アイリスクォーツ意味と効果と相性!体験談と人工の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

アイリスクォーツというパワーストーンの意味や効果を知っていますか?

そもそも「名前を聞くのも、お初」という方もいそうですが、実は最近、その効果が注目されているんですよ。

 

とは言え、「クォーツってことは水晶?」「ただの水晶とは違うなら、万能の組み合わせってわけではないのかな」などなど、疑問を抱える方もいそうですよね。

 

今回は、そんなアイリスクォーツの意味や効果、相性、体験談をご紹介していきます。

 

また、気になる「人工石がある!」という噂についても触れていきますので、ぜひ楽しみにお読み下さいね!

アイリスクォーツの意味と効果は?

アイリスクォーツは、和名「虹入り水晶」とも呼ばれるパワーストーンです。

意味や効果のお話をする前に、まずはこの石がどういうものなのかについて説明していきますね。

 

アイリスクォーツとはどんな石?

アイリスクォーツは、別名でレインボークォーツとも呼ばれる、石の内部に虹の輝きが見られる水晶を指す名前です。

 

ですがこれだけだと、「水晶は水晶じゃないの?」と思ってしまいますよね。

なので、もう少し詳しくお話していきます。

 

クォーツ、といえばパワーストーンではおなじみの水晶のことですよね。

そして水晶は、色や特徴によってさらに細かく分類することができるパワーストーンでもありました。

 

アイリスクォーツと呼ばれる水晶は、水晶内部にクラック(ひび割れ)があり、このクラックに光が反射することで、虹色の光を放つ性質を持っています。

 

通常、石の内部にクラックやインクルージョン(内包物)があると、価値の面に影響が出ます。

しかし、アイリスクォーツのように「クラックがあることで他と違う魅力を持つようになる」という石もあることは、ちょっと興味深い事実と言えるでしょう。

 

見る角度によって虹の光り方・輝き方が異なるため、何時間眺めていても飽きない!というファンもいるほど、美しい水晶なんですよ。

石としての性質は水晶そのものですから、モース硬度は通常の水晶と変わりありません。

 

しかし、内部にひびがあることで、衝撃には多少弱い可能性があります。

うっかり落としたりぶつけたりしないよう、取り扱いの際には注意したいところですね。

 

では、そんなアイリスクォーツは、意味と効果にどのような特徴があるのでしょうか?

 

アイリスクォーツの意味と効果は「万能の力」と「虹のパワー」?

それでは、アイリスクォーツの意味と効果を見ていきましょう。

特殊な効果が見られるものではありますが、アイリスクォーツも水晶の一種です。

 

そのため、水晶が持っているパワーは、アイリスクォーツにも備わっていると言われています。

水晶のパワーと言えば、あらゆる人・もの・石に対応することができる、万能の波動でしたよね。

 

邪気の浄化やもともと持っている能力やエネルギーを、より効率よく引き出して高めるなどの効果にも優れていました。

また、他の石が持っている強烈なパワーをやわらげてくれたり、複雑な作用を及ぼすものの影響をわかりやすくしてくれるなど、補助としての役割を果たしてくれる頼もしい石でもあります。

 

こういった、水晶が本来持っているエネルギーも、アイリスクォーツにも備わっていると言われています。

では、アイリスクォーツ独自の意味や効果はあるのでしょうか?

 

もちろんあります。

アイリスクォーツの内部にある「虹」のエネルギーが加わることで、普通の水晶にはないパワーを持つとされているんですよ。

 

そうなると気になるのが、「虹のエネルギーって何?」というところですよね。

 

ざっくり説明すると、「虹に備わっているイメージによるパワー」と「七色の光がもたらすパワー」の2つになります。

 

まず、「虹のイメージによるパワー」から見ていきましょう。

虹と言えば、希望の象徴ですよね。

 

明るい未来や華やかさ、幸福といったものの象徴としての側面も、虹にはあると言われています。

この輝きが石の内部に存在しているアイリスクォーツは、持ち主に明るい未来や幸福をもたらすと言われており、これが普通の水晶と異なるパワーになっています。

 

カリスマ性をもたらし、人気をアップし、人との付き合いの面で力を貸してくれるとされています。

 

次に、「七色の光がもたらすパワー」ですが、これはどのようなものだと思いますか?

