないのですが、これが「隠されていた自分の才能に気づかされる」ということなのでしょうか。

 

嫌だな、と思うことを避けることができるので、とても重宝しているのですが、どう考えても不思議でしかたがありません。

【体験談2:急に色が変わったと思ったら……】(30代男性)

妻の誕生石がオパールなので、ホワイトオパールのペンダントを先日の誕生日に送りました。

パワーストーン好きの妻はとても喜んでくれたのですが、少々不思議なことが起きたので、ちょっと興奮しています。

 

妻は石に詳しいので、ホワイトオパールの扱い方も、充分心得ていました。

最初指輪を送ろうとしていた私に、「それだと取り扱いに気を遣うから」とペンダントを希望したほどです。

 

そのくらい注意して扱っていたはずのホワイトオパールが、数日のうちの急に色がおかしくなるという事件が起きました。

石にはあまり詳しくない私の目から見ても明らかだったので、相当だと思われます。

 

戦々恐々としていたのですが、予感的中で数日後、家庭を揺るがす大事件が起きました。

何とか乗り切ることができたのですが、あれは災厄の予兆だったのか、それとも身代わりだったのか、今でも思い出してはちょっとゾッとします。

 

妻は、「貴方とホワイトオパールが守ってくれた!」と喜んでいるので、結果オーライではあるのですけれどね。

【体験談3:見た目ほど優しくない美人さんでした】(40代女性)

誕生石なので、オパールは特に好きでいろいろ集めています。

ホワイトオパールが一番好きなのですが、カラーは特に問わないので、気が付いたらいろいろ増えていました。

 

集めて感じたのは、「この石、案外優しくないぞ」ということでした。

見た目はソフトで柔らかな印象なのですが、ちゃんと向き合うとピーキーと言うか、扱いのクセが強い印象です。

 

気分が上向いているときはいいのですが、落ち込んでいるときやしょんぼりしているときは、その気持ちを増幅してしまうな、という感じです。

一番お気に入りのホワイトオパールは特にそれが顕著で、ちょっとでもネガティブな気持ちがあるときに手に取ると、大変です。

 

そういうクセがあるとわかってからは、逆に付き合いやすくなりましたけどね。

こちらが元気で、上向き調子の時に使うようにすると、自分でもびっくりするくらい良い結果や状況に持っていくことができます。

 

一方的に頼るのではなく、性質をきちんと理解することの大切さを、教えられたと思っています。

 

みなさん、ホワイトオパールのパワーをしっかりと感じていらっしゃいましたね。

 

ところで、このように、うれしい体験が聞かれるホワイトオパール。

実は、気になることに、偽物に関する情報が結構多く見られるパワーストーンでもあります。

 

昨今の石業界では、偽物が出回っているという話が多く、ホワイトオパールに関しても気になるところですよね。

 

そこで続いては、ホワイトオパールの気になる偽物情報について、お伝えしていきます。

知識を身に付けることで、トラブルを防ぐことにもつながりますから、一緒に確認していきましょうね。

 

関連記事

 

ホワイトオパールに偽物がある?見分け方はどうすれば良い?

ホワイトオパールに限らず、各種オパールの「偽物」は実在するのが現状です。

しかし、いったいどのような偽物があり、見分ける方法はどんなものになるのでしょうか。

 

まずは、「偽物のオパール」がどういうものを指すのかから、見ていきましょう。

 

ホワイトオパールの偽物?人工のオパールがスゴい?!

まずは、人工オパールと呼ばれるものについて見ていきましょう。

 

人工オパールとは、天然のオパールとほぼ同じ性質を持ったものを、人工的に作りだしたもののことを指しています。

実は、この人工オパールを、世界で唯一製造しているのが日本の企業だという驚きの事実が存在するんですよ。

 

人工オパールの世界シェアナンバー1が日本の企業というのは、すごい話ですよね。

「でも、人工でしょ?」と言われてしまいそうですが、「人工だからこそスゴい!」と言えるところがある点が、人工オパールの特徴です。

 

まず、人の手で作り出すわけですから、輝きの邪魔になる内包物などは混入しないように調整することが可能です。

このため、高い透明度と強い遊色効果を楽しむことができるようになるという強みがあります。

 

また、石に含まれる水分量も調節できるので、天然オパールの弱点である「乾燥に弱い・割れやすい」という性質をカバーすることができます。

さらには、天然には存在しない色を作り出すことも可能で、遊色と地の色の両方を楽しめるのも利点です。

 

このように利点がたくさんあるため、人工オパールは現在数多く市場で見つけることができます。

もちろん、人工ホワイトオパールも製造は可能なので、市場にも出回っているものがありますよ。

 

ただし、気を付けておきたいのは、「人工だから悪い!」ということにはならない、という点です。

先程もお伝えしたように、人工オパールには天然のオパールにはない利点がいくつも存在しています。

 

そもそも人工の宝石が作られる理由も「天然では難しいものを作ってみよう!」という点にありますので、人工の宝石自体は悪いものとは言い切れないんですよね。

 

じゃあ、何が問題になるのか?

