ホワイトオニキス意味と効果と相性!体験談が凄い?偽物あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

ホワイトオニキスというパワーストーンの、意味や効果を知っていますか?

 

「オニキスって言ったら黒い石では?」
・・・と思われがちですが、実は白いオニキスもあり、スゴいパワーがあると言われているんですよ。

 

色が違うと意味も異なりますから、相性の良い組み合わせに関しても、気になるところですよね。

 

今回は、そんなホワイトオニキスの意味と効果、相性、体験談をお届けします。

また、気になる偽物情報や見分け方等についてもご説明しますのでお楽しみに!

ホワイトオニキスの意味と効果は?

まず、ホワイトオニキスは、その名前の通り白いオニキスです。

意味や効果のお話をする前に、まずはこの石がどのようなものかについて、見ていきましょう。

 

ホワイトオニキスとはどんな石?

オニキス・・・といえば魔除けのパワーストーンの定番の黒い石ですよね。

それの白色?どういうこと?となっている方もいることでしょう。

 

実はここには、「オニキス」という石の呼び名に関するちょっとした事情があるんです。

ヒントは、オニキスの和名にあるのですが、ご存知でしょうか?

 

そうです、オニキスは和名で「縞瑪瑙(しまめのう)」と呼ばれていますよね。

このことからもわかるように、もともと「オニキス」とは、白と黒の縞模様をしたアゲートのことを指す名前でした。

 

名前の語源も、ギリシャ語で「縞模様」を意味する「onux(オニクス)」という言葉です。

ところが、だんだんと縞模様の見られない黒い「ブラックオニキス」や、紅い模様が美しい「サードオニキス」なども含まれるようになりました。

 

そして現在では、白くて縞模様の見られない「ホワイトオニキス」も、広く流通するようになっている、ということなんですね。

石自体はアゲート、つまり瑪瑙ですから、モース硬度は7とかなり安定している石です。

 

混じり気のない、真っ白い石であるということも大きな特徴で、色味の面から明るい石に合わせやすいと言われているんですよ。

そんなホワイトオニキスは、パワーストーンとしての効果はいったい、どういうものなのでしょうか。

 

ホワイトオニキスの意味と効果はお守りと前向き思考?

ホワイトオニキスよりも一般的なブラックオニキスは、強力な魔除けのパワーストーンとして知られていますよね。

実はホワイトオニキスも同様に、強い魔除けの作用を持つことで、知られているんですよ。

 

不安や悲しみと言った、ネガティブな感情をクリアにして、心の整理をさせてくれる石として知られています。

最近はやりの「断捨離」みたいな感じですね。

 

実際、気持ちの「断捨離」も大事だと、最近言われるようになってきているのはご存知でしょうか。

終わったこと、過ぎたことを、いつまでも引きずっているのは確かに、メンタルによくないですよね。

 

そういった後ろ向きな感情を整理することで、自分を正しく認識し、評価することもできるようになります。

このため、ホワイトオニキスは、「自分を見失わないためのお守り」という側面も持っている、と言われています。

 

また、気持ちがスッキリして物事を正しく認識できるようになることで、物事に対する理解力も向上します。

 

集中して物事に取り組めるようにもなるので、目標の達成や、仕事運のアップの手助けもしてくれるとされています。

 

さらに、ストレスの克服やスタミナの改善にも効果があるとされ、スポーツをする人のお守りにも適していると言われています。

 

もちろん、スポーツには縁がないよーという人であっても、日々ストレスにさらされていたり、スタミナ不足が悩みという人はいますよね。

そういった人々に活力を与え、新たな可能性を探る手がかりになってくれるという効果も、ホワイトオニキスには指摘がされています。

 

そして、パワーストーンの効果を知る上で欠かせないのが、色が持つ意味でしたよね。

ホワイトオニキスのような白い石は、純粋さ、清浄を表す意味が含まれると言われます。

 

このため、ホワイトオニキスには持ち主を浄化したり、持ち主が抱える問題や悩みの浄化をする作用があるということも、押さえておきましょう。

 

いかがでしょうか?