パワーストーンの世界では、色にも大きな意味がありましたよね。

 

例えば、赤色は生命力と情熱、緑色や癒しと安らぎ、青は知性と冷静さ、黒は魔除け、白は浄化、といったものです。

虹色の光を持つアイリスクォーツは、その虹の光に含まれる色の作用を備えて持っている、と言われています。

 

つまり、赤と青と緑の光が見えるのであれば、生命力を燃え上がらせ、冷静さと知恵を持ち、リラックス効果が得られる、ということになります。

石によって虹色の光の見え方はさまざまですから、光に由来する効果もまた石によって多少左右されることになります。

 

とは言え、ひとつの石で複数の作用を得られることに違いはありません。

ですから、「いろいろ悩みがあってまず何から手をつけたらいいか・・・」という人には特にオススメですよ。

 

水晶に虹の輝きが加わることで、すごいパワーが備わるようになっていることがわかりました。

 

しかし、「水晶は組み合わせも万能だけど、アイリスクォーツになっちゃうとその辺は大丈夫?」という心配をしている方もいることでしょう。

 

そこで続いては、アイリスクォーツと相性の良い組み合わせになる石をご紹介していきます。

気になる相乗効果についても、しっかりご説明していきますね。

 

関連記事

 

アイリスクォーツの相性!組合わせが良い石の相乗効果とは?

相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【アイリスクォーツ×ルチルクォーツ】

アイリスクォーツとルチルクォーツの組み合わせは、チャレンジ精神と目標達成の意欲を高めます。

どちらも水晶系の石であり、そこにそれぞれが持つ「やる気アップ」や「幸運の引き寄せ」といった効果同士が加わる形になります。

 

チャンスを引き寄せ、成功と勝ち取りたいときにお守りとして持つと良いでしょう。

 

【アイリスクォーツ×アメジスト】

幸運体質になりたい人にオススメなのが、アイリスクォーツとアメジストの組み合わせです。

どちらも持ち主の意識に働きかけ、宇宙とつながるインスピレーションを与える石同士であるため、意識に大きな変化が訪れます。

 

幸せを引き寄せるのはどうしたら良いか、という意識を持てるようになります。

 

【アイリスクォーツ×コスモオーラ】

対話・プレゼンの能力を高めてくれる石同士の組み合わせになるのが、アイリスクォーツとコスモオーラです。

積極性や社交性を高め、良い人との縁を結ぶなど、特に仕事面でのよい人間関係の構築に力を発揮してくれます。

 

コミュニケーション能力を高めたい人のお守りとして、最適な作用を持つようになります。

 

【アイリスクォーツ×ラブラドライト】

虹のような輝きを放つ石同士で相性が良いのが、アイリスクォーツとラブラドライトです。

自由な発想や潜在能力の解放を促す作用があり、変化を求める人に新たな環境を示してくれます。

 

ネガティブ思考を退散させる光の作用も持つため、ヒーリング効果も高まります。

 

【アイリスクォーツ×ヘマタイト】

アイリスクォーツにヘマタイトを合わせることで、心身の癒しを促してくれます。

アイリスクォーツは心の癒しを、ヘマタイトは肉体の癒しをそれぞれ担当するため、疲労回復の効果がアップします。

 

血のめぐりをよくする作用も持つようになるため、集中力や作業効率のアップも見込めます。

 

どれも魅力的な相乗効果を持つことがわかりましたね。

しかし、いくら効果や相性の話をされても、「実感わかないなあ」という人もいますよね。

 

そこで続いては、アイリスクォーツを実際身に付けて、効果を感じた!という方々の生の声をお届けします。

どんな方が、どういった体験をしているのでしょうか。

 

関連記事

 

アイリスクォーツの効果があった?体験談を3つご紹介

それでは、アイリスクォーツの体験談です。

【体験談1:プログラミングとは何ぞや?】(30代女性)

パワーストーンにはまって、もう随分になります。

しかし最近まで、「石の波動を感じて~」とか「石と同調して~」という感覚が、今一つ掴めませんでした。

 

行きつけのストーンショップでそれを相談したところ、勧められたのがアイリスクォーツでした。

「願いを込めるイメージを掴みやすい」とのことだったので、ひととおり浄化した後、早速チャレンジしてみました。

 