それは「人工宝石を、天然石と謳ってしまったらいけないよね」ということなんです。

 

特にパワーストーンとしてホワイトオパールが欲しい場合、人工では自然のパワーが存在しない気がしませんか?

だから、問題というわけですね。

 

ホワイトオパールの偽物?奥が深い合成オパールの世界

次は、合成オパールのお話です。

 

人工オパールと同じなんじゃないの?
・・・と思った方、実はほんの少しだけ、違うものを指すことがあるので、合わせて頭に入れておいてくださいね。

 

人工オパールは先ほどもお伝えした通り、天然のオパールと同じものを、人工的に作りだしたものです。

 

じゃあ、合成オパールとは何になるのか?

ざっくり言うと、3つの種類にわけることができ、それぞれ市場に出回っていることが確認されています。

 

一つ目は、本物のオパールを、別の宝石で補強したものです。

二つ目は、本物のオパールを、宝石ではない素材(合成樹脂など)で補強したものです。

 

これらはそれぞれ「トリプレットオパール」「ダブレットオパール」などの名前がついていて、市場でも確認されています。

 

そして三つ目は、全く別なものをオパールに見せかけているもので、「オーパライト」の名前で市場で見つけることができます。

 

こういった名前を知っておくことも、見分ける際の材料になりますから、覚えておきたいことになりますね。

 

ホワイトオパールの見分け方は?

じゃあ、これらの人工、または合成オパールを、素人が見分けることはできるのでしょうか?

ネットの情報では、「ダブレット、またはトリプレットは、貼り合わせられているものだから接着面となる側面を確認すると良い」などの判別方法が紹介されています。

 

しかし、昨今ではこの貼り合わせ技術も進歩しています。

そのため、素人が簡単に見分けられないものが増えているという報告例も上がっています。

 

さらに、「裏面や側面を見れば、貼り合わせかどうかは見分けられる」とも言われていますが、本当にそんなに簡単に判別できるのでしょうか?

 

本物と偽物とを見分ける際の最大のポイントは、「本物の特徴が完全にわかっていること」ですよね。

・・・ということは、本物がどのようなものか把握できていない素人には、少々ハードルが高いということになります。

 

もっと言ってしまえば、ルースなどの状態であればまだ確認もしやすいですが、ジュエリーにされてしまっていたらもう、完全にお手上げです。

 

なので、無理に自力で判別しようとせず、鑑別機関などのプロを頼るか、間違いなく本物を扱っている、信頼できるショップを見つけることをオススメします。

 

ちなみに、鑑別書の記載内容は、鑑別機関によって異なります。

ホワイトオパールの場合、

「鉱物名:天然オパール」
「宝石名:ホワイトオパール」
「天然オパール(ホワイト)と認む」

などの記載がされていますので、参考にしてくださいね。

 

それでは、ホワイトオパールについてたくさんお伝えしてきましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、ホワイトオパールについてお伝えしました。

 

ホワイトオパールは、遊色という効果の見られる「プレシャスオパール」の一種で、白色をしたオパールを特にこう呼びます。

パワーストーン効果としては、揺れ踊る光に由来する「新たな発見」や「癒し」のエネルギーがあるとされます。

 

相性の良い組み合わせは、以下のとおり。

  • 【ホワイトオパール×サファイア】
  • 【ホワイトオパール×モルダバイト】
  • 【ホワイトオパール×タンザナイト】
  • 【ホワイトオパール×イエロートパーズ】
  • 【ホワイトオパール×ダイヤモンド】

 

それぞれのうれしい相乗効果についても、お話しましたよね。

3人の体験談からも、ホワイトオパールのパワーを感じていただけたことと思います。

 

偽物としては、人工や合成のものが出回っているため、不安がある場合はプロの手を借りるのが最善です。

あなたも、素敵なホワイトオパールを身に着けて、ぜひ自分の魅力と運気を最大限に引き出してくださいね。

 

ホワイトオパールの体験談がある!という方はぜひコメントをお待ちしております^^

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*