手相の十字線!左右の手や両手など場所による吉凶の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。開運アドバイザーのまりんです。

 

あなたは手相の「十字線」についてご存知ですか?

 

そう。手の平の中にある、線で出来た「バッテン印」のことです^^

有名なものだと、神秘十字線がありますが、十字にどんな意味があるのか気になっている人も多いですよね。

 

実は、十字線にはいろいろな運勢がつまっていて、左右の手や両手による違いもあります。

また、人差し指や中指など、どの指の下に表れるかによっても、手相の意味は大きく変化します。

 

あなたの手に表れた十字線は、吉なのか?凶なのか?

今回は、そんな手相の十字線について詳しくお伝えします。

手相の十字線とは?

神秘十字線のように「十字線」とつく名前の手相がありますよね。

どんな線が手相の十字線にあたるのか知っていますか?

 

十字線とは、二本の線が十字架のように交わったり、バツ印になっていたりする手相のことです。

十字紋、クロスとも呼ばることもあります。

 

大きさには個人差がありますが、大体二本の線の長さが1cm以上あるものは十字線と見て良いでしょう。

十字線と聞くと、十字架のようでなんだか守ってくれる意味があるような気がしませんか?

 

ただ、意外なことに、十字線は基本的に障害線となることが多いんです。

そのため、好ましくない出来事の予兆を示すことが結構あるんですよね。

 

例えば、十字線が基本七大線の上にあったり、手のひらの丘と呼ばれる場所にあると、それらが持つ良い意味を弱めてしまうんです。

また、運命線が十字線で終わっている手相は、このままだととても悪いことが起こる、という警告の意味があります。

 

はっきりとした十字線がたくさんある手相は、困難や障害が多い人生を示しているということが考えられます。

 

でも、良い意味と読み取ることもできるんですよ。

十字線の多い手相は、他者の悩みや困難に向き合うことが多い人生を示しているとも読み取れるんです。

 

例えば、医師や弁護士、教師、臨床心理士などの職業に就いている人の手相は十字線が多いことが考えられるでしょう。

 

実際、私の高校時代の先生に、とても面倒見がよくて親身に生徒の話を聞いてくれる方がいました。

で、手を見せてもらったら、その先生も沢山十字線が入った手相を持っていたんですよね。

当時「やっぱりね~!」と思ったのを今でもよく覚えています^^

 

ところで、十字線が左右のどちらの手にあるかで意味が異なることを知っていますか?

また、両手にある場合でも意味が変わるんです。

 

どんな風に違うのか気になりますよね。

次で詳しく解説したいと思います!

 

関連記事

 

手相の十字線!右手や左手や両手にある人の運勢は?

左右のどちらの手に十字線があらわれるかにって、どんな風に意味が変わるのでしょうか?

また、両手にある場合はどんなことを示しているのでしょうか?

 

まず前提として、手相は「利き手」と、その逆の手で意味が変わります。

日本人には右利きの人が多いので、ここでは右手を利き手として考えたいと思います。

 

右手には、現在から未来のことが表れます。

その人が後天的に身につけた運の強さや能力、これからの運勢が強く現れるのは右手になります。

 

ですから、右手にあらわれる障害線になるタイプの十字線は、これから不幸なことが起こるという警告と読み取ることができます。

例えば、右手の運命線に障害線になる十字線が表れた場合は、仕事でなにかトラブルに見舞われるかもしれません。

 

薄い十字線なら小さなミスやトラブル程度かもしれません。

ですが、濃くはっきりしたものなら降格になったりリストラされたりしてしまう恐れがあります。

 

「頭脳線」の末端が十字線で終わる手相。

これも、注意力や慎重さの欠如によって怪我をしたり、悪い病気にかかってしまうことが考えられます。

 

「生命線」の上に十字線がある手相。

その場合も、病気や怪我など身体的な不調をきたす可能性があります。

この手相の方は、健康意識を持ち、日常生活を改めることをおすすめします。

 

一方、左手は「過去」や「先天的な要素」が現れます。

例えば、その人の元々の性格や生まれ持った才能、運の強さなどがこれにあたります。

 