うまく表現できないのですが、「虹が反応してくれている」という感覚が近いと思います。

頭の中で、「癒されたい」「幸運を引き寄せたい」という具体的な願い事を念じると、虹がきらっとするのが見えたように思えました。

 

これがプログラミングというものなんだなあ、と始めて実感できる体験をしました。

当然、しっかり願いを込めたアイリスクォーツはバリバリにパワーを発揮してくれています。

 

日々、ちょっとしたラッキーや「よかったなあ」と思える出来事に出会えているので、これがアイリスクォーツの影響だろうと思っています。

【体験談2:狙ってゲットしたわけではなかったのですが】(20代女性)

先日、彼氏と旅行に出かけた際、「水晶掬い放題!」みたいなお土産を見つけ、二人でやってみました。

小さな水晶のタンブルを掬うというお土産で、二人でかなりの量を手に入れました。

 

その中に2、3個ほど、中に虹みたいな光の見えるものがあり、「珍しいねえ」と彼氏と言っていました。

これがちょっとスゴい水晶だとわかったのは、数日後のことです。

 

彼氏も私も、「こうなったらいいなあ」と思っていたことが叶うという出来事に見舞われました。

私の場合は部署の異動、彼氏は大きなプロジェクトのメンバーに抜擢されたんです。

 

どちらもなかなか難しいと言われていたことだっただけに、時期が重なったので二重にビックリしました。

虹入りの水晶は、アイリスクォーツと呼ばれるちょっと特別な水晶だったんですね。

 

探し求めて買ったわけではありませんでしたが、逆に運命を感じてしまったできごとでした。

【体験談3:くるくる回すと楽しい】(30代男性)

近所の石屋で、水晶玉を買ったことがあります。

そこそこの大きさの丸玉で、中に虹色の光が見えるものでした。

 

アイリスクォーツと呼ばれるものだと、お店の人に教えてもらったので何となく覚えています。

くるくる回すと万華鏡みたいに光の見え方が変化するので、暇なとき眺めているととても楽しいですね。

 

水晶は、内包物を楽しむこともできる興味深い鉱物だと知ってはいましたが、実際見てみると面白さがよくわかる、といった感じです。

しかも、水晶玉を覗いたあとには、必ずちょっと良いことがあるんですよね。

 

仕事で褒められたり、探し物が見つかったり、迷っていたことの決断を下す材料に出会ったり。

パワーストーンというものに興味を持ったことはなかったのですが、あまり立て続くと「これはもしかして?」と思ってしまいますね。

 

みなさん、アイリスクォーツのパワーをばっちり感じていましたね。

しかし、アイリスクォーツにも気になる噂があり、なんでも「天然」と「人工」のものが存在しているというのです。

 

人工のアイリスクォーツ、とはいったいどういうものなのでしょうか?

続いては、アイリスクォーツの人工物など、偽物に関する情報をご紹介します。

 

素人にもできる見分け方は、あるのでしょうか?

 

関連記事

 

アイリスクォーツの人工の見分け方!偽物があるって本当?

アイリスクォーツは、石の内部にクラックが生じていることが虹色の光が見える要因になっています。

実はこのクラック、人工的に発生させることができるものでもあるんですね。

 

アイリスクォーツの人口は「クラック」がポイント?

アイリスクォーツの美しい虹のもとになる「クラック」は、水晶の内部に生じたひび割れのことを言います。

 

でもこのクラック、どうして発生するのでしょう?

これは、石が自然界で成長している段階において、大きな圧力がかかることによるものだと言われています。

 

また、採掘された後も、気圧・温度・湿度などの変化を受けて、水晶の内部に亀裂が生じることは、充分にあるとも言われます。

外側からぼっきり折れたり割れたりするのではなく、内部にのみこのようなひびが生じることは、珍しくないんですね。

 

また、パワーストーンとして愛用していた水晶に、ある日突然見覚えのないクラックが発生した!という事例の報告もあります。

邪気の吸収や、悪い運気を取り去るために、水晶が力を使った結果クラックが生じるというケースもあるんですね。

 

このように、物理の面からもスピリチュアルの面からも、水晶にクラックが生じることはあるとされています。

そして、人の手に渡る前の段階でこのような内部のクラックが生じたものが、アイリスクォーツになるというわけです。

 

人工アイリスクォーツ=人工的にクラックを入れたもの?