ホワイトオニキスが不必要なネガティブ思考を切り捨て、気持ちを前向きにしてくれることがわかりましたね。

 

しかし気になるのは、「ブラックオニキスとは相性の良い石も違うの?」というところではないでしょうか。

 

そこで続いては、ホワイトオニキスと相性の良い組み合わせになる石をご紹介していきます。

気になる相乗効果についても、ばっちりご説明していきますね。

 

関連記事

 

ホワイトオニキスの相性!組合わせが良い石の相乗効果とは?

相性が良いのは、以下の5つの組み合わせです。

 

【ホワイトオニキス×ガーネット】

赤いガーネットとホワイトオニキスを組み合わせることで、お守りとしての効力が高まります。

邪気と負の感情を鎮め、心をコントロールしてくれる石の組み合わせであるため、持ち主のメンタル面を支えてくれる効果が倍増します。

 

理想の実現のため、情熱的に行動して成功を呼び込む手助けも、してくれる組み合わせです。

 

【ホワイトオニキス×ラピスラズリ】

どちらもお守り効果に特化しているホワイトオニキスとラピスラズリを合わせることで、強力な魔除けのお守りになります。

 

持ち主の魂を成長させ、冷静な思考を保つようサポートしてくれるので、悪いものを遠ざけて成功に近づくことができるようになります。

 

ただし、ラピスラズリは「必要な試練は敢えて運んでくる」性質がありますので、注意して身に付けるようにしましょう。

 

【ホワイトオニキス×アメジスト】

ホワイトオニキスとアメジストの組み合わせは、恋愛運と癒し効果を高めてくれます。

困難を乗り越え、永遠の愛を育む手助けをし、愛情面での成功や目標の達成の手助けをしてくれます。

 

また、感情をコントロールする作用も持つ石同士なので、気持ちを落ち着かせたいと気にも効果を発揮してくれます。

 

【ホワイトオニキス×ターコイズ】

仕事や旅行、お出かけの際の安全を祈願するお守りになるのが、ホワイトオニキスとターコイズの組み合わせです。

古くから神聖なものとされ、旅の安全を守る石として知られてきたターコイズのパワーが、ホワイトオニキスが持つ魔除けの作用に加わります。

 

また、疲れた心身を癒す空と雲の色を持つ組み合わせにもなるため、疲労回復のお守りにもなってくれます。

 

【ホワイトオニキス×ブラックオニキス】

ホワイトオニキスとブラックオニキスという、オニキス同士の組み合わせは、魔除けと願望成就の意味を持ちます。

色違いの同じ石の組み合わせで、その石が持つパワーを底上げしてくれるため、それぞれが本来持っているパワーが共鳴すると言われています。

 

ただし、魔除けの一点強化な組み合わせになるので、他の運を上げたい場合は他の石を取り入れる必要が生じます。

 

どの組み合わせも、魅力的な相乗効果ばかりでしたね。

しかし、話だけではちょっと実感がわかないしピンとこない・・・という人もいることでしょう。

 

そこで続いては、ホワイトオニキスの効果を実際に体験した方々の、生の声をお届けします。

どんな方が、どういった体験をしているのでしょうか。

 

関連記事

 

ホワイトオニキスの効果があった?体験談を3つご紹介します

それでは、ホワイトオニキスの体験談です。

【体験談1:理不尽な恨みを撃退!】(40代女性)

人から恨まれるようなことをした覚えはないのですが、一方的な恨みを買っていたと言われた時期がありました。

 

当時は何かと運も悪く、御祓いなどもお願いしていたのですが、なかなか根本的な部分が解決しきらないという状況が続いていました。

そのとき、拝み屋さんから渡されていたのが、ホワイトオニキスでした。

 