そのため、左手に障害線になるタイプの十字が多いという人は、生まれもった運が弱かったり、不幸な運勢であるということが考えられます。

でも、この手相は生まれつき人の悩みや困難に深く関わり、その解決に尽力する運命にあるということを示すとも読み取れます。

 

生まれながらに、悩んでいる人を助け、正しい方向へと導く素質を持っているのかもしれませんね。

 

最後に、両手に十字が現われている手相。

その場合は、生まれ持った運勢を、そのまま生きているという意味になります。

 

両手に十字線があるという場合は、困難の多い運命に生まれ、そのままま困難の多い人生を懸命に生き抜いていると読み取ることができると思われます。

あるいは、元々他者の悩みに縁がある人生で、これから先も何かしらの形で他者の困難や悩み事に関わる人生であることを示します。

 

こうした手相の持ち主は、他者の問題を解決することが、自分の素質を生かすことに繋がると思われます。

 

ところで、そんな凶相を示すことが多い十字線ですが、位置によってその意味が大きく異なります。

例えば、十字線が人差し指や小指の下など、5本指のどの指の下に表れているのかによっても違うんですね。

かなり気になりますね。続けて見て行きましょう。

 

関連記事

 

手相の十字線!人差し指の下など指によって運勢が違うの?

十字線は、位置によって良い意味のこともあれば悪い意味のこともあるんですよね。

ここでは、五本の指の下に十字線があった場合、それぞれどんな意味になるのか解説したいと思います。

 

まず、人差し指の下に十字線がある手相ですが、これは「吉相」を示しているんです。

十字線なのに「吉相」の手相は結構レアですよね。

 

人差し指の下の「木星丘」と呼ばれる場所に十字線があると、幸運が舞い込んできたり良い縁に巡り会うことができるとされています。

 

わたしの友人にも、この手相を持っている人がいます。

不思議なほど良い縁に巡り合うことができ、今は幸せな家庭を築いています。

木星丘に十字線がある人は、ポジティブ思考の人が多いと言われていますが、彼女もその例に漏れずとても明るく前向きな性格の子でしたね。

 

次に、親指の下に十字線がある手相。

この場合ですが、この手相は残念ながらあまりいい意味ではないんです。

 

親指の下の、生命線の内側の範囲を「金星丘」と言いますが、ここに表れる十字線は、プライベートな関係の相手とトラブルが起こるかもしれないことを示しています。

例えば、家族仲や親戚との折り合いが悪くなってしまったりするということが考えられるでしょう。

 

また、中指の下に十字線がある場合も良い意味ではありません。

中指の下の土星丘と呼ばれる場所に十字線が表れているときは、運気が下がっていることを示しています。

 

何をやっても上手くいかなかったり、思いもよらない災難に遭遇してしまったりということが考えられます。

特に、運命線とその障害線でできているというタイプの十字線は仕事でトラブルが発生する可能性があるので注意が必要です。

 

薬指の下に十字線がある場合も、運気の低下を示しています。

宝くじを引いたり何か大きな賭けをするのは控えた方良さそうです。

 

最後に、小指の下の部分に十字線がある場合です。

これはお金にまつわる不幸やトラブルに関わってしまうことを示す手相です。

 

自分がお金を騙し取られたり、逆に人から騙し取ったりすることが考えられます。

十字線が小指の下から伸びる財運線とその障害線で形成されている場合は、金運が低下してしまうことを示しているので注意が必要です。

 

金銭の貸し借りを控えたり、日頃から金銭関係のトラブルを遠ざけるように気をつけることをお勧めします。

あるいは、ハンドマッサージをすることも障害線を消す効果があるので、試してみると良いでしょう。

 

ところで、ここまで色々な場所にある十字線を紹介してきましたが「太陽十字線」という手相をご存知でしょうか?

 

太陽十字線は、普通の手相とは大きく異なる手相なんです。

一体どんな手相なのか気になりますよね?

太陽十字線の秘密について次のページで明らかになりますよ!

 

関連記事

 

手相の太陽十字線!ふつうの十字線とはどこが違うの?