しかし、水晶にクラックを生じさせることは、実はあまり難しくないと言われています。

なぜなら、「水晶にひびを入れる」こと自体が、さほど難しくないためです。

 

先ほども説明した通り、圧力や温度、湿度などを要因として、水晶に自然にひびが入ることは大いにあるということですよね。

同じように、ひびの原因になる力を、外側から人間が加えればよい、ということになります。

 

つまり、「普通の水晶に、人為的にクラックを生じさせて作ったもの」が、人工アイリスクォーツと呼ばれ、出回っている可能性はゼロとは言えないことになりますね。

 

しかし、ここでひとつ気を付けておきたいことがあります。

それは、「ひびさえ入れば、必ず虹が見えるというわけではない」ということなんですね。

少し詳しくお話していきます。

 

内部のクラックによって、虹色の光が見えるのがアイリスクォーツの特徴でした。

しかし、内部にひびが入っていても、虹色の光が見られないこともあるんですよね。

 

なぜかと言うと、「クラックに絶妙に光が当たることで初めて虹色の光が発生するから」です。

言い換えれば、「良い感じに光が当たらなければ、どれだけクラックが入っていても虹色の光は見られない」んですね。

 

つまり、天然であれ人口であれ、クラックが入っているのに虹色の光が見られないアイリスクォーツもまた、出回っている可能性があるということです。

虹色の光が見えるか見えないかは、天然か人工かの判断基準には、なってくれなさそうです。

 

同じ「クラック入りの水晶」でも別物がある?

素人にとって、輪をかけて悩ましい話題と言えるのが、「クラッククォーツ」の存在です。

こちらも実は、水晶の内部にひびが生じたもののことを指します。

 

「え?アイリスクォーツと同じだね?」と思いますよね。

 

しかし、アイリスクォーツとクラッククォーツには、明確な違いがあります。

 

アイリスクォーツはあくまで、「クラックを由来として、虹色の光が見える水晶」を指しました。

要するに、「虹色の光が見える」程度には、石に透明度が求められるわけです。

 

しかしクラッククォーツは、水晶全体に細かな内部のひびが入っているものを指すことが多く、虹色の光どころか水晶の内部の様子を見ることも難しいです。

見た目のひびの多さで区別できるとは言え、同じような条件を持つものがあるとなると、紛らわしいですよね。

 

また、「クラッククォーツは人工的にクラックを生じさせた水晶である」というイメージを持つ人も、多くいるという報告例もあります。

何やら、簡単な話ではなさそうだな、という雰囲気が感じられますね。

 

アイリスクォーツの見分け方!やはりプロを頼ろう

クラックが人工かどうかを、素人が判断するのは危険そうだな、ということがわかりましたよね。

ここはやはり、鑑別機関やお店など、プロの手を借りるのが一番確実です。

 

素人が目で見るだけではわからないことを、調べる手段をプロは知っています。

自力でなんとかしようとせずに、プロの力を借りることを覚えておきたいですね。

 

なお、鑑別書でアイリスクォーツは「鉱物名:天然クォーツ」「宝石名:アイリス・クォーツ」と記載されます。

信頼できるパワーストーンショップでお願いすれば、もちろん鑑別書は発行してくれますよ。

 

有料なのか無料なのかは、販売されているお値段等、ショップの判断によるものとなります。

どうしても本物かどうかを確認したいという場合は取得すると良いでしょう。

 

それでは、アイリスクォーツについてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、アイリスクォーツについてお話してきました。

 

アイリスクォーツとは、内部のクラックにより、虹色の光が見える水晶のことです。

虹のパワーや万能の力を持っていて「幸運を呼ぶ石」とされています。

 

また、相性が良い組み合わせは、以下のとおり。

  • 【アイリスクォーツ×ルチルクォーツ】
  • 【アイリスクォーツ×アメジスト】
  • 【アイリスクォーツ×コスモオーラ】
  • 【アイリスクォーツ×ラブラドライト】
  • 【アイリスクォーツ×ヘマタイト】

 

それぞれの相乗効果についても、お伝えしましたね。

3人の体験談からも、アイリスクォーツのパワーを感じていただけたことと思います。

 

人工的にクラックを生じさせたものがりあり、見分ける際にはプロの手を借りるのが最善です。

アイリスクォーツを身に着けて、あなたも素敵な運気アップを果たしてくださいね。

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*