嫉妬や恨みなど、ネガティブな感情を寄せ付けない石だと言われていました。

逆恨みなどの理不尽な恨みの対策にも良いと言われていたので、ブレスレットをずっと身に付けていた覚えがあります。

 

粘着質な負のオーラから守ってくれるような、安心感のあるブレスレットでした。

現在は状況も改善し、ブレスレットもしまってあります。

 

しかし、いつ同じようなできごとが起きるかわからないので、大切に保管してあります。

ひとの力でどうにもできない問題は、石の力を借りるのが良いとわかったできごとでした。

【体験談2:色合い的に「おいしい」??】(20代女性)

趣味でパワーストーン集めをしており、身内や知り合いにブレスレットなどを作ってプレゼントもしています。

このほど、従姉妹の娘が小学校を卒業すると言うので、お祝いになにかブレスレットを作って贈ることになりました。

 

まだまだ女の子と呼べる年齢の子なので、ホワイトオニキスにピンクオパールやアマゾナイトを合わせて、いちごミルクとかクリームソーダみたいな色味になるように組み合わせました。

これがどうやら、魔除けと恋愛運アップ、仕事運の上昇という効果を発揮してくれたらしいのです。

 

従姉妹からの話で、私がブレスレットを贈った彼女の娘さんは、中学校生活を早くも満喫していると聞かされました。

素行の良くない友達との縁が切れ、積極的に学校の活動に参加し、そういう交流の中でいい雰囲気の男の子にも出会えたんだとか。

 

今までも、ブレスレットのおかげだー!という話はよく聞かされてきましたが、ここまで効果が出たのは初でした。

特にホワイトオニキスの相性がいいようなので、また何か作って贈ろうと思っています。

【体験談3:最近、悪いことが起きていない】(30代女性)

白い石が好きで、フロスト水晶やホワイトオニキスをブレスレットによく入れます。

 

霊感とかはまつでないので、石のパワーとか波動とか言われても、あまりピンと来ない方です。

しかし、ホワイトオニキスだけはちょっと違うと感じています。

 

と、言うのも、ホワイトオニキス入りのブレスレットをしていったときと、そうでない時とで、明らかに運が違います。

嫌なこととか、起きたら面倒になることが、ホワイトオニキスのブレスをしている日は起きません。

 

魔除けの効果が高いと聞いてはいましたが、これほど強いとは思っていませんでした。

おかげで今日も楽しく過ごすことができました。

 

みなさん、ホワイトオニキスのパワーをばっちり感じていましたね。

 

このように、様々な体験が寄せられるホワイトオニキス。

ですが、気になることに偽物があるという噂が出回っています。

 

昨今の石業界でも、偽物の話題はよく取り上げられますから、心配ですよね。

そこで続いては、ホワイトオニキスの偽物事情を整理していきましょう。

 

正しい知識を身に付けることが、トラブルを回避する手段に繋がりますよ。

 

関連記事

 

ホワイトオニキスの偽物!見分け方はあるの?

合成石や模造品などのほかにも、偽物と呼べるものが流通しているケースが、ホワイトオニキスにはあります。

まずはきちんと、現状を把握することから始めましょう。

 

ホワイトオニキスの偽物?着色と漂泊

よく目にする「偽物のホワイトオニキス」の例といえば、着色または漂泊されたものが出回っている、といううわさです。

人の手が加わっているものですから、確かに100%の天然ではないといえば、そのとおりですよね。

 

しかし、ここで考えておきたいのが、「そもそも『オニキス』ってどんな石だっけ?」という問題です。

 

オニキスの和名は、「縞瑪瑙」でしたよね。

そして、この縞模様の中で、黒い部分がブラックオニキス、白い部分がホワイトオニキスと呼ばれるようになった、という背景がありました。

 

つまり、もともと「混じり気なし!真っ白!」というホワイトオニキスは、ちょっと稀少なものだったはずなのです。

 

当然、黒い部分を取り除ききれなかった場合、白く染めたり漂泊したりするものがあっても、おかしくはありません。

とは言え、これらも石そのものは、オニキスと呼べるもののはずですよね?