手相の太陽十字線って聞いたことありますか?

あまり知られていないかもしれませんが、この手相は特に芸術分野での成功を示す吉相なんです。

 

太陽十字線の条件は主に2つあります。

まず、七大基本線の1つの太陽線が縦軸であることです。

 

太陽線とは、薬指の付け根から縦に伸びる線です。

金運や人気運を高めてくれるパワーがあり、成功者に多く表れるとされる特別な掌線なんです。

 

2つ目が、知能線と感情線の間にできる「長方形の空間」の間に十字線が、十字架のような形で収まっていることです。

特に、太陽線が濃く長く出ており、左右対称の綺麗な十字架の形である太陽十字線は、運を引き寄せる絶大な効果があるとされています。

 

太陽十字線は「芸術十字線」とも呼ばれます。

手相の持ち主は優れた芸術的なセンスや他の人にはない独特な感性を持っていることを示すと考えられています。

 

私の周りでは、趣味のカメラで個展を開くほどの腕前になった友人がいましたが、驚くことに彼女にも太陽十字線があったんです。

もしこの手相がある人は、芸術分野に挑戦してみると運がひらけてくるかも知れませんよ。

 

ところで、よくない意味を示すことが多い十字線ですが、太陽十字線のように吉相のものは、他にもあります。

十字の中でも、特に強運と言われる手相が分かったらうれしいですよね。

 

次のページで強運の十字線について紹介していきたいと思います。

 

関連記事

 

手相で強運の十字線は?

十字線の中でも、強運を示すものにはどんな手相があるのでしょうか?

これまでは、木星丘に表れる十字線や太陽十字線を紹介しました。

 

木星丘の十字線は幸運を呼び、太陽十字線は芸術分野での成功を引き寄せるとされている吉相でしたよね。

これら2つのように吉相の十字線であるとされている手相の一つに、神秘十字線があります。

 

有名な強運の手相なので、もしかしたらご存知の方も多いかもしれませんね。

どんな手相かというと、神秘十字線は知能線と感情線の間の長方形の空間に十字線があるものが神秘十字線になります。

 

神秘十字線がある人は、霊感があったり第六感が優れているとされています。

加えて、先祖の加護を受けており、災難を避け、幸運を引き寄せる力に恵まれているとも考えられています。

 

そのためか、神秘十字線は先祖の墓参りによく行く習慣があったり、家を継ぐ人にあらわれるとも言われているんですよ。

  • 思いもよらないラッキーなことが起こる
  • 紙一重のところで命拾いする

などの経験したことがある人も結構いるのではないでしょうか。

 

もし神秘十字線があった場合、それはご先祖様の加護の力によるものかもしれませんよ。

そのほかの特徴として、神秘十字線がある人は、信仰心が厚かったりスピリチュアルな分野について関心が強かったりすることが多いです。

 

私の友人で、神秘十字線がある子がいましたが、彼女は占いがとても大好きで、星座占いやタロットなど、あらゆる占いを試していましたよ。

 

神秘十字線の中でもクロスがどこに位置しているかで意味が変わります。

クロスが小指の下の「月丘」部分に寄っている場合は、クリエイティブな分野で能力を発揮できます。

クロスが人差し指の下の「木星丘」部分に寄っている場合は、より社会的な立場で指導者として力を発揮できるでしょう。

 

それでは、手相の十字についていろいろとお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、手相の十字線についてお伝えしました。

 

意外と知られていませんが、十字線はあまり良くない意味、不幸や警告のものが多いです。

十字線が左手にある場合は先天的、右手にある場合は後天的な意味。

 

5本の指の中で、どの指の下に表れるかでも十字の意味は変化しましたね。

十字線の中で強運なのは、人差し指の下に表れる十字線や太陽十字線、神秘十字線でしたね。

 

ご紹介した中に、あなたの手相の十字線はありましたか?

その十字が出ていても、今回の内容を参考にして行動してみてくださいね。

 

私はこんな手相の十字がある!というのがありましたら、ぜひコメントをお寄せくださいね^^

 

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連記事&スポンサーリンク



コメントを残す

*