 

このように、「ホワイトオニキスの偽物」の問題の裏には、ちょっとややこしい事情が絡んでいるケースが少なくないんです。

 

呼び方の習慣も絡む「ホワイトオニキスの偽物」問題

こういった、オニキスという石の呼び方に関する問題は、海外ではさらに深刻なことになるケースもあります。

 

特に、建材などの分野の話にはなるのですが、縞模様のある石材が「オニキス」と呼ばれて流通していた事例が、実は報告されているんです。

 

「縞があるんなら、問題ないんじゃないの?」
・・・と思った方、そうはいかないんですよ。

なぜなら、たとえば大理石やカルセドニーなど、石としてそもそも「オニキス」ではないものが、「オニキス」という名称で出回っているためです。

 

本来、大理石と言えばマーブル模様ですし、カルセドニーに縞模様と言われても、ピンとこないですよね。

しかし、自然の造形である石にはときとして、「そんなことある!?」みたいな色や模様のものが産出することがあります。

 

縞瑪瑙と間違われてもおかしくないような、綺麗な縞模様が見られる大理石やカルセドニーが産出しても、不自然ではないんですね。

 

しかし、石としてまったくの別物が、混同して流通しているのはちょっと問題です。

パワーストーンは、その石が持つ不思議なパワーが目的で、求めるものですよね。

 

と、いうことは、全然違う石では意味がない!ということになります。

こういった事情があることも踏まえておかないと、「ホワイトオニキスの偽物」の問題をクリアすることは難しいと言えますね。

 

ホワイトオニキスの偽物の見分け方はプロに頼ろう!

素人がちょっとやそっとの知識で、見分けたり判断したりするのは、難しそうな話であることがわかりましたね。

ホワイトオニキスの本物を手に入れたいのであれば、無理せずプロの手を借りるのが最善だと言えるでしょう。

 

「プロの手を借りる」と言っても、何も鑑別機関に頼ることを言うのではありません。

正しい知識のある、信頼できるショップを探すことも、手段のひとつです。

 

裏を返せば、フリマアプリやネットオークションなど、詳しい質問ができない相手は用心した方がいい、ということになりますね。

昨今の偽物トラブルも、多くはフリマアプリなどが原因と言われていますから、ちゃんとしたショップを探すことはとても重要と言えます。

 

また、鑑別書を発行してもらうことで、加工の有無や重量などを知ることもできます。

発行してもらった際には、ぜひ確認してみてくださいね。

 

それでは、ホワイトオニキスについてたくさんお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、ホワイトオニキスについてのお話でした。

 

縞瑪瑙と呼ばれるオニキスの中で、白色をしたものがホワイトオニキスです。

パワーストーンとしての意味は、高い魔除け効果と、気持ちの整理をつけてくれるということでした。

 

相性が良い組み合わせは、以下のとおり。

  • 【ホワイトオニキス×ガーネット】
  • 【ホワイトオニキス×ラピスラズリ】
  • 【ホワイトオニキス×アメジスト】
  • 【ホワイトオニキス×ターコイズ】
  • 【ホワイトオニキス×ブラックオニキス】

 

それぞれの相乗効果についても、お伝えしましたね。

3人の体験談からも、ホワイトオニキスのパワーを感じていただけたことと思います。

 

染めや漂泊、呼び方の習慣から偽物と言えるものが出回っているため、判別はプロに頼るのが最善です。

 

あなたも、ホワイトオニキスを身に着けて魔除けや断捨離のお守りにしてみませんか?

ホワイトオニキスでこんな体験談があった!というお話がありましたら、ぜひコメントしてくださいね^^

